スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プライドジャパン1回戦!エース復活で完封勝利!

4月17日11時~西部運動公園球場、プライドジャパン甲子園大会1回戦、対Blaze

<戦評>

ついに迎えたプライドジャパン1回戦の相手は初対戦となるBlaze。先攻の山笠は初回、1番井浦、2番藤岡と好調の2人が2者連続三振を喫するも、番馬場が痛烈なレフト前ヒットを放ち出塁。しかし、盗塁を試みるも牽制球から1.2塁間に挟まれタッチアウト。

2回には4番佐々木、5番高波が連続四球を選び、更には相手バッテリーエラーなどで1死2.3塁とチャンスを迎えるも、下位打線2人が倒れ無得点。

一方、先発の三浦は、前週課題を残したスリークオーターからオーバースローに戻したことにより、本来の力強さを取り戻し初回を危なげなく3者凡退にきってとると、2回に1死からこの試合唯一の被安打となるセンター前ヒットを5番に許したものの、後続を打ち取り無失点。

試合が動いたのは3回、1死から1番井浦がファーストエラーで出塁し、続く2番藤岡がしぶとくセンター前にヒットを放ち繋ぐと、3番馬場は四球を選び1死満塁!ここで主砲4番佐々木に打席が廻りましたが、サードゴロ→ホームホースアウトでツーアウト。嫌な流れに傾きかけましたが、続く5番高波が粘った末に押し出しとなる四球をもぎ取りついに先制!

この虎の子の1点をエース三浦がセカンドベースを踏ませない見事な1安打完封で守りぬき1回戦を見事突破しました!

<総括>

良く勝ったな。と、いうのも主要メンバーの相次ぐ不参加でこの日3人が初出場選手。うち2人は中学校までしか野球していないという大きなブランクを抱えた未知数での出場。

難しい試合になることは容易に想像出来ていたが、先発の三浦が前回登板の反省を活かし見事に復活!2塁を1度も踏ませない圧巻の投球内容で勝利した。

2回戦は他のトーナメントで過去3回対戦のある北九州のレッドチェイサーとの戦い。レッドチェイサーは1回戦で昨年山笠が同大会準決勝で敗れた強豪ヒートを0対0延長エキストライニングの末勝利して勢いにのっている。しかし、過去3戦は、いずれも山笠クラブが勝利しているだけに相性はいいだろう。次は山笠本来の戦い方で勝って魅せる!

スコア:1対0
バッテリー:三浦―高波
勝ち:三浦
安打:馬場、藤岡、佐々木
打点:高波
四球:馬場、佐々木、高波×2
※三振:井浦、藤岡、高波、大坪×2、久保田×2、永易、三浦
MVP: 三浦(完封)


↑試合後、疲れも見せずにガソリンスタンドでバイトするエース三浦。本職ではない捕手の構えから、見事に車を拭き上げる!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。