スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

甲府J1昇格、福岡J2残留決定。

「J1相手にどれだけやれるか楽しみな試合」(城後寿)。そう話していた天皇杯3回戦でしたが、J1の大宮相手に危険な時間帯に集中力を欠いたプレーで先制点を許し、さらに不用意なプレーから2失点。終わってみれば、これまでと何ひとつ変わらぬ内容の敗戦で、アビスパ福岡は天皇杯から姿を消した

第36節の横浜FC戦に引き分けたことで今シーズンのJ1昇格の可能性が消え、残る試合で自分たちがやってきたことをピッチで表現すると話しながらも、続く岡山戦、天皇杯3回戦、栃木戦と、依然として同じことを繰り返している。選手たちの心の内には気持ちを見せようという想いはある。しかし、それが結果に表れることはない

今季のアビスパにとって最大の問題は連携。チームに在籍している選手29人中、主力選手を中心とした19人が在籍2年目以下でその内の13人が1年目である状況を考えると積極的に試合の中で指示を出し合う信頼関係を築くのは難しい問題です。3年以上在籍しているのは、試合に殆ど出場していない生え抜きが多く、試合に出ているのは2年目以下の選手ばかり。

この状況は今季だけの特別な事ではなく、毎年のように大幅に選手を入れ替えているアビスパではこれが常態化しています。アビスパが伝統的に声が小さくおとなしいチームと言われ続けている理由でもあります。

今期は監督が代わり、スタイルを大きく変え、選手も大幅に入れ替え、カテゴリーも変わった(J1→J2)なかで、チーム作りの前にクリアしなければいけない課題がたくさんあるにもかかわらず、1年で結果も出さなければいけないと言う状況である事を考えると前田監督も言いたい事はたくさんあるでしょう

しかし、監督続投をサポーターだけでなく選手やスポンサーに納得させるにはあまりにも今季の成績と内容は悪過ぎますし、良くなっているのではなく悪くなっている結果と内容、さらに選手が試合後に何が悪いのか分からないとコメントしていて、課題が早期に解決出来る目処が立たない事を考えるとフロントが前田監督続投を周りに訴える根拠自体が無くなってしまいます。

来シーズン監督続投か交代か難しい選択ですが、監督を代えると例えスタイルは変えなくても多くの項目でゼロからのスタートになるので今季と同じように厳しいシーズンになることは覚悟しておかなければなりません。

最後に、今のメンバー、今のサポーターで戦える試合も今期残り4試合。1年でJ1昇格という目標を達成することが出来ず辛い試合ばかりが続いたが、仲間とともに勝利を目指して戦った日々の総まとめとしてひたすらに戦う姿を見せてほしい。 『ガムシャラ ~今年だから出せる力がある。2012福岡ヂカラ~』 。そのスローガンこそが、今のチームに求められている。
121014_1901~01

アビスパ福岡対愛媛FC、後半戦初戦!

アビスパ福岡。前半戦を終えての成績は6勝9分6敗。順位は勝点27で13位。「J2で優勝してJ1に昇格する」ことを目標に掲げる福岡は、不本意な成績で前半戦を終えた。だが、前を向いて進むチームの姿勢に変わりはない。福岡が目指すのは、残り21試合で首位・山形との間にある勝点14をひっくり返すことだ。2004年シーズンに、入れ替え戦の出場権を争う山形に対し、残り8試合で8あった勝点差をひっくり返して最終的に勝点5の差を付けたことや、2010年シーズンでは、後半戦に12勝3分3敗の成績を上げてJ1昇格を果たしたことなどから見れば、その数字を追いかけることは決して不可能ではない

そんな中で求められていることは、まずは守備面に散見される何気ないミスを、どこまで減らせるかということにある。自分たちにとって何でもない場面であっても、最後まで全力で走り切ることや、常に最大限のアラートさを発揮すること。それが逆転への最大の鍵を握っている。攻撃面においては、怖がらずに前へ仕掛ける姿勢を貫くことがポイントだ

