スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

100年に1人の素材!井上尚弥!

121001inoue[1]
ボクシング界で100年に1人の素材と注目を集める「怪物クン」をご存知だろうか?大橋ジム所属のプロボクサー井上尚弥、アマ戦績「75勝48KO6敗」。これが高校3年までに記録された戦績であり、昨年春に高校を卒業したばかりの弱冠20歳だ。

怪物というフレーズは、自身世界王者に2度君臨した大橋秀行会長が「自分の比ではない」と口にしたもの。風貌は怪物に似つかわしくないが、その強さはまさに言葉通りだ。ガクガクブルブル((;゚Д゚))

アマチュア時代の実績を物差しにすると、辰吉、亀田興は社会人王者、井岡は格上の全日本選手権準優勝、そして井上はさらに上をいく。「高校5冠」に全日本選手権優勝、そして国際大会優勝を加えて「7冠獲得」としている。フィギュアスケートや体操と違って、ボクシングはジュニア選手がシニアに勝つのが困難で、井上は例外中の例外である

高校3年で井岡が獲れなかった全日本選手権を制し、五輪予選を兼ねた世界選手権ではベスト16。井上に勝ったキューバのソトが予想通り決勝に残っていれば、井上もロンドンで戦っていたはずだった。だがソトは井上戦で激闘を演じて疲弊し、次戦でモンゴル人選手に敗退。井上にとっては不運だったが、これを機にリオ五輪を待たずにプロ転向を決断した。ダー.。.:*・゜(゚∀゚)/゚・*:.。.

そんな、ボクシング界のホープ、井上尚弥のプロ3戦目が16日、後楽園ホールで行われたのだが、なんと3戦目のプロボクサーとしては異例中の異例フジテレビがでゴールデンタイムで試合を放映したのだ。対戦相手は日本ライトフライ級1位の佐野友樹。怪物と呼ばれる20歳が、その実力を大いにアピールした一戦だった。

box13041605030002-p1[1]←もちろん左が井上くん

佐野の戦績は23戦17勝12KO2敗4分。更にアマチュアで64戦のキャリアを誇る。突出した武器は持たないものの、ワンツーを主体とした基本に忠実なボクシングが持ち味で、全体的にまとまった好選手である。2年前に初めて日本タイトルに挑戦し、判定により惜敗しているが、日本王者と同等の実力を持つと見て問題ないだろう。

その佐野に井上は完勝した

プロ半年にしてスピードやパンチ力はもちろん、技術でもキャリアのある佐野を圧倒していた。2回に左フックで最初のダウンを奪い、3回に右拳を痛めてからは、その後、最終10ラウンドにTKO勝ちを収めるまでの間をほぼ左手1本の戦い抜いた。(((c=(゚ロ゚;qホワチャー

この左手1本で戦うという限定された状況が、井上の技術を際立たせる形となった。ジャブがあれだけ当たるのは、タイミングの良さに加え、アングルが多彩だからだ。得意の左フックも速いだけではなく、アッパー気味に打つなど角度を変えるので、こちらもどこから飛んでくるのか分からない。さらに、左だけで組み立てたダブル、トリプルといったコンビネーションも見事

相手が格下だからできる、という見方もあるかもしれないが、もし日本1位が格下とすれば、プロ3戦目にして既にかなりのポジションに到達していると言える。井上を、極上の素材としてもはや疑う余地はない。あとは大きく成長するために、キャリアの積み方が重要になってくる。もはや足りないのは「経験」と「タイトルマッチ」のみ。

佐野に勝利し、井上は日本タイトル挑戦に大きく近づいた。日本王者の田口良一は佐野を上回る強豪であり、さらに言えば「タイトルマッチ」と名のつく試合は、たとえ日本タイトルであっても特別な舞台になる。世界チャンピョンまでの通過点とはいえ見逃せない試合となることは間違いない。

以前、「12回戦でなく(アマの)3回戦なら今すぐでも井岡さんに勝つ自信がある」と井上が言っていたが、まんざらでもない事が今回の一戦で良く分かった。デビュー3戦目を終えた20歳は史上最速でのベルト奪取を狙うと豪語。今後、人気低迷が続くボクシング界において間違いなく救世主となるであろう井上尚弥に注目していこう。

WBAとWBCの世界バンタム級王者!

久々のブログ更新年度末から新年度にかけてこれでもかという位忙しい先日の日曜日は野球トリプルヘッダー(3試合)の予定だったが、あいにく雨で2試合が中止。17時~の試合のみを行い、試合終了後はダッシュで19時過ぎに帰宅。この日の楽しみは夜!

プロボクシングWBA世界バンタム級王者の亀田興毅が、同級8位パノムルンレック・カイヤンハーダオジム(タイ)との防衛戦に挑んだのだ。結果は2―1の判定で6度目の防衛にからくも成功したものの、素人目から見ても劣勢はあきらかであった。

一夜明けた8日、大阪市内で会見した亀田は、KO予告を外した責任を取り、“ホラ吹き興毅”の汚名を着て再起する決意を示していた。「ホラ吹き興毅と呼んでもええ。次の試合の計量にホラ貝持ってく」と発言した通り、次戦と掲げる「7月中」の試合の計量でホラ貝吹きを実行するそうだ。フンッ。バカバカしい。(●・´艸`・)、;’.・ ププゥ

私は、フィギアスケートや体操など採点基準が分かりにくい(曖昧)な競技があまり好きではない。それに引き替えボクシングは拳ひとつで相手を打ちのめし、ノックアウトという分かりやすい形で勝敗が決まるため大好きなスポーツなのだが、今回のような不可解な判定を目の当たりにすると、ボクシングに対する見方が変わってしまう。ガッカリ。と、熱が一瞬冷めかけた翌8日、「本物」が表れた!゚+.( *≧∇)ノノノ*.オオォォ☆゚・:*☆

WBAと双璧をなすWBC世界バンタム級タイトルマッチが8日、両国国技館にて行われ、王者の山中慎介が元WBCフライ級王者で同級1位のマルコム・ツニャカオ(フィリピン)を必殺の左ストレートで破りV3に成功した。「神の左」の異名を持つ山中の左を警戒して、ツニャカオはがっちりガードを固めていた。それでも王者には通用しない。KOを狙った最終12R、ワンツーからの左ストレートで見事に仕留めてみせた。前日にV6を達成したWBA同級王者の亀田興毅は統一戦にも意欲を示しているが、どちらが上かは誰が見ても明らか。実際に山中と興毅には「格の違い」がある。

山中は指名試合をクリアしたことで、今後は次の指名期限となる9か月後まではフリー。対戦相手を選べる「選択試合」ができる。そうなると周囲の期待は他団体王者と王座統一戦を行うこと。これまでのWBC、WBAに加えて1日からWBOとIBFの世界王座も認められたこともあり、山中も「違うベルトも欲しいというのはある」と意欲的だ。

3団体のうち、WBAのベルトは現在、日本にある。山中は「そこだけにこだわるわけじゃないけど、WBAも(統一戦の)選択肢に入っている」と話した。

WBA王者の興毅は前日7日にV6を達成。こちらも統一戦について「皆、見たいのはそれやろ」と語っており、山中戦についても「お互いチャンピオンやから、タイミングが合えば」と前向きな姿勢だった。

2人が統一戦で対戦すれば、空前の盛り上がりとなるのは必至。注目度は2009年11月の王者内藤大助VS亀田興毅のWBC世界フライ級戦を超えるだろう。だが、最強王者への“敷居”は低くない。実はWBAのバンタム級王者は興毅だけではないのだ。正規王者の興毅の上には、なんと10度王座を防衛している「スーパー王者」アンセルモ・モレノ(パナマ)が君臨しており、WBCの山中とやる前にモレノに勝って『最強』を証明するの必要があるのではないか。

どちらが強いかは興毅とモレノが拳を交えないとわからない。ただ、山中は3度の防衛戦の相手がすべて元世界王者という過酷な防衛ロードを歩んできたにもかかわらず、初防衛戦以外はKO勝ち。一方の興毅はV6のうち指名試合は一度だけ。6V戦も世界初挑戦の無名の相手に僅差判定勝ちというお寒い試合をしたばかり。それだけに最強王者同士が対戦する統一戦をやるには、まずWBAで「ナンバーワン」を証明してもらわなければ納得がいかない。

古くからのボクシングファンにとってバンタム級は、ファイティング原田に始まり、辰吉丈一郎、薬師寺保栄、長谷川穂積ら伝説のボクサーが世界王者となった思い入れのある階級である。それだけに山中の「神の左」と対峙するには、それにふさわしい実績が必要である。ホラ吹き興毅が「どんなもんじゃい!」と威勢を取り戻すことを期待して今後を見守ろう。ファイトォ――(/゚∀゚)/゚∀゚)o――ッ!!

アウエーの洗礼!日本VSヨルダン戦

main[1]

3月26日に行われたワールドカップブラジル大会アジア最終予選。グループBの日本は前回ホームで6対0と快勝したヨルダンとアウェーで対戦し、1対2で敗れた。この結果、この日でのワールドカップ本大会の出場は決定しなかった。

「今日、ひとつよかったと言えることは、次にホームで勝てば、ホームのみなさんの前で(W杯出場を)決められる。勝てなくて今日は申し訳なかったですけど、次のゲームで決める強い気持ちを持ってやりたい」試合後のキャプテン長谷部のインタビューコメントである。…。

すこぶる前向きに考えるなら、キャプテンのコメントどおりであろう。いろいろ課題の残る敗戦ではあったが、依然として日本のグループ首位に変わりはないし、2位に浮上したヨルダンとの勝ち点差は6もある。現状では、日本がグループ突破の条件である2位以内から脱落する可能性は極めて低い。予選突破という意味においては、今回の敗戦をネガティブにとらえる必要は全くないだろう。

とはいえ、本大会に向けたチーム作りという点では、やはり早めにブラジル行きを決めておきたいところであった。来年の本大会でベスト16以上を目指すのであれば、バックアップメンバーと戦術的オプションの確保は不可欠であり、できれば消化試合となったW杯予選でそのミッションに着手しておきたかった。しかし今回の敗戦を受けて、その機会はしばらくお預けとなってしまった。6月の予選2試合も、さらにはコンフェデレーションズカップも、あまり変わり映えのしないメンバーで臨むことになるだろう。今回の敗戦以上に、その事実が残念でならない。

もっとも、W杯予選の怖さというものを久々に味わえたという意味では、このヨルダン戦敗戦は右肩上がりを続けてきた日本代表にとって、よい教訓となったのかもしれない。日本代表の選手やスタッフはもちろん、サポーターにとってもこの戦いは、きっと忘れ得ぬ思い出となることだろう。そして来年の本大会では「あの敗戦があったから、今がある」と思えるようになれば最高である。

12524565[1]

生目の杜キャンプ見学と罰金!

ちょうど1週間前の2月9日(土)に行ってきました!生目の杜運動公園!そうです、キャンプです!宮崎県宮崎市にあるこの生目の杜運動公園では、福岡を代表するプロチーム、福岡ソフトバンクホークスとアビスパ福岡が同時期にキャンプを行っていることもあり、LOVE FUKUOKAの人々にとってはこれ以上ないキャンプスポットなのです。(pq´ゝ∀・)゚+。:.゚ワクワク゚.:。+゚

この日宮崎キャンプ最終日のアビスパ福岡は、今期J2へ降格してきたにも関わらず、遠藤・今野と日本代表を2人も擁する強豪ガンバ大阪との練習試合を組んでおり、11時のキックオフに間に合わせるため、睡眠時間3時間程でまだ薄暗い朝の5時台に相方の車で自宅を出発。都市高速代を浮かせたいがために下道で太宰府インターへ向かう途中、極度の睡魔から朝マックでコーヒーをがぶ飲みし、気合いを入れ直し再出発。太宰府インターから一路九州道を南下南下、ただただひた走る。しかし遠い。普段長距離を運転しないせいか、睡眠不足か、やたらと眠い。゚+.オチマス゚+.Zzzo(σω-)。。oOネムィ゚+.

目的地を生目の杜へとセットしたカーナビの到着時刻は10時20分となっていたので、途中のサービスエリアで仮眠をとったところ、40分も寝てしまった。到着予定時刻は11時になってしまっているではないか。やばい。車を再び走らせ、右車線を疾走!えびのジャンクションから宮崎道へ入り、目的地は近い!だいぶ時間も取り戻してきたぜ!余裕で間に合うバイ!などと思いながらトロトロ走るバスを追い抜き様久しぶりにチラッとバックミラーを見ると、すぐ後ろに白のクラウンの姿。ぉお!!(゚ロ゚屮)屮…ドキッ。

とっさに左車線に避けながら瞬時にスピードメーターに目をやると110キロを計測している。スゲー嫌な予感。と、次の瞬間!宮崎県の青空の下、ハイウェイど真ん中で赤色灯がクラウンの頭上で勢いよく回り出した。「ウゥーウゥー」周りを見渡しても車はいないのでターゲットは間違いなく私。するとほどなく左側に寄せて止まれの合図。ハァ~。最悪。青の制服を着た宮崎高速隊の警官が近寄ってきて、「運転手さんだけ免許証持ってこちらに来て下さい」と告げられ、クラウンの後部座席に着席。(≡人≡;)スィマセン…

警官「スピードオーバーで止めさせて頂きました。ご旅行ですか?楽しい時間を台無しにしてしまってごめんなさい。」
※いきなりそんなに謝られるとは思わなかった。違反したのはオレなのに…。
オレ「はぁ。何キロオーバーですか?」

警官「計測時点で109キロ出ていました」
オレ「はぁ。9キロオーバーですか」※そん位で止めんなよと心の中でつぶやく

警官「いえ、29キロオーバーです。ここ制限速度80キロなんですよ。罰則金が18,000円で、3点減点となります」
オレ「ゲロゲロ」=(;゚;Д;゚;;)⇒グサッ!!

警官「では納付書作成しますね。」
オレ「はい。」
おとなしく降参。というか、認めざるを得ない。後1年無違反だったら初のゴールド免許だったのに。しかも18,000円って。やっぱりイライラするぜ

警官「スピード出してた理由を教えてもらってもいいですか?」
オレ「アビスパ福岡対ガンバ大阪の練習試合が11時から始まるから、キックオフに間に合わせるために急いでたってとこっすかね~」

警官「ご旅行ですか?」
オレ「ん?話聞いてた?アビスパのキャンプです。」

警官「キャンプ?この寒いのに?」
オレ「いやアビスパの…。」

警官「あ・び・す・ぱ?」
※あ~めんどくせ~。早くしてくれ~。

警官「とにかく、せっかくいらっしゃったんで、宮崎楽しんで行って下さい!」
あんた達に捕まらなければさぞかし楽しかったろーよ。

とまぁ宮崎高速隊にお世話になったおかげで、テンションダウンしたものの、練習試合開始にはなんとか間に合い、アビスパが見事4対2で勝利!ホークスのキャンプも見学出来たし有意義でした。これから宮崎キャンプに行かれる方はくれぐれも80キロ制限にお気を付け下さい!

そして明日はいよいよ今シーズンの開幕戦ダ!!気合い入れて行こう!!

光ってますよ!!

先日、暇つぶしにスロットを打っていた時のウソのような本当の話。
スロットもパチンコも多様なメーカーが出品している様々な種類の台があり、それぞれ特色があり打ち手は自分好みの機種を選択して遊ぶ(勝負)するわけであるが、私はスロットを打つ人で知らない人はいないであろう、北電子という会社が出品している『ジャグラー』という台が好きだ。

このジャグラーの打ち方はいたって簡単!コインを3枚投入し、レバーを叩くだけ。大当たりした時には台左下部にある通称『GOGOランプ』がLEDのブルーライトを伴いピカーッと光るのだ。ピカッ━━━(゚∀゚).━━━!!!
image[2]

つまり、このランプが光ればボーナスに当選(大当たり)である!後は『7』を3つ揃えるだけ!ボーナスには『ビッグ』と『レギュラー』の2種類があり、ビッグボーナスは300枚強(約6千円分)のコインの払い出しがあるが、レギュラーボーナスは100枚強(約2千円分)しかコインが払い出しされない仕組みとなっているので、GOGOランプが光った後は、心の中で「ビッグ」でありますようにと願いながら『7』を揃えるわけだ。

技術介入が日進月歩で進む昨今のスロット業界において、この“ランプが光れば大当たり”の単純明快さが幅広い層に支持されている要因であろう。

前置きが長くなったが、このジャグラーを先日打っていると、右隣の台におっちゃんが着席。するとほどなくおっちゃんの台のGOGOランプがペカッと光った!ボーナス当選である。しかし、全然『7』を揃える様子がなく、持ちコインがなくなりそうだったので、「おっちゃん初心者かな?ボーナス当選に気づいてないみたいだから教えてあげよう!」と優しいオレは声をかけた。

オレ「光ってますよ!」
おっちゃん「…。え?」

一瞬の沈黙を置いて、な、な、なんと恥ずかしそうな面持ち(おももち)でハンカチーフで頭を拭きやがった。ェエェエェエェエ(゚Д゚ノ)ノエェエェエェエェ

おっちゃん「…。どうも。」

ん?オレも良く状況を掴めなかったのだが、そう!おっちゃんは自分の頭が「光っている」と勘違いしているのだ。Σ⊂(゚Д゚ )なんでやねん!

確かに前線(ゼンセン)がかなり北上(ホクジョウ)された、広大(コウダイ)な額(ヒタイ)をお持ちの方であるが、初対面の見ず知らずのおっさんに、ヨッ!光ってますよ!などと言う訳がない。
爆笑したい自分を必死に堪えながら、「いやいや、大当たりしてますよ!」と教えてあげると、おっちゃんもようやくシステムを理解したようで、照れくさそうに『7』を揃えていた。

すると、見事にビッグボーナス!「良かったねおっちゃん」ヽ(*´∀`)ノオメデト─ッ♪
気を良くしたのか、感謝のつもりか、缶コーヒーをおごってくれた。『午後の紅茶』
なぜそんなに可愛いチョイスを、と思っていたら、おっちゃんは額を光らせながら、「兄ちゃんありがとうな!GOGOの紅茶!

「そうゆうのいらんけん」((。´д`)oナンナン!?

…信じるか信じないかはアナタ次第です。
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。