スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビクトリー杯2015年九州大会決勝戦!王座奪還!

5月29日15時~ヤフオクドーム球場、ビクトリー杯九州大会決勝、対フラワータイム藤山工業

<戦評>

ヤフオクドームにて行われました2015年ビクトリー杯九州大会決勝戦は、沖縄代表「友進建装」が遠征を辞退したため、今大会予選第3位、前回大会ビクトリー杯九州大会王者の大分県代表フラワータイム藤山工業との一戦。

先攻の山笠は初回、1死から2番浅尾が右中間を深々と破る三塁打で出塁するも、3番畠中、4番佐々木が倒れ無得点。
2回にはこの回先頭の5番井浦がファーストへの内野安打で出塁するも盗塁死などで主導権を握れない展開のなか、試合が動いたのは3回。2死から1番藤岡がセンターへの2塁打で出塁すると、2番浅尾が前進守備のレフト頭上を破るランニングホームランで2点を先制!(全速力でダイヤモンドを一周した後、ライトスタンドへ向け「熱男―!!」)

一方聖地ヤフオクの先発マウンドに上がったエース三浦は、3回を投げ1イニング3人ずつ9人全てをパーフェクトに抑える完璧な投球を披露。4回からはプラン通り2番手馬場へと継投し、4回は無失点に抑えるも、5回1死から突如乱れ3四死球で1死満塁。このピンチで9番にライトオーバーの2点タイムリーを浴びましたが、3人目のランナーは三本間に挟み挟殺となりツーアウト。

しかし、2死2塁と一打逆転のピンチが続いた場面で3番手大田へとスイッチ。代わった大田は1番を三振にきってとりピンチ脱出。
6回の表裏はスコアが動かずこのまま引き分けかと思われた最終回、この回先頭の7番大田がライト線を破る2塁打で出塁すると、続く8番高波がライト前にしぶとく落とすこの日2本目のヒットで繋ぎ無死1.3塁

一打勝ち越しの場面で9番永易はショートフライに倒れるも、1番藤岡があわやホームランテラスに届くほどの大きなライトへの犠牲フライで三走大田が悠々ホームインし勝ち越しに成功!

最終回は先頭に内野安打を許したものの、最後は二者連続三振で試合を締め括り見事優勝!遂に山笠クラブとなって初めての九州王者へと登り詰めました!

1471491051183.jpg
<総括>

山笠クラブの歴史にまた新たな1ページ。2005年日刊スポーツマリン杯以来、10年振りの九州王者!九州各地に星の数ほどある軟式野球チームの中で通算2度目の頂点に立った!

ビクトリー杯は、一昨年前までは九州代表として更に全国大会(京セラドーム大阪)への切符が用意されていたが、昨年から九州大会までで終了。このチームで全国へ挑戦し、10年前、後一歩で成し遂げられなかった全国制覇を目指したかったが、こればかりはしょうがない。

当時全国大会準優勝を知るメンバーは私を含め数名だが、その数名が今回もメンバーにいることは素晴らしいことだ。毎年のようにメンバーの加入・脱退があるなかで、長年チームを支え続ける核となる存在がいるからこそ、永きにわたり強く、魅力的で息の長いチームが形成されている

さて、今回のビクトリー杯ヤフオクドーム決勝戦への挑戦は、ここ数年後一歩のところで何度も涙を飲んできた。過去5年で福岡代表となり九州大会へ進出すること3回。うち2回とも準決勝で敗れており、今回は悲願の決勝進出であった。

試合は3回、山笠のリードオフマン1番藤岡が2死から2塁打でチャンスを作ると、この春から社会人となった2番浅尾が、お手本のような逆方向へのバッティングで、打球がレフトフェンスに達する間にダイヤモンドを一周し2点を先制

しかし、5回に2点を奪われ同点とされるも、最終回に1点を勝ち越し見事優勝。ベンチ入りメンバーが全員出場し掴み取った悲願の九州王者!福岡県代表「山笠クラブ」。歴史に名を刻んだ。メンバーみんなお疲れ様!有り難う!

最後に、当日多数の方々に応援に駆けつけて頂きました。この場をお借りして御礼申し上げます。今後とも、変わらぬご声援を宜しくお願い申し上げます。
1471491068348.jpg

スコア:3対2
バッテリー:三浦→馬場→大田―高波
勝ち:大田
本塁打:浅尾
三塁打:浅尾
二塁打:藤岡、大田
安打:井浦、高波×2、大坪
打点:浅尾×2、藤岡
死球:井浦
※三振:浅尾、井浦、畠中、馬場
MVP :藤岡(勝利打点)

1471491086797.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。