そして、迎えた後半戦の初戦となる愛媛FCとの試合。コンパクトなゾーンを形成して、ボールをポゼッションしながらゴールを目指す。福岡も愛媛も、表現したいサッカーに大きな違いはなく、立ち上がりは、互いに相手のコンパクトなゾーンを抜け出せない時間帯が続く。そんな展開の中、時間の経過とともに違いが現れる。それは前への推進力の違いだった。 前半、シュート数だけなら福岡の4本に対して、愛媛の6本。しかし、怖さという点では明らかに福岡が上回った。鈴木と岡田が中盤を制圧してゲームをコントロール。前線ではキレが戻ってきた坂田大輔が裏のスペースを狙い、高橋が相手の間でボールを受けて愛媛の守備を中央に引き付け、そしてサイドへ展開してチャンスを作った。これはまさに、福岡が目指すサッカーの形。

決勝ゴールが生まれたのは前半26分。それは福岡の狙い通りの形だった。攻撃の始まりは岡田隆がセカンドボールを拾ったところから。その岡田からボールを預けられた鈴木惇が左サイドの高い位置に出てきたキム ミンジェへ展開。そして、キム ミンジェが高橋泰とのワンツーから左サイドを抜け出してファーサイドへ向けてクロスを送り込む。最後を締めくくったのは福岡の「雨男城後寿
ジョウゴ!キタキタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

120701_1956~02 ←Oh my 城後~届いてるかい?俺たちの熱い声~!

競り合う前野貴徳よりも頭ふたつ高く跳び上がってヘディングシュートを叩きつけた。「自分が点を取ることでチームが勝てたので、すごく嬉しい。後半戦は自分にとっても、チームにとっても結果が求められているので、そのスタートで点が取れたというのは、前向きに捉えていいのかなと思う」とは城後。前半戦は思うような戦いができなかった福岡だが、後半戦での巻き返しに向けて幸先のいいスタートを切った。

120701_1956~03[1] ←Oh my 城後~久留米の者(もん)なら~行け!打て!見せてやれ!ジョウゴ~!

これで福岡は4試合ぶりの勝利。勝点3はもちろんだが、前節の横浜FC戦に続き、自分たちの目指すサッカーを表現して勝利を得たことは、後半戦の巻き返しに向けて大きな収穫。「精神的にも、チームが一つの方向に向かうという観点からも、非常に重要な1勝だったと思う」と前田浩二監督は試合を振り返る。だが、置かれた立場を考えれば、J1昇格を果たすためには、この日の試合を続けることが条件。そういう意味では、次節の徳島戦で、どのような試合を見せるかが大きな鍵になる。

120701_1957~03[2] ←前田浩二監督。毎回選手交代のタイミングが遅く、交代枠を余らせることも…。ナゼ。

ここからは、1試合、1試合が勝負。自分と仲間を信じ、そして福岡に関わる全ての人たちの力を合わせて勝利をもぎ取りたい。ガムシャラ!アビスパ福岡!

120701_1800~01[1] ←この瞬間のために!勝利を有り難う!


アビスパ福岡対ギラヴァンツ北九州!福岡ダービーを制したのは!

6月9日にレベルファイブスタジアムにて行われた『アビスパ福岡』対『ギラヴァンツ北九州』の福岡ダービー。90分間を通して見れば勝負は全くの互角。北九州にも勝機は十分にあった。そんな試合を決したのは覚悟の違いだったと言ったら言いすぎだろうか。スコアは1-0。3度目の福岡ダービーもアビスパ福岡が勝利したキ・キ・キ・キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━!!!!

それは前半の戦いに表れていた。立ち上がりの主導権争いを経て、ほどなくリズムを刻んだのは福岡。ボールをポゼッションしながらゲームをコントロールし、相手の陣形に生まれるスペースへ効果的にくさびのボールを打ち込みながらチャンスを窺う。失ったボールに対しては素早くプレスバックしてボールを奪い返し、北九州に反撃のチャンスを与えない。そして、相手を崩せないと見るや、いったんボールを落ち着かせてから、再びボールを回して相手を崩しにかかる。それは「攻守に渡って試合をコントロールする」という福岡が目指すサッカーそのものだった

41分に生まれたゴールは、まさに福岡が目指す形からのもの。北九州がカウンターを仕掛けようとしたところに素早くプレスをかけてボールを奪い返すと、緩急を織り交ぜたパスをつないで北九州を翻弄。そして成岡翔がクロスをゴール前へ送ると、抜群のタイミングで裏へ飛び出した城後寿が右足ダイレクトで合わせ先制(ノ≧∀≦)ノ・‥…━━━★ゴール!

