スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対福岡オリオンズ戦!上岡覚醒!

4月28日11時~山王球場、HOTリーグ第4戦、対福岡オリオンズ

<戦評>

第7回マルハンドリームカップ開幕前最後の試合であるとともに、一時的に名古屋へ転勤の石井と、新社会人として最初の勤務先が大分に決まった吉川のラストマッチとなりました、対福岡オリオンズとの試合の先発は開幕戦以来の登板となった左のエース上岡

課題の立ち上がりに先頭打者に粘られ四球を許すも、後続3人を打ち取りリズムを掴むと、ここから圧巻のピッチングを披露。最大の武器であるストレートを軸にスライダーとフォークを織り交ぜ5回を投げ打たれたヒットは僅か2本、四球2、無失点と結果・内容ともに最高のピッチングを披露しました!

一方の打線は初回から打者一巡の猛攻を見せ、石井のライトへの2塁打などで一挙6得点。続く2回には四球と盗塁で2塁に進んだ馬場を今期初出場の5番高波がセンターオーバーの3塁打を放ち1点を追加。

止まらない打線は3回、この回先頭の8番上岡がライトへのクリーンヒットで出塁すると、9番木村が死球で繋ぎ無死1.2塁。1番高橋は三振に倒れ1死となるも、2番牟田口がライトへのタイムリーヒット、続く3番吉川がライト前ヒットでチャンスを広げると、4番馬場の打球をセカンドがタイムリーエラーで追加点。続く5番高波はピッチャーフライに倒れるも、先週の試合でホームランを放っている好調6番山崎が変化球を捉えレフトへのタイムリーで この試合2回目の打者一巡で4点を追加。

更に更に4回には四球で出塁の上岡を1塁に置き、1番高橋が左中間を破るタイムリー2塁打で追加点。
毎回得点と上岡の完璧な投球内容で12対0と完勝し、マルハンドリームカップ1回戦へ勢いを付ける結果となりました!

<総括>

完全復活間近と言っていいだろう。かつてプロ野球スカウトから熱い視線を注がれ、ドラフトリスト候補上位に挙がっていた男の姿がそこにはあった

真上から投げ下ろす球威抜群のストレートがビシビシ高波のミットに収まり、スライダーを織り交ぜカウントを整えると、追い込んでからはこれまで多投しなかったフォークボールが面白いように落ちる。むしろ落ちすぎというくらい落差とキレがあった。

特出すべき成長はコントロール。この試合許した四球は僅か2つ。最大の課題はコントロールの投手であったが、ここが改善されたとすれば相当なレベルアップである。細かなコントロールがなくてもストライクゾーンにさえ投げていれば球威で抑え込んでしまう投手であるが、今までは、そのストライクゾーンに投げ込むことがままならなかった。

そしてもう1つ。変化球でもカウントを取れるようになったことで大きく投球の幅が広がった。これまでは、変化球の割合が極端に少ない為、ストレート1本に的を絞られ、1.2.3でスイングされていたが、今回の投球であれば打者は1つの球種だけに的を絞ることは出来なくなる。

この著しい成長の裏には、一人黙々と壁当て投球を行う地道な練習があるという。佐賀県は嬉野の離れた土地で練習相手がいないというハンデを見事克服している姿は、左のエースから山笠クラブのエースへ軌跡をたどっているといっても過言ではない。

吉川(大分)が抜けた先発投手陣の中で、右の塚本(大分)、敷根(鹿児島)に加え左の上岡(佐賀)を加えた3本柱どの投手もタイプは違うが完投能力がある。全員県外在住なので難しいだろうが、もしも皆が揃うようなことがあればこれこそ嬉しい悩みである。この3人の投球がこれから始まるトーナメントの鍵を握っているのは言うまでもない

スコア:12対0
バッテリー:上岡-高波
勝ち:上岡
3塁打:高波
2塁打:石井、高橋
安打:高橋、牟田口、吉川、山崎、上岡
打点:石井×2、上岡、高橋×2、高波、馬場、山崎、牟田口
盗塁:馬場、牟田口、吉川
四球:牟田口、高波、木村×2、馬場、上岡
※三振:牟田口、高橋、吉川、木村
MVP:上岡
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。