スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルーラーズ戦から見えた2番打者の役割。

打線は水もの。好投手から連打連打で点を奪うことは難しい。少ないチャンスをいかに活かすかが勝敗を分けることになる。17日に行われたリーグ第2戦、対ルーラーズとの試合も1点を争う展開となったわけであるが、この試合、1番高村が4打数3安打と見事1番打者としての役割を果たした訳であるが、この高村がホームに返ってきたのは1度だけであった。

何故か。それは続く2番を打つ牟田口の意識バッティング内容によるものが大きい。4打席中3回は自分の前にランナーがいる状況で、ベンチが求めるのは最低限右方向へゴロを転がしての進塁打である。右方向に打つ1番のメリットは、1塁にランナーがいることで、ファーストがベースについているため、三遊間に比べ1.2塁間のほうが大きく空いていることによりヒットになる確率が高いためである。

牟田口は左打ちでパンチ力もあり、大いに期待をかけている選手なのだが、この試合で1度も高村を次の塁へ進める事は出来なかった。…いや、出来なかったのではなく、“行わなかった”というべきか。

恐らくランナーを進めることよりも、自分が返す、もしくは自分も塁に出るといった意識で打席に入っていたのだろう。4打席とも豪快に振り抜く姿を見れば一目瞭然である。ポンッと打ち上げてしまっては何も生まれない。

まず冷静に2番に据えている意味を考えてほしい。2番は繋ぎ役である。前を打つ1番打者が出塁出来なければなんとかして出塁することを考え、前に走者がいるのであれば、後を打つクリーンアップの前に得点圏に走者を進めることが仕事だ。気楽に打てる下位とは違いそれだけ制約のある打順だけにある意味“面白くない”かもしれない。

しかし、今回の試合のように少ないチャンスを活かすにあたり2番打者の役目とはとてつもなく大きいのだ。当然、チームで1番出塁率に期待が持てる選手を今後も1番打者に起用するわけで、2番打者は最低進塁打を打ってもらわなければ打線としての機能は望めない。昨年は同じく左打者の大坪を2番として起用しトーナメントを勝ち上がった。

私が多くの試合で左打者を2番に起用する理由は先述のとおり広く空いた1.2塁間めがけて“引っ張る”ことを求めていることと、1塁へ距離が近い分、右打者に比べダブルプレーになる確率が低いからである。

では大坪ではなく牟田口を2番で使う理由はなにか。それは足。すなわちスピードの違い。決して大坪が遅いわけではなく、牟田口が速い。そして思い切りの良いバッティングであるが、2番の制約にはめ込んでしまうとその思い切りの良さを失う可能性もある。本人の意向もあるが、今期2番に誰を起用するかは、山笠クラブ戦績を占う大きな問題である。

WBC2次ラウンドを終えて

12日、WBC2次ラウンド順位決定戦が行われ、日本がオランダに10対6で勝利した。日本の先発は大隣。先頭のシモンズに先制ホームランを浴びてしまうが、その後は三者連続三振と立ち直り、3回を投げて1安打6奪三振の好投。攻めては2回に阿部の2打席連続ホームラン、松田、長野のタイムリーで大量8点を奪い試合を決めた。その後7.8回に5点を返されるが8回裏には再び長野がタイムリーを放ち2点を加えオランダを突き放し、最後は牧田が締めた。

メジャー抜きで3連覇を狙うことになった侍ジャパン。強化試合、1次ラウンドと打線の不調が危惧されていたが、ここに来て調子の上がらなかった長野にタイムリー、また主砲阿部の2本塁打など、打線全体として上向いてきた点は決勝ラウンドに向けての大きな好材料だ。終わってみれば2次ラウンドは全勝。いい形で決勝ラウンドに臨めることになった。そしてその分岐点をあげるとすれば、誰もが台湾戦を振り返るに違いない

最大のポイントとなったプレーは1点を追う9回2死一塁からの鳥谷の盗塁成功だ。アウトになったら終わり。普通なら走らせないし、走れない場面。「相手のクイックは速くない」ということがインプットされていた鳥谷は、さらに1球牽制が入ったことで、「続けての牽制はもうない」とスタートを決断したという。日本なら続けての牽制も警戒するが、そこまで緻密なチームは外国にはない。鳥谷の野球センスが、あの発想を可能にした。

緊迫した局面で、走れる理由を見い出し、実行した。期待以上の働きを見せた鳥谷は、阪神の人気選手から球界を代表する一流に飛躍するであろう。

そしてもう一人、この試合を救ったのは鳥谷が盗塁を成功させた後の9回2死二塁の場面で見せた2番井端の冷静かつ神がかり的な同点打。メジャー選手という華やかな核を持たないこのチームにおいて、いぶし銀の光を放つ今までとは違う形のヒーローの登場。これが化学反応を生み侍ジャパンが目覚めさせるきっかけになるとは戦前誰が予想しただろう。

