対スーパープラトニクス戦!高村スーパープレー連発!

6月17日9時~西南杜の湖畔球場 HOTリーグ第8戦、対スーパープラトニクス

<戦評>

マルハンドリームカップ福岡県予選1回戦を1週間後に控え、内容も結果も求められるリーグ戦、対スーパープラトニクス(大濠高校OB中心のチーム)との今年2度目の試合。2月26日のリーグ開幕戦では、2対9で敗れた強敵。

マルハン1回戦への勢いをつけるべく先発のマウンドに上がったのは、先週の試合で左手を負傷した右腕馬場。初回から4回まで全て先頭打者を四球で出塁させるものの、セットポジションからも衰えないストレートを軸に要所を締め打たれたヒットは僅か1本、与えた失点は2回に許した1点のみと好投。

しかし、4回途中に無死から2者連続で四球を与えた場面で突然肩に痛みを訴え、急遽無死1.2塁とピンチの場面で新加入吉川へスイッチ。緊急登板となった吉川は代わりばなレフトへヒットを許すも、7(佐々木)→6(高村)→2(高波)と流れるような中継で走者を三本間に挟みワンアウトを取ると、ワイルドピッチで進塁を許した1死2.3塁の場面で打球はセンターへ。犠牲フライかと思われた打球でしたが、8(大坪)→6(高村)→2(高波)と繋ぎホームクロスプレータッチアウト&ダブルプレーでこの日最大のピンチを脱出!両中継ともショート高村の強肩と抜群のコントロールが光るプレーでした!

打線は初回、相手エラー絡みで2点を先取すると、2回裏には2死から9番木村が粘った末に四球で出塁し、続く1番高村があわやホームランかという弾丸ライナーレフトフェンス直撃の2塁打で2死2.3塁とするも、続く2番大坪が打ち取られ追加点ならず。

待望の追加点は4回裏、無死から7番吉川が四球で出塁すると暴投で無死2塁、続く8番石井のファーストゴロの間に吉川は3塁へ。9番木村が三振に倒れ2死となるも、1番高村が四球を選び2死1.3塁、続く打席には2回のチャンスで打ち取られた大坪。このチャンスで2番大坪が勝利をグッと引き寄せるセンターへのタイムリーを放ちリードは2点に。
この後試合は、4回途中からマウンドへ上がった吉川が最終回(6回)まで投げ抜き、得点を与えず初勝利!投打がガッチリ噛み合い来週のトーナメント初戦へと弾みをつけました!

<総括>

勝負を分けたのは4回の攻防。好投を続けていた先発の馬場が突如アクシデントにより緊急降板となり、全く投球の準備をしていなかった吉川をマウンドへ。あの場面、打席には2回表にレフトへタイムリーを打たれた右打ちの7番打者。続く8番9番は左打者でしたので、左腕大坪をマウンドへ送る選択肢もあったが、当たっている7番を抑える方が先決と考え右腕吉川を選択。
結果、7番打者にはレフト前ヒットを許したものの、ショート高村(大濠高校OBキャプテン)の華麗なプレーに助けられこの回無失点。ピンチの後にはチャンスあり!その裏、大坪がタイムリーを打ったのはこの一連の流れのなかでの一打であり、そこで打てる大坪も立派。この値千金のタイムリーでほぼ試合の行方が決まったといっても過言ではない。

この試合は6月24日のマルハン1回戦の前哨戦と位置づけ、スタメンを決めるうえで重要な意味を持っていた。調子がいい選手、悪い選手。実績がある選手、新加入の選手。バランスを見て、これから最善のオーダーを組むことになるが、かなり悩む。選べるという嬉しい悩みとはいえ、勝敗を左右する重要な仕事だ。

スコア:1対3
バッテリー:馬場→吉川-高波→桝崎
勝ち:吉川
2塁打:高村
安打:高村、大坪、桝崎、馬場
打点:大坪
盗塁:高波
MVP:高村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

先日のマルハンカップは雨で延期になったみたいですね

次は7月8日でしたかね

っつーか監督
Blogを更新しなさい

シャキッとしなさい
シャキッと~

更新しましたが、試合がないから山笠の試合レポート書けません代わりにアビレポ
今週末はマルハン1回戦中田繁さんも管理人さんも岡野も高森も応援宜しくお願いします
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR