2012ドラフトについて

2012年のドラフトは見どころがたくさんあった。

・昨年強烈に巨人志望を打ち出し、日本ハムの1位指名を拒否した菅野智之(投手・東海大在学)に複数球団の入札があるのか。

・甲子園大会の春・夏優勝投手の藤浪晋太郎(投手・大阪桐蔭)の指名で、何球団の1位入札が競合するのか。

・メジャーリーグ入りを表明した大谷翔平(投手・花巻東)に入札する球団はあるのか。

まず、菅野は単独指名になった。翌日のスポーツ紙は「巨人愛」「おじさん」という言葉が紙面を飾り、ヒューマニズムの押し売りのような様相を呈しているが、菅野個人の心情に思いを致せば、1年間御苦労さまと言いたい。長く試合から遠ざかっているので、紅白戦、オープン戦のみならず、実戦形式のシートバッティングにも数多く登板して実戦の感覚を取り戻してもらいたい。

藤浪にはオリックス、阪神、ロッテ、ヤクルト、4球団の1位入札が競合した。もう1球団、西武もこれに加わるのとの報道があったが、順当な数の入札に落ち着いた。藤浪には迷う要素が少ない。たとえば、「日本かアメリカか、投手か打者か」迷う要素を2つ抱える大谷にくらべ、藤浪は「指名された球団で投手としてやる」と決めている。つまり、野球に向かう姿勢がシンプルである。これが藤浪の強みだと思う。

そして大谷。指名後に行われたインタビューで「入団の可能性はゼロ」と発言していたが、これは日本ハムに対して失礼ではないだろうか。

日本ハムの大谷1位入札に対して加藤良三コミッショナーの「私は結局個人の意思が尊重されるべきものと思います。(大谷と日本ハムの交渉は)私が予断するべきものではありません」とのコメントが日刊スポーツ紙に掲載されていた。

この言葉に代表されるように、ドラフトというとほぼ100パーセント、選手の気持ちとか人権という部分に光を当てられるが、球団(スカウト)も生き残りをかけて凄絶な戦いをしているわけで、当然、選手が自信の成功を望むのと同じように、球団も自軍の繁栄を望む権利を持っている。日本ハムはドラフト1位枠を2年続けて放棄してまで、そういうメッセージを世間に発しようとしたのである。

大谷は「権利を抑圧されている若者」を演じさせられているようにも見えるが、6年前に目を転じれば、平成6年のドラフトで“超高校級ショート”の堂上直倫(愛工大名電)に対して、中日、阪神、巨人の3球団が1位入札した。堂上は父が中日の元投手で、当時は中日球団の寮長、兄・剛裕が中日の現役選手と、中日一色に彩られた球児である。しかし、「父と兄のいる中日以外ではやりたくない」とは言わなかった。だから阪神と巨人も入札に参加した。それがドラフトの精神なのである

そういうことが大谷にはわかっていない。日本ハムの真摯な姿勢に対して、マスコミを前に「(入団の可能性は)ゼロです」と即答してしまった。大谷はまだ若いので、日本ハムというプロ野球の球団は「大人=権力者」、自分は「若者=非権力者」くらいの感覚で発言したのだと思うが、大谷くらいのステータスを持っている選手は、ある意味日本ハム以上に権力者である。マスコミを味方につけ、プロ野球の側であるはずのコミッショナーまで心情的な味方につけ、大谷は「権利を抑圧されている若者」を演じさせられようとしている。それは今後の野球界及び現行のドラフト制度にとって非常に危険なことである

大谷がメジャーを選択するのは一向に構わないが、日本ハムが自分を1位で入札した背景には「一番力のある選手を獲得してチームを強くして、ファンに支持してもらい、それが結果的にプロ野球全体の発展に寄与していく」というメッセージが隠されている。

それを思えば、「入団の可能性はゼロです」などと即答すべきではない。日本ハムの人間に会って、話を聞いて、熟慮して結論を出す、それが誠意ある態度に対する正しい対応の仕方であろう。

球団が繁栄すれば選手も繁栄するのである。ドラフトの精神を尊重する、大谷の誠意あるセリフが欲しかった
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR