結婚式レポート②上岡編!

結婚レポート②
12月1日(土)『ホテル日航福岡』 上岡 剛

121201_1656~01
 
山笠クラブでプロ野球選手に最も近かった男といえば、そう、背番号14上岡剛である。宮崎県立都城西高等学校を卒業後、東京の國學院大学へと進学し、左腕から投げ放たれる140㎞中盤のストレートを武器に東都二部ながら防御率1位を2回獲得、02春には5完投勝利を含む7勝1敗。防御率は1.79の3位、投球回数はリーグ最多の80回2/3をマークするなど絶対的な存在であった

もちろん、プロ数球団からドラフト指名のオファーが届いていたそうだが、就職に関しては自分をここまで育ててくれた國學院の監督に一任すると決め、監督の英断でプロ野球ではなくJR九州に入社するこことなった。社会人1年目からホンダ熊本の補強選手として都市対抗に出場するなど尚も輝きを放ち続けていたが、大学時代に駆使し続けた肩の疲労が2年目以降に表れ故障。プロ入りは叶わなかった。

しかし、國學院の監督さんはこれを見据えたうえで社会人入りを勧めてくれたのであろうと上岡は話す。なるほど。即戦力になれても、すぐに故障してしまっては野球は出来ない。「先見の明」とはこういう事を言うのであろう

さて、JR九州社員の結婚披露宴に招待頂くのは畠中慎太郎に続き2回目だが、なんとも凄い人数である。ザッと250名位か工エェ((゚゚Д゚゚p『『+゚・マヂッスカ!?・゚+』』q゚゚Д゚゚))ェエ工

披露宴が始まる前のロビーの混み具合も尋常じゃなかったが、披露宴中の剛に酒をつぎにいく行く列も半端ない。途切れない。レールのようだ。JRだけに(・´艸`・)・;゙.、ブッ滞りなくスケジュールが進行していき披露宴も終盤へと向かうなか、近くのテーブルにいた身体のデカイいかにも野球部の男達が畠中と高波を引き連れ会場を後にする。新婦側の余興が終わり、いよいよ新郎サイドの登場。ゾロゾロゾロゾロ。

121201_1602~02←ご、ゴツッ

サンタの衣装に身を包んだ筋肉質な男達がステージに上がる
『女々しくて、女々しくて、女々しくて、辛いよ~♪』

121201_1605~01
出た!!エアーバンド!ゴールデンボンバー!!

全然女々しくない!!!

ステージを右に左に動き回り、サビを迎えたところでお約束の衣装を脱ぎ捨てる。ふ、フンドシ。「竿を隠して玉隠さず」の精神で会場は悲鳴と爆笑の渦に。途中からは上岡も乱入しお祭り騒ぎ。遂には歌い終わりにマイクを握っていたメインのカレが焼酎5合瓶をラッパ飲みした直後に見事なバク宙を披露し拍手のなか終了。∠(*・ω・)っ⌒バク宙 プレゼント♪

121201_1602~01←この焼酎を男気一気飲み 

121201_1605~02

さすが天下のJR九州。時間内ピッタリ!そして脱ぎ芸とはいえ事故は起こさない。最後は剛が感動のスピーチを披露し、図らずも涙してしまった

剛「いつも気にかけてくれる優しい姉ちゃん2人。感謝してます、有り難う。」
剛「最近はあんまり家で話すこともないけど、あなたの背中を見て育ちました。お父さん、有り難う。」
剛「いつも心配ばかりかけてごめんね。あなたからは人に対する思いやりと、優しさを学びました。お母さん、有り難う。」

うろ覚えですが、感動的なスピーチでした。その優しさをいつまでも忘れずに、これからも山笠クラブ共々宜しくお願いします。上岡剛、有り難う

121201_2155~01←4次会へ向かうマサルとババシュウ
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR