スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016年ホットリーグ開幕!対オールドスラッガー戦!

2月21日11時~西南杜の湖畔球場、HOTリーグ第1戦、対オールドスラッガー

<戦評>

2016年の開幕は急遽ダブルヘッターに変更。先ずは11時~の第1試合、栄えある開幕投手はエースの三浦

立ち上がり、いきなり先頭打者にレフト前ヒットを許し、続く2番に四球を与えるなど初回1死満塁のピンチを招くも、後続5番6番を打ち取り無失点で切り抜けると、1回裏の攻撃、2死から3番畠中が四球を選び出塁すると、続く4番佐々木が外角の難しいボールを上手く捉え、開幕戦、初打席、チーム初ヒットがレフトフェンスを越える2ランホームランとなり鮮やかに先制!

2回以降は両先発投手が踏ん張り膠着状態が続く中、試合を再び動かしたのは山笠の攻撃。5回裏、1死から9番小田がセカンドエラーで出塁すると、1番井浦のライトへのヒットでチャンスを広げると、続く2番藤岡、3番畠中の連続2塁打などで2点を追加。

流れを完全に引き寄せ6回裏には5番高波がレフト前ヒット、6番桝崎が四球を選びチャンスを広げた場面で、今シーズンより新キャプテンに就任した7番馬場が右中間を深々と破る2点タイムリー3塁打を放ち点差を広げると、最後は1番井浦が7点目となるライトフェンス直撃のタイムリーを放ち6回コールドゲーム。

投げては先発三浦が四死球を与えるものの、2回以降1本のヒットも許さず投打がガッチリと噛み合い開幕戦を完封勝利で制しました!

<総括>

昨シーズンまで固定していた1番ショート浅尾の退部に伴い、新1番の座を掴んだのは、福岡六大学野球首位打者1回、ベストナイン3回の井浦。ショートのポジションには今季より新加入の福大準硬主将の豊福康太。井浦は長打を含む2安打1打点と結果を残し、豊福は安打こそ出なかったものの、守備機会では軽快な動きを披露した。

試合を決めたのは山笠の主砲4番佐々木!今シーズン初打席で本塁打を放つ離れ業をやってのけたが、確かに昨年も春先から絶好調であった。開幕にピタリと照準を合わせてくるのは流石。主軸としての責任感が人一倍大きい。

投げてはエース三浦が初回こそピンチを招いたものの要所を締め完封。四死球の多さは気になるところだが、初投げにしてはまずまずといったところ。三浦の実力からすれば及第点だが、4月のプライドジャパン福岡県予選には間に合わせてくるだろう。

投打がガッチリと噛み合い、見事開幕戦を勝利で飾りました。

スコア:7対0
バッテリー:三浦-高波
勝ち:三浦
本塁打:佐々木
3塁打:馬場
2塁打:井浦、藤岡×2、畠中
安打:井浦、高波
打点:佐々木×2、藤岡、馬場×2、井浦
盗塁:高波
四球:畠中、桝崎×2
※三振:佐々木、高波、馬場×2、豊福×2
MVP: 佐々木(先制2ラン)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。