ここまで思うような内容の試合を見せられなかった福岡が自分たちの目指すサッカーを展開できたのは、互いの距離感を修正したからだが、それを実践の場でやり切れたのは、この試合には負けられないという強い意志があったからに他ならない。

後半に入ってバランスを崩したものの、集中力を崩さず全体のゾーンをコンパクトにすることを徹底して北九州の攻撃を跳ね返していく。「今週のトレーニングではコンパクトにやり続けることを徹底してきたが、選手たちがハードワークをした。最後は相手を前進させない守備を選択したが、本当にコンパクトな守備をしてくれたと思う」と話すのは前田浩二監督。城後の途中交代も、古賀正紘が足をつったのも、ハードワークに徹した結果のものだった。

自分たちのやりたいサッカーを展開した前半。苦しい内容になりながらも最後まで崩れなかった後半。それは福岡の選手全員が勝ちたい気持ちを表したからの結果。ダービーマッチを制するのは戦術云々よりも強い気持ち。それを立ち上がりから表現した福岡の勝利だった。

しかし、福岡の目標はJ1昇格。試合後、選手たちが口々に話したように、課題を修正しながら、この日見せた戦いを続けなければ意味はない。ダービーの勝利で風向きが変わる可能性は高い。J1昇格のためのプレーオフ圏内である6位以内に入るために『12番目の選手』としてこれまで以上に声援を送りピッチ上の選手たちの背中を押していきたい。(`・ω・´)キリッ

福岡ダービーに懸ける思い!

imageCAA1CMSS.jpg

アビスパ福岡が苦しんでいる。第17節を終えて5勝6分6敗の成績は14位。「J2優勝、J1昇格」を目標に掲げながら、ここまで昇格争いに絡むことなくシーズンを過ごしている。大きな課題となっているのは自分たちの想いや、チームとしてやるべきことをプレーで表現出来ないメンタル面での弱さ。それが顕著に表れたのが前節のザスパ草津戦だった。開始4分には遠藤敬佑のパスを受けた小林竜樹がいきなりオープニングシュート。ゴールこそならなかったが草津は一気に勢いづく。一方的に福岡ゴールに襲いかかる草津は34分、左CKから小柳達司が入れた高速クロスをスラインディング気味に押し込み9試合ぶりの先制点で活気づくと、その後も次々と決定機を迎えて福岡を追いつめていく。

前半アディショナルタイムには松下裕樹が渾身のFKを放つ。福岡GK神山の好セーブがなかったら、前半で試合は終わっていたかもしれない。後半20分以降は、それまでの展開が嘘のようにポゼッションを支配し福岡のゲームとなっていくが、センターバックを中心とした草津の決死の守備で攻撃をブロックされ、単発な攻撃を繰り返し決定機を作れず下位チーム相手にまさかの敗戦。

そんなアビスパ福岡が次節に迎えるのは、同じ福岡県内にホームタウンを置く北九州との『福岡ダービー』だ。過去、Jリーグで行われた数々のダービーがそうであったように、ダービーは気持ちと気持ちが真正面からぶつかり合う試合。そこでは、勝利に対する気持ちが強いチームが勝利を掴む。北九州との福岡ダービーは今回で3度目。過去、鳥栖との間で激しい戦いを繰り広げてきた福岡にとって、北九州とのダービーの歴史は浅い。

しかし、同じ福岡県内にホームタウンを持つ北九州との戦いは、歴史の長さに拘わらず、鳥栖とのダービーと同等か、それ以上の重要な意味を持つ。理由はいたってシンプル。この戦いで勝った方が福岡で一番強いことを示すことになるからだ。「Jリーグの歴史で言えば、明らかに福岡の方が長い。Jに参入してまだ3年目のチームに簡単に負けるようでは、これまでに積み重ねてきたものの意味を問われかねない。サッカーに関しては我々の方が上だというところを見せつけたい」と話すのは古賀。そして鈴木惇も「同じ県内にあるチームには絶対に負けたくない。どんなに状況が悪くても勝点3。とにかく直接対決では絶対に負けたくないし、順位も必ず上にいたい」と話す。

もちろん、北九州も同じ想いで戦いに臨んで来ることは言うまでもない。ましてや、三浦泰年監督は福岡でのプレー経験があり、また、当時は闘将として知られた選手。表面上は平静を装ってはいても、この戦いに熱く燃え、そして、全てをかけて挑んで来ることは疑いようがない。それは北九州の選手たちにも言えること。自分たちに力さえあれば、全てをひっくり返すことが出来るのも勝負の世界。福岡が歴史とプライドをかけて戦うのなら、北九州は、歴史に関係なく勝った方が強いということを証明するために戦うはずだ。福岡同様に、この特別な戦いに勝って一気に勢いを付けたいのは同じこと。

そんな戦いを迎えるにあたって前田監督は次のように話す。
「ダービーに理屈も何もいらない。ただ、目の前の相手を倒すだけ。それしかない。そこでの戦いは自分たちの生きざま。それをファン、サポーターに見てくれという試合。それがダービー。ポイントは100%の力を出し切ること。ハイテンションの戦いの中で、力の全てを発揮できれば、選手としても、チームとしても成長する」と。

全ては、我が町のチームとともに戦い、ともに勝利し、ともに歓喜の声を上げるため。
福岡ダービーでの勝利は、チームだけではなく、福岡に関わる全ての人たちの想いだ。

明日、6月9日(土)13時に3度目の福岡ダービーのホイッスルが鳴る。その歴史に名を刻むのはアビスパ福岡の勝利の文字だけだ

ガムシャラ!

アビスパ福岡対ファジアーノ岡山

ガムシャラ!

今年6試合目の観戦(ホーム8試合中)となった5月27日(日)のアビスパ福岡対ファジアーノ岡山との試合、3分間のアディショナルタイムが終わり、レベルファイブスタジアムに試合終了を告げるホイッスルが鳴る。ビジョンに映し出されたスコアは1-1今シーズン2度目の連勝を目指した福岡だったが、またも勝ちきれずにドローに終わった。これで福岡は、第5節鳥取戦(3月25日)以来、約2か月もの間、ホームでの勝利に見放されている。福岡の前に立ちはだかる厚い壁の前で、スタジアムは重苦しい空気で包まれた。ハァ~。これで観戦した試合は1勝1敗4分

この試合福岡は成岡の前線での起用も効果なく、流れの中から岡山を崩すことができなかった。そして、それ以上に問題なのは失点シーン。ここまで不用意なプレーでの失点が続いているが、岡山戦の失点も遠因となったのは中盤での不用意なパスワーク。そして、飛び込んでくる田所に対し、ペナルティエリア内に6人が構えながら、誰もマークについていくことさえしなかった。どこかで誰かが、対応していれば奪われることがなかったゴールを、「上を目指すチームであれば、あの時間帯の失点はあり得ない。ああいう失点がある限り、上には行けないと思う。すごく情けない1点だった」と古賀は振り返った。前節・富山戦の勝利をつなげたかったが、それもならず。福岡は、いまだに目の前に立ちはだかる壁を崩す方法を見つけられないでいる。

そして今日はアウェーで15時から、前節7連敗をかろうじてドローで止めた20位草津との対戦。6月最初となる今ゲームは、福岡にとっては中位脱出、草津にとっては下位脱出が懸かる一戦だ。

今季J2へ降格したアビスパ福岡は「J2優勝、1年でのJ1復帰」を掲げてリスタートを切ったが、現在22チーム中12位と中位をさまよいサポーターの期待に応えられていない。7ゴールの坂田大輔、5ゴールの城後寿らタレントは揃っているが、まだチームとして戦えていない印象だ。最近10戦は2勝5分3敗だが、攻守の歯車が合えば一気にギアが上がる可能性が高いだけに今日のアウェー草津戦をきっかけにしたい

草津・副島監督は「アビスパは攻撃的なチームだが、うちは守るのではなく攻めることで相手の攻撃を封じたい。最近は先制できていないが、先制して勝ちパターンへつなげたい」と福岡対策を練る。草津対福岡の過去5試合は草津の3勝2敗。5戦すべてが両チーム合わせて3点以上のゴールが生まれる撃ち合いとなっている。今ゲームも撃ち合いを制したチームに勝点3が転がり込むことだろう

アビスパ福岡!ガムシャラ!気持ちを見せろ!
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。