対ルーラーズ戦!開幕無傷の5連勝!

3月13日15時~舞鶴球場、HOTリーグ第5戦、対ルーラーズ

<戦評>

開幕4連勝を飾り勢いに乗る打線は初回、1番浅尾が快速を飛ばしセカンド内野安打で出塁すると、2番藤岡がライト前ヒットでチャンス拡大。1死後、4番馬場が左中間へライナーで飛び込む“舞鶴ホームラン”で幸先良く3点を先制。

続く2回には、この回先頭の7番玉城が出塁し、続く8番三浦はライト前ヒット、更に9番松原がサードエラーで出塁し満塁となった場面で、2番藤岡が2者を迎え入れるライトへの2点タイムリーヒットで追加点。尚も1死3塁から3番井浦がレフトへのタイムリーを放つなどこの回一挙4得点。

たたみかける打線は尚も3回、三浦と藤岡のヒットなどで1点を追加し、序盤3回で8得点。
投げてはエース三浦が、5回を投げソロホームラン1本を含む被安打2本、2失点を許したものの、連打を許さず5奪三振と安定の投球を披露し、雨天5回コールド8対2で勝利し、怒濤の開幕5連勝を飾りました!

<総括>

2番藤岡が止まらない!この試合4打数4安打の固め打ちで、5試合を終え15打数7安打、打率.466とハイアベレージをキープ。その他にも打率3割を超える選手が上位打線に名を連ねている状況はなんとも心強い。

この試合、プレーボール直後から小雨が降り出し、序盤3回で8点差がついたことで先発三浦が集中力を保つのも難しかっただろうが、そこはキャッチャー高波の抜群のリードもあり規定投球回数の5回を2失点で投げきった。5試合目にしてチームとして今シーズン初失点を喫したわけだが、チーム防御率は驚愕の0点代!

とはいえ、開幕直後はどのチームも往々にして投高打低が普通だから、これから暖かくなるにつれバットが振れてきたときにどうやって抑えるかがポイント。今年は投手小田、浅尾が抜けたチーム事情からの前期は三浦を軸に馬場、井浦がセットアッパーとして待機。後半からはMAX140km右腕が加入予定なので、馬場、井浦が野手に専念出来る環境が整えば盤石。それまでは3人!頼んだよ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR