スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対福岡オリオンズ戦、乱打戦を制したのは!?

4月8日15時~雁ノ巣6番球場 HOTリーグ第4戦、対福岡オリオンズ

<戦評>

対戦相手に予定されていたテクニカル福岡から福岡オリオンズへと変更されて迎えた第4戦は、ホームからレフト方向へ強い海風が吹き抜ける雁ノ巣球場での試合。今シーズン初勝利へ向け先発のマウンドに上がったのは今期新加入の牟田口。

1回表の攻撃で幸先よく1点を奪い援護をもらった後の立ち上がり、簡単にツーアウトを奪うも3番打者が打ち上げた打球を牟田口が走りながらフェアライン上で捕球しようと試みた打球がグラブの先に当たり出塁を許し悲劇の幕開け。続く打者からセットポジションになったとたんコントロールを乱し四球を許すと、5番打者へはストライクを取りに行った甘いストレートを痛打され3ランを浴び逆転。更に6.7.8番に3連打を打たれ、尚も代打の9番打者に2ランホームランを浴び0回2/3、7失点でまさかのKO

緊急登板となった山崎も打線の勢いを止められず、代わりばな1番打者に2塁打を打たれ、2番打者にはこの回3本目の被弾となるツーランホームランを浴び初回なんとなんと過去ワーストの9失点。

しかし、強烈な3本のパンチに目覚めた打線は2回表、先頭の5番馬場がレフト前ヒットで反撃の狼煙を上げると、6番山崎がレフトへの2塁打、7番牟田口がライトへのタイムリーヒットで3連打!更に8番益田が四球を選び、9番石井はライトエラーで出塁し無死満塁。押せ押せムードの中、1番高村がタイムリー、2番大坪も連続タイムリーを放ちこの回一挙7点を返しスコアは2回表終了時点で8対9 (;゚Д゚)(゚Д゚;(゚Д゚;)ス、スゴッ!!

1点差と迫ったところで、2回裏から左腕大坪を今シーズン初めてマウンドへ送ると、見事起用に応え5回を投げ被安打3、失点は僅か1と好投し試合を作り直しました!しかし、3回から交代した相手リリーフ投手からは1点のみしか奪えず結局9対10で敗戦。開幕後引き分けを挟んで3連敗となりました。

<総括>

初回が全て。先発の牟田口は決して状態は悪くなかったものの、不運な出塁から始まり、タイミングの合っていなかった5番打者に追い込みながら3ランを許したことで、完全に自分のリズムを乱してしまった。どんな投手も立ち上がりは難しいもの。もちろん先発投手の試合への入り方も重要だが、2番手投手の準備や、スパッと代える勇気をもった“積極的”な采配も考えさせられる試合であった。今回は打たれたが、牟田口は期待の選手!今後も必ず起用します!

スコア:9対10
バッテリー:牟田口→山崎→大坪-馬場→桝崎
敗け:牟田口
2塁打:山崎×2
安打:高村×3、大坪、馬場、牟田口
盗塁:高村、大坪、馬場
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。