リーグ第3戦、4戦ダブルヘッター!対九州古賀×2連戦!

3月6日田尻球場
13時~HOTリーグ第3戦、対九州古賀
15時~HOTリーグ第4戦、対九州古賀

<第3戦戦評>

13時~行われた第3戦対九州古賀との試合、先発マウンドに上がった三浦は、初回先頭打者を三振にきってとると、以降5回を投げ与四球2を許したものの、被安打0と開幕戦に続き無失点の快投を披露しました。

一方打線は1回裏、1番井浦、2番豊福が連続四球を選び出塁すると、好調3番藤岡がセンターへのタイムリー2塁打で鮮やかに先制。続く4番佐々木もショートへのタイムリー内野安打を放ち追加点を奪うと、1死後6番小田が逆方向へのレフト前タイムリーを放ち初回一挙3得点

2~4回は無安打に抑えられたものの、3巡目となった5回に打線が爆発!1死から2番豊福がセカンドエラーで出塁すると、3番藤岡がこの試合2本目となるレフトへのタイムリー2塁打、4番佐々木も複数安打となるレフトへのタイムリー。更には5番馬場がライトフェンス直撃の2塁打で2.3塁となった場面で、最後は7番三浦がレフトへの2点タイムリー3塁打を放ちコールドゲーム。5回参考記録ながら三浦がノーヒットノーランを達成しました!

スコア:7対0
バッテリー:三浦―藤岡
勝ち:三浦
3塁打:三浦
2塁打:藤岡×2、馬場
安打:佐々木×2、小田
打点:藤岡×2、佐々木×2、小田、三浦×2
四球:井浦、豊福、藤岡、馬場
※三振:三浦
MVP: 三浦(ノーヒットノーラン)

<第4戦戦評>

続けて15時~行われましたリーグ第4戦も相手は同じく九州古賀。

2試合目の先発は左腕小田。初回2者連続三振で立ち上がると、3回を投げ打者9人をパーフェクトに抑え、毎回となる6奪三振で4回から井浦へと継投。後を受けた井浦は4回、5回と2イニングを投げ無失点!なんと1試合目:三浦→2試合目:小田→井浦と登板した投手が1本の安打も許さず、2試合連続参考記録ながらノーヒットノーラン試合を達成しました!

打っては1試合目の勢いそのままに2回表、この回先頭の6番馬場がレフトへの2塁打で出塁すると、1死後、7番三浦が四球を選び1.2塁となった場面で、8番小田がセンターオーバーの3ランランニングホームランで3点を先制!

3回にはエラーと死球で出たランナーを5番馬場がレフトへの2点タイムリーで追加点。5回には三浦の犠牲フライで馬場が生還し6点目を奪うと、最後はセンター前ヒットで出塁した浅尾が盗塁を成功させた場面で、3番井浦がライトへのタイムリーで7点目。投打がガッチリと噛み合い2試合連続コールド勝ちとなりました

スコア:7対0
バッテリー:小田→井浦―藤岡
勝ち:井浦
本塁打:小田
2塁打:馬場
安打:浅尾、井浦、馬場
打点:小田×3、馬場×2、三浦、井浦
盗塁:浅尾、井浦
四死球:浅尾、藤岡、佐々木、三浦、松原
※三振:浅尾、小田
MVP :小田(ランニング3ラン)

<総括>

同パートのチームとは年間2回対戦するルールだが、1日のうちにダブルヘッターで2試合終わってしまうのは珍しい。もともとは15時~のワンマッチの予定だったが、13時~試合を予定していたチームが試合出来なくなってしまったことに伴い、山笠にダブルヘッターのオファーがあったものだ。

しかし、近年希に見るスピードでの仕上がり具合!投打ともに昨年の好調時を維持している感じだ。特に投手陣。ここまで4試合を消化し失点0!チーム防御率なんと驚愕の0.00!ここまで登板している三浦、小田、井浦が全員好投。小田はこの試合でチームを去るが、井浦が台頭してきたことで、長いシーズンを戦う上で三浦に掛かる負担も大幅に軽減されることだろう

打線は昨年からの中心メンバーが早くもヒット量産体制に入っている。相手チーム投手が開幕から間もないことでまだ本調子でないことを差し引いたとしてても、間違いなく調子が良い!

今年はプライドジャパン甲子園大会福岡県予選が4月に開幕することに伴い、リーグ開幕後試合勘を取り戻すため次々と試合をこなしているが、調整不足の懸念はほとんどないといっていいだろう。早くも仕上がりつつある山笠クラブ。後はベテランと新加入選手のフィット待ち!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR