スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プライドジャパン甲子園大会!ベスト4で終幕。

5月22日15時~山王球場、プライドジャパン甲子園大会準決勝、対焼鳥高陣

<戦評>

プライドジャパン甲子園大会準決勝、対焼鳥高陣との一戦は予想だにしない展開となりました。
先攻の山笠は初回、1番藤岡が四球を選び出塁すると、2番浅尾が左中間への2塁打を放ちチャンスを拡げると、3番井浦がレフトへの2点タイムリー2塁打を放ち鮮やかに先制。更には1死2塁から5番馬場が流れを完全に引き寄せるレフトへの弾丸2ランホームランで初回一挙4得点

一方先発の三浦は2回裏に3者連続四球で無死満塁のピンチを招くも、後続を三振、捕飛、一飛と後続を断ちピンチ脱出。
すると3回表、1死から4番畠中がライト前ヒットで出塁すると、5番馬場がライトオーバーの2塁打で1死2.3塁とチャンスを拡げ、続く6番高波が死球を受け満塁となった場面で、7番三浦が2者を迎え入れるセンターへの2点タイムリー2塁打で6点目

コールドゲームまで後1点。試合は決まったか、と思われましたが、3回裏に落とし穴が待っていました。

この回先頭の2番に四球を与えると、1死後4番5番に連続四球を与え1死満塁。3回で6四球と調子の上がらない三浦を諦め早くも2番手浅尾へとスイッチするも、満塁から6番に押し出し四球を与え1点を返されると、続く7番にまさかのグランドスラムをレフトへ叩き込まれ6対5となりリードは瞬く間に1点差

尚も浅尾が8番9番に連続四球を与え1死も奪えず3番手井浦へと継投。代わった井浦はこの1死1.2塁のピンチで1番にこの回6個目となる四球を与え1死満塁となるも、2番を一飛、3番を二ゴロに打ち取り火消しに成功し長い長い3回裏が終了。

1点差のまま逃げ切りを図るべく最終回となった4回裏も回をまたいで井浦がマウンドに上がりましたが、先頭の4番にセンター馬場の頭上を越え22塁打で出塁を許すと、続く5番に逆転のランナーとなる四球を与え無死1.2塁。

しかし、6番7番を連続三振に打ち取り勝利まで後ワンアウトまでこぎ着けましたが、8番に四球を与え2死満塁、更には9番に痛恨の押し出し四球を与え遂に同点。最後は1番に劇的な左中間へのサヨナラタイムリーを浴び大逆転負け

天国から地獄、6対0からまさかまさかの7失点でプライドジャパン甲子園大会の幕は閉じました。

<総括>

「野球は最終回2アウトから」とは良く言ったもんだ。後ワンアウトまで迫りながら、その1つのアウトが遠かった。完全な勝ち試合を自らの手放したようなもの。3投手で計13与四球。これじゃあ微笑みかけた勝利の女神も背中を向けて当然だ

最初の誤算は先発の三浦。初回の立ち上がりは状態も球の走りも決して悪くはなかった。2回に3四球で無死満塁になるも、ここを踏ん張り立ち直るかと思われたが、3回にまたも3四球。得点差がついたことで気が緩んだか、ダブルヘッター決勝を見据え少し力を抜いたか。本人にその気はないかもしれないが、6点という点差が知らず知らず微妙な心理に影響したのかもしれない

むしろ調子が悪かった、身体のどこかがおかしい等、はっきりとした原因が分かった方が納得できるが、精神面なのであれば改善が必要。どんな状況であれ、任せられた試合、イニングで結果を出すのがエースだ

次に2番手浅尾。浅尾は故障明けとはいえ、山笠ではセットアッパーとしての実績は十分であったし、四球四球の悪い流れを変えるべくコントロールの良い投手へと継投したのだが、1死も奪えず3四球を与え5失点。求められた結果を残すことができなかったが、緊急登板であったため、準備不足は否めなかった

最後に3番手井浦。こちらは決勝戦先発予定を前倒しての起用であったが、最後の最後にらしくない四球四球で押し出し同点。三浦も浅尾も井浦も、プレッシャーに屈するタイプではないが、この試合は一度傾いた流れを誰も止められなかった。

結果論だが、試合を分けたのは3回2番手浅尾への継投を選択したこと。この試合、点差がついたことで4回からは2番手に馬場への継投を決め本人に伝達。馬場は次の回からの登板に備え3回表にはある程度肩を作っていたのだ。3回裏1死満塁となり迷ったが、ワンポイント登板にコントロールに定評のある浅尾を選択し、馬場は予定通り4回からのつもりであったが誤算であった。采配ミス。まぁ結果論だけどね。

この経験が次の試合以降活かせれば、意味のある大逆転負けということ。切り替えよう。

スコア:6対7
バッテリー:三浦→浅尾→井浦―高波
負け:井浦
本塁打:馬場
2塁打:浅尾、井浦、馬場、三浦
安打:畠中×2
打点:井浦×2、馬場×2、三浦×2
四死球:藤岡×2、高波、永易、大坪
※三振:浅尾、馬場、高波、三浦
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。