スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プライドジャパン甲子園大会2回戦!4強進出!

5月8日13時~箱崎球場、プライドジャパン甲子園大会2回戦、対Red Chaser

<戦評>

プライドジャパン甲子園大会2回戦は通算4度目の対戦となったレッドチェイサーとの試合。先発の三浦は初回先頭打者に四球を許すも、2死から盗塁を狙ったランナーをキャッチャー高波が見事な送球でアウトにし無失点で立ち上がると、以降4回まで得点を許さいナイスピッチングを披露。

三浦を助けたい打線は4回裏、この回先頭の3番高橋がライト前ヒットで出塁すると、続く4番佐々木が四球、5番高波が死球で無死満塁の場面で、6番永易がフルカウントからセンター前へのタイムリーヒットを放ち先制!

続く7番三浦のレフトへの犠牲フライで三走佐々木がタッチアップし追加点を奪うと、8番大坪のピッチャーゴロの間に高波が意表をつく走塁で3点目を奪取。

遂に均衡が破れましたが、5回表に内野2つのエラーでノーヒットながら1点を返され2点差となるも、6回裏にこの回先頭の4番佐々木が高々と打ち上げたレフトへの打球がヒットとなり、中継プレーが乱れる間に2塁へ到達。続く5番高波の進塁打で3塁へ進塁し、6番永易のライトフライでタッチアップかと思われましたが佐々木は自重。しかし、続く7番三浦がレフトへの痛烈なタイムリー2塁打を放ちだめ押しとなる4点目。

先発の三浦は7回を投げ抜き、被安打3、失点1(自責点0)の好投で見事準決勝へと駒を進めました!

<総括>

相性の良さを発揮し危なげなく勝利!この試合で輝きを見せたのは、山笠クラブ正式加入後2試合目の6番永易3回まで両先発がスコアボードに0を並べる展開のなか、4回に均衡を破る価値あるタイムリー!

無死満塁という場面は、往々にして次の打者が打点を上げるか否かで展開が大きく変わる。1点を争う試合のなかで無死満塁であれば内野はバックホーム体制で前進守備を引くためヒットゾーンは広がるが、1死満塁になると内野は中間守備でダブルプレーを視野に入れた守備体系となり、次の打者に大きなプレッシャーがかかる

この状況下での永易のセンター前タイムリー!いやー良く打った!1点が入ると後は押せ押せ!次からの打者も気負うことなく打席に入れる。

さぁ、いよいよ準決勝、決勝はダブルヘッター!まずは準決勝、対焼鳥高陣戦。そう、なんとホットリーグ対決(焼鳥対決)の実現です!出来れば決勝でやりたかったが、ホットリーグの代表を懸けるつもりでやりましょう!

スコア:4対1
バッテリー:三浦―高波
勝ち:三浦
2塁打:三浦
安打:高橋、佐々木、高波、永易、大坪
打点:永易、三浦×2
四死球:佐々木、高波、三浦、大坪
※三振:なし
MVP :永易(初安打、初打点が決勝タイムリー)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。