対テクニカル福岡戦!上岡今期初登板も…。

6月10日17時~雁ノ巣2番球場 HOTリーグ第7戦、対テクニカル福岡

<戦評>

今期リーグ戦無敗の首位テクニカル福岡との試合。先発のマウンドに上がったのは、昨年秋のペプシ杯九州大会準決勝以来の登板で、今シーズン初めてボールを握った左腕上岡。ブランクがあるため、投げてみないと分からないと不安を覗かせ臨んだ1回表、実戦の感覚が戻らない中、コントロールが定まらず5つの四死球と2本の2塁打などで打者一巡を許しいきなり6点を失う不安定な立ち上がり。

2回にも四球とエラーで無死満塁とされるも、3(石井)-2(高波)-3(木村)の華麗なダブルプレー完成によりこの回を無失点で切り抜けると、その後も毎回四死球を出すものの、要所を締め5イニング全てストレートを投げ込み打たれたヒットは初回の2本のみと、豪腕の片鱗は垣間見えました。

一方打線は、6点の先制を許した1回裏の攻撃。先頭の1番高波がレフト前ヒットで出塁すると、山笠初参戦の2番吉川がライト前ヒットで繋ぎチャンス拡大、3番畠中はセカンドゴロ進塁打となり1死2.3塁とした場面で、この試合4番に座った山崎のショートゴロの間に1点を返すと、続く馬場がレフトへのタイムリーツーベースで6対2。

試合はこのまま5回表を迎えますが、疲れの見え始めた上岡が四球、振り逃げ、ワイルドピッチ等で2点を奪われ再び6点差となった5回裏、1死から9番石井が逆方向レフト線へのヒットで出塁すると、続く高波も逆方向ライトへのツーベースで2.3塁。2死となるも3番畠中がファールで粘った末、センターへの2点タイムリーツーベースで8対4。

残り2イニングに逆転を期待し6回からは継投。上岡を代える際はショート馬場を2番手に行こうと考えていましたが、5回表の守備時に相手選手の盗塁の際、滑り込んできたスパイクがタッチに行った馬場の左手を削り、負傷のため急遽吉川をマウンドへ送ると、低めへの伸びのあるストレートとブレーキの効いたカーブを駆使し見事に6回を抑えましたが、イニングをまたいだ7回に捕まり5失点。

点差が開いた最終回にその吉川が汚名返上のソロホームランをレフトへ叩き込みましたが、最後の反撃はここで終了。終わってみれば13対5の大敗を喫しました。

<総括>

なんとも大味なスコアとなってしまいましたが、敗戦の中にもいくつかの収穫がありました。まずは上岡の実戦登板、投球内容云々よりも、まずは投げられたこと。初回で心が折れそうな試合でしたが、2回以降立ち直りを見せたことは評価。試合の勝利にこだわるのであれば、初回途中から馬場へスイッチする策もありましたが、あそこで代えると上岡を今後起用するのうえで先発は難しいというイメージが選手間に残るとともに、本人も自信を失ってしまう可能性があった。タイプ的にも数を多く投げて良くなる投手なので、今は我慢の時と考えています。やはりあの球威は魅力。これから始まる連戦で上岡が先発ローテにいるいないでは他の投手の負担に大きく関わる問題。
しかし、ここに来て吉報も!6回からマウンド上がった吉川が非常にいい投手!最終回に失点したものの、打者の手元でグンッと伸びるストレートは目を見張るものがある。打っては1安打1ホームランの活躍!高波、馬場も複数安打を放つなど打線は明るい!後は投手陣の復調だけだ!

スコア:13対5
バッテリー:上岡→吉川-高波
敗け:上岡
本塁打:吉川
2塁打:高波、畠中、馬場×2
安打:高波、吉川、石井
打点:山崎、馬場、畠中×2、吉川
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR