リーグ第6戦!対テクニカル福岡!今期発黒星。

文字色4月10日13時~西南杜の湖畔球場、HOTリーグ第6戦、対テクニカル福岡

<戦評>

開幕5連勝の勢いが遂にストップしました。この試合、肩、肘の不安を考慮し腕を少し下げスリークォーター気味からのピッチングを試した先発の三浦がまさかの乱調

初回、1死から2番に四球を与えると、3番にレフトフェンスオーバーの2ランを浴び先制を許すと、2回にも先頭の7番にレフトへのソロを打たれるなど、この回長打3本を浴び3失点。

2回表が終わった時点で5失点と敗色ムード漂うなか、2回裏にチームに勇気を与える一発が飛び出しました!1死から7番三浦がセカンドエラーで出塁すると、8番小久保がレフト前ヒットでチャンス拡大。9番松原はファーストフライに倒れるも、1番高橋が2打席連続ヒットとなるライト前ヒットで2死満塁。ここで打席に入った今シーズン最も当たっている2番藤岡が起死回生の山笠クラブでは初アーチとなるグランドスラムをライトへ叩き込み4対5となり1点差!

しかし、続く3回にも三浦が2本のタイムリーを浴び再び点差が開いたところで三浦を諦め井浦へとスイッチ。マウンドを受けた井浦は無死1.2塁のピンチの場面でしたが2番を右飛、3番を捕飛、4番を三振に打ち取り見事火消しに成功!この後6回まで投げ得点を許しませんでしたが、3回以降打線が沈黙し今シーズン初黒星を喫しました。

<総括>

あんなに打たれるか、という位打たれたな。原因は2つ。1つはスリークォーターから投げたことによる球威の低下。狙いは肩、肘への負担軽減とコントロール向上であったが、決め球のスライダーがコースに決まらず、球威とコースがアバウトなストレートを狙い打たれた

もう1つは初回、テクニカルの3番(監督さん)に完璧な一発を打たれたことで、流れが完全に傾いた。打線に火がつく経験は何度もあるが、相手打線に火をつけたのは久々。井浦に継投してからはほとんど打たれていないことからも分かるように、継投は試合の流れを大きく変えることになる

それがいい方向に行くか、悪い方向に行くかは監督の采配に大きく委ねられるわけで、今回で言えば、結果論になるが藤岡の満塁弾で1点差に迫ったところで井浦に継投していれば試合は別の展開になっていたかもしれない

まぁスポーツに「たら・れば」はNGワードだけど

ただ、トーナメント前に1つ負けて良かったとも言える。少し天狗になりかけていたのであれば、負けたことで戒めよう!俺たちはいつでもチャレンジャーなんだから!

スコア:4対7
バッテリー:三浦→井浦―藤岡
負け:三浦
本塁打:藤岡
三塁打:井浦
二塁打:馬場
安打:高橋×2、佐々木、小久保
打点:藤岡×4
※三振:高橋、佐々木、大坪、三浦、小久保、松原
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR