スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対焼鳥高陣!チームを救う1発!

10月18日9時~雁の巣5番球場、HOTリーグ第12戦、対焼鳥高陣

<戦評>

Bパート1位通過までマジック1として迎えたパート2位焼鳥高陣との一戦。先に主導権を奪いたいところでしたが、相手先発投手に抑え込まれ、打者一巡目ノーヒット

一方、リーグ最多勝を狙う山笠先発三浦も、3回まで被安打1本に抑える好投を披露し緊迫した投手戦に。

試合が動いたのは4回裏の高陣の攻撃。1死から5番がライトへの大きな当たりを放つと、この打球を下がりながら捕球態勢に入った石井雅でしたが、ボールは無情にもグラブからこぼれ3塁打(1ヒット1エラーかな。)となり1死3塁。

続く6番に四球を与えピンチが広がると、7番に高く弾むピッチャーへの内野安打を打たれ痛恨の失点。尚も1死1.3塁とピンチは続きましたが、ここで三浦が踏ん張り後続は打ち取り最少失点で試合は終盤へ。

1点を追う山笠は直後の5回、この回先頭の5番牟田口が四球を選び出塁するとすかさず盗塁、この場面で6番小久保がランエンドヒットとなるセンターへのチーム初ヒットを放ち無死1.3塁と同点、勝ち越しのチャンス到来!

しかし、7番石井雅がピッチャーフライ、8番石井康は三振、9番小田は四球を選び2死満塁で1番浅尾に打席が回るも、レフトフライに倒れ3者残塁無得点

5回が終了し0対1。敗色ムード漂う中、チームを救ったのはやはりこの男でした!前の試合でもド派手な一発を放った4番馬場が、2試合連発となる値千金のレフトへのソロホームランを叩き込み同点!

これで先発三浦が息を吹き返し、5回からラスト3イニングだけで5奪三振を奪うなど、7回を投げ抜き二桁11奪三振の好投で引き分けに持ち込みました!

※勝ち点1を重ねマジック0!2年連続のホットリーグ決勝トーナメント進出が“確定”しました!

<総括>

1対1の同点。勝ち点は1だが、勝ちに等しい引き分け。先制点を奪われ劣勢な展開のなか、ここ2試合4番に座った馬場が、ベンチの期待に見事応える2試合連続弾!!

決勝トーナメントでも対戦の可能性がある高陣相手に苦手イメージを持つ訳にはいかなかった。

尚且つ、勝ち点1を奪ったことでBパート1位通過が正式に確定!残り2試合を万一消化出来なくても決勝トーナメントに進出できるため、無理矢理ダブルヘッダーなどをする必要がなくなったのは、ビクトリー杯九州大会を前にして大きなアドバンテージだ。

さぁ、最終調整!来たる11月21日(土)22日(日)九州大会まで後わずか!

fukuoka_0927-600x424[1]

スコア:1対1
バッテリー:三浦―馬場
本塁打:馬場
安打:小久保
打点:馬場
四球:三浦、牟田口、小田
※三振:藤岡、三浦、石井康×2、小田
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。