言い換えればこれが野球というスポーツの醍醐味でもある。攻撃は基本、投手と打者の1対1の戦いでありながら、数々の要素がその勝負を決める。誰もが決定的なヒーローになる可能性を秘めているのがこのスポーツの面白さだ。その意味で井端の好打を呼び込む鳥谷の盗塁も歴史として間違いなく語り継がれることになるだろう。
  
しかし、好材料ばかりではない。オランダとの1戦目の6回裏、またこの試合での7.8回表のように、不用意な投球はパワー打線には絶対に禁物だ。2組の結果はまだ出てはいないが、特にメジャー選手を擁するドミニカ共和国は抑えも打線も強力で評価は高い。勝ち上がりが予想されるアメリカも同様で、投手が代わる度に力が落ちていた台湾、オランダとは一枚力が違う。

2次ラウンドを1位通過したため、準決勝を勝てば中1日で決勝に向かえる侍ジャパン。あくまで勝てばという予想のもとだが、その戦い方によっては決勝で豊富な投手陣をつぎ込めることが可能になった。また決勝ラウンドの舞台、サンフランシスコAT&Tパークは、ホームランの出にくい球場として有名。本塁から右翼、左翼への距離が大きく違う特殊な構造で、イチローがオールスターでランニングホームランを打ったように、脚を絡める侍ジャパンには有利に働く可能性も高い

3連覇まであと2勝。オランダ戦後すぐに渡米した侍ジャパンはこのあと2試合練習試合を経て18日の準決勝に臨む。
歴史は繰り返すか
鳥谷、井端に続くヒーローの登場が栄光の鍵を握っている。

招待試合へ向けて!

開幕から1週間が経ち、今期2戦目(2月24日)が目前に迫っている。チームとしてベストパフォーマンスを披露出来るとは言い難いが、ある意味“絶対に負けられない試合”である。何故かというと、北九州市を拠点に活動されているニューリンズの野崎代表より、招待試合のオファーを頂いているからだ

この日は、宮若市にある光陵グリーンスタジアムを1日中確保されていて、ニューリンズが加盟している『リーグ・オンリーワン』所属の4チームに対し、招待4チームが対戦するという構図で、我々は「TAXS」というチームのお相手を仰せつかったわけだ。(*m_ _)m{{宜しくお願いします

せっかくご招待頂いたにも関わらず、“不甲斐ない相手だった”では野崎さんの顔に泥を塗ってしまう。決して自分達を過大評価するつもりはないが、ペプシ杯2年連続福岡代表の看板を常に背負っていることを忘れてはいけないし、そういった実績のお陰で今回の招待チームへのエントリーへと繋がっているのは言うまでもない。対戦する相手が山笠の情報を知っているのであれば、尚更気合いも準備も整っているだろう。

つまり、招待頂いた以上、勝つにしろ、負けるにしろ、内容のある試合をして、山笠クラブを呼んで良かったと思ってもらうことが大事だ。

チーム本来のスタイルは1番~9番のどこからでも長打が期待できる重量打線と自負しているが、先週の開幕戦を見ても、今回参加する選手の特徴から見ても、打ち勝つ野球は想像しにくい。となると自ずと守備的になるわけであるが、好ゲームへの布石は打ってある!(。-∀-)ニヤリ♪

今回参加する選手は守備に自信があるものがスタメンに多く名を連ね、吉川-馬場のバッテリーは招待試合での登板を見据え、開幕戦で既に実戦を果たし結果を残している。そうそう点を取られるピッチャーではないので、ロースコアの締まった試合となるのではないか。

とにかく、野崎代表始め、リーグ・オンリーワンの皆様方に『呼んで良かったな』『楽しかったな』と思ってもらうために今できる全力を尽くそう!そして、同じく招待チームのメトコスとともに、“福岡”を代表するつもりで光陵グリーンスタジアムに乗り込もう!

新加入の動向と打順構想

所属選手の半数以上にあたる14名の選手が三十路を超える状況の中、激戦区福岡のトーナメントで勝ち上がる『鍵』は若手との融合である。まだ未確定ではあるが、今期も野手2名の入団を予定しており、この2名の加入が決まれば間違いなく大幅な戦力アップとなる。あくまで未定であるが期待を込め簡単に紹介します

・伊崎 祐弥(YUYA IZAKI)
都城東高等学校→JR九州 171cm 70kg 捕手・外野 右投 左打
中学までは捕手、社会人野球JR九州野球部では主に右翼を守り、上位打線を任されていたドラフトのリストにも挙がる俊足野手。

・下野 祐輝(YUKI SIMONO)
鹿児島城西高等学校→東京農業大学→JR九州 181cm 78kg 三塁・遊撃 右投 右打
大学3年秋に打率.469で東都2部首位打者。通算15本塁打超のパンチ力を持つプロ注目であった大型内野手。

お気づきのとおり、またもJR九州野球部からの補強を画策している訳だが、是非とも加入してほしい!昨季、トーナメントでのチーム防御率1.93に対し、チーム打率は.255。投高打低の感はやはり否めない。そこで、山笠クラブのウィークポイントである『足』を兼ね備えた一発を期待出来る野手を補強したいというわけである。

この2人は昨年12月に行われた上岡の結婚式で高波より紹介された選手で、どちらもゴツイいかにも『野球人』というオーラを持っていた。加入の可否はJR九州の先輩である高波と畠中の“口説き”にかかっている!頼むよマサルちゃん、シンちゃん!

この2名を新たに加えたと仮定して、今期のポジション・打順を構想していくと、なんともワクワクさせるオーダーだ。ここ数年、メンバーが揃った時には好不調関係なく、1番高村、クリーンアップ3番畠中、4番桝崎、5番佐々木という“松坂世代”不動のオーダーだったが、今期はどうしようかな。

初回の1打席目とは特別な打席である。1番打者が塁に出るか・出ないかで、チームの攻撃・雰囲気は間違いなく変わる。初回の1打席目を大事に出来ない選手をトップバッターとして起用することはない。高村は快足というアピールポイントがあり、チームのムードメーカーという点からもチーム創設以来不動の1番打者であったが、そんな裕司も今年で33才。他に『足』が魅力の選手も出てきた中で1番を誰に託すかは大きな問題だ

クリーンアップもこの3人で申し分ないのだが、参加率の点から見ると3人が揃って打線に名を連ねる事は少なかった。つまり、毎回どこかに空いた打順を他の選手が埋めていた形だ。打線の核となるクリーンアップを出来れば固定しておきたいのが本音ではあるが、毎回試合に出席することは当然不可能。これまで通り穴を埋める形が基本路線になるとは思うが、世代交代を踏まえ若手を主軸に据えるプランも考える時期であろう

2013年開幕戦日程決定!

去る1月26日(土)にホットリーグ代表者会議&新年会が、春日市の名店『焼き鳥高陣』にて開催され、今年も馬場シュウとともに参加して参りました。17時30分より始まった会議では、昨年度の収支決算報告に始まり、タイトル表彰や今年度の新チーム紹介が行われ、新たに『九州古賀』と『ワンビックファミリー』の2チームの加入が発表されました。両チームともに25、6才平均の若いチームのようで、九州古賀はボーイズリーグ出身者で構成された新チームで、ワンビックファミリーは他リーグを脱退してホットリーグに加入してきた既存のチームのようです。

今期は2チーム増加しましたが、サンフレッシュとレオポンズの2チームが脱退した為、昨年同様10チームを2パートに分けてのリーグ構図となりました。

パート分け組み合わせ抽選会の結果、

<Aパート>ルーラーズ、高陣、スーパープラトニクス、福岡オリオンズ、ハタックス
<Bパート>テクニカル福岡、漢塾、山笠クラブ、九州古賀、ワンビックファミリー

ん~なかなかいいバランスじゃないのFightヾ(≧▽≦)人(≧▽≦)ノFight

ホットリーグは、同パート4チームと年間×2試合+別パート5チームと交流戦×1試合の合計13試合にて争われるため、13試合中8試合を占める同パート4チームの顔ぶれが戦績を大きく占うこととなる。
さて、パート分けが決まったことにより、開幕戦の組み合わせも決定!

2月17日13時~上月隈第①球場にて対ワンビックファミリー
いきなりの初顔合わせo-(・∀´・)ヨロスィク

しかし、ここ最近…ってかホットリーグ加入後開幕戦に勝ったためしがない。“殆ど”の選手が毎年開幕の日に「3ヶ月ぶりにバット振った~」と言い、“全員”が「3ヶ月ぶりにボール触った~」と言う。
オフをどう過ごそうが個々の自由だし、練習をしろなんて勿論言わない。聞くところによると、強豪と言われる多くのチームは年明けにはチームを始動させ、全体練習を行い、オープン戦を行った上で開幕を迎えるそうだ。素晴らしいだがウチはしない。あえてしない。

理由はこうだ。選手全員が学生、社会人野球を引退するまでの多くの時間を野球に注ぎ込んできたわけである。勿論その大半は辛い練習に。にも関わらず、趣味の草野球までも練習の時間に費やす時間が多くてはこれまでの管理野球となんら変わらない。シーズンが始まれば否応なくほぼ毎週野球をするわけで、短いオフシーズンくらい野球を離れて自分や家族の為に時間を費やしてほしい

甘い考えかもしれないが、これが山笠クラブのスタイル。ガツガツ練習したいならウチにいないだろうし、なんといっても、これまで培ってきた『経験』という名の『貯金』が皆にはあるから多少のブランクは大丈夫だろうと高をくくっている部分もある。

シーズンという名のレースは長い。スタートでほぼ全てが決まる競艇とは違い、競馬の脚質「差し馬」や「追い込み」のようにスロースタートでも最後の直線で瞬発力を発揮すればいいd((o゚c_,゚o))b オッケェー♪
トーナメントもリーグ戦も大詰めとなるのは秋なんだから、栄光を掴むには最後の直線をいかに駆け抜けるかにかかっている ビシッ──o(*≧∇≦)ノ──!!
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。