スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビクトリー杯九州大会総括!

<ビクトリー杯九州大会総括>

歴史を塗り替えた!有言実行の九州大会決勝進出!過去2度跳ね返された九州大会準決勝の壁を突破し、遂にヤフオクドーム決戦の出場権獲得

試合を振り返ろう。先ずは第1試合、元プロ野球、読売ジャイアンツドラフト5位、九州のカブレラと呼ばれた高校通算61発熊本工業高校出身の山本選手等が所属する、昨年度準優勝チーム熊本県代表中村造園戦

この試合、先発に指名したのは左腕小田。小田は8日のリーグ戦で指先を裂傷し登板が危ぶまれていたが、1週間前に状態を確認し準々決勝での先発を伝えた。1ヵ月前には腰も痛めており多少の不安はあったが、この1ヵ月間整骨院に通い、前日には酸素カプセルに入り万全の状態で仕上げてきた姿はチーム先発の柱としての自覚の表れ。

心配された指先も回復し、いざマウンドに上がると福岡県代表の力をまざまざと見せつけた。伸びのあるストレートを主体にキレキレのカーブを織り交ぜ相手打線を翻弄。被安打1本を許したものの、2塁を1度も踏ませない憎らしいほどの快投。そして試合は準決勝を見据えプラン通り5回から三浦へ継投。

点差が少なければ小田続投も視野に入れていたが、三浦で4点差のリードはセーフティー過ぎるほどのリード。迷わずスパッと交代を決断できた。後を受けた三浦はエラーにより1点を失ったものの3回を投げ被安打0、自責点0と盤石の継投を披露しベンチの期待に見事応えた

一方、打線はこの試合5番に入った井浦の1回の表に放ったタイムリーで、流れを一気に引き寄せた。押し出しにより1点を奪った直後の打席で初球を完璧に捉えライトオーバーの2点タイムリー。

この状況、ただのタイムリーではない。九州大会初戦、初回、初打席の状況下、相手先発投手が1番3番4番に四球を与え不安定な立ち上がり。四球の後の初球を狙うのはセオリーだが、これほど不安定な投球の場合、自分も四球(押し出し)を選びたくなる色気を出しがちで、なかなか初球から積極的には行きにくいものだ。

が、しかし、昨季福岡六大学野球首位打者、福六大学野球ベストナインに3回も輝いた男にはそんなありきたりな常識は通用しない狙い澄ましたストレートを一発で完璧に仕留め、打球はライトの頭上を軽く越えた。この初回の3点でガッチリ流れを掴むと、その後1度も相手に主導権を渡すことはなかった。完勝!

そして、2試合をまたぎ15時~の準決勝の相手は、ディフェンディングチャンピョンのFlowers Time 藤山工業戦。準々決勝、小田を4回までで温存できたことで、先発は再び小田。前日までは準決勝は右腕三浦の先発を想定していたが、第2試合、Flowers Time 藤山工業の試合を見て、上位打線に左打者が多いこと、そしてなによりこの日の小田の好調を理由に準決勝も左腕小田を選択。

するとこの起用に見事こたえ、またも快投を披露。第2試合、第3試合を挟み4時間の間が空くスケジュールのため、調整が難しかっただろうが、6回を投げきり2試合連続勝利投手となった。小田は九州大会の大一番で2試合ともに先発し、9イニング被安打3、失点0と抜群の安定感であった。

打のヒーローは文句なしで4番佐々木。初回2死から畠中が2塁打で出塁した場面で、主導権を引き寄せる左中間を深々と破るタイムリー3塁打で流れに乗ると、3回には打った瞬間それと分かる超特大3ランホームランをレフトスタンドに豪快に放り込んでみせた!

この一打は読み勝ち。この場面、1死から2番浅尾が四球で出塁すると、相手バッテリーが執拗にランナーを警戒。浅尾に投じた牽制球は実に6球!盗塁を警戒するあまり、3番畠中にも粘られ結局四球を与えてしまったことで、俄然バッター有利な状況となった。準々決勝初回の井浦同様、四球の直後はストライクが欲しくなる心理を突き、甘いボールを見逃さなかった。

6回からは疲れの見え始めた小田に代わり、万を持してエース三浦を投入し、盤石の投手リレーかと思われたが、最終回下位打線に対しまさかの被安打2、1与四球で無死満塁。万が一に備え、小田をライトの守備に就かせていたので、再びマウンドに上げることも出来たが、ランナーを背負った後粘りの投球が三浦の真骨頂。ここは迷わず続投を決断したうえでタイムを取り間を取った。結果は1点を失ったものの、1死から左飛、捕飛でゲームセット!やはり信じて良かった!

最後はピンチを招いたものの、九州大会2試合を通じてほぼ完璧な試合運び。福岡県代表としてその実力を遺憾なく発揮出来たと言える。

さぁ、ヤフオク決戦!相手は沖縄県代表友進建装!予選最多数を勝ち上がってきたチーム。

決めよう。どっちが九州で1番強いチームかを!

IMG_6999-600x338[1]
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。