スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対ハタックス戦!残り3試合を残し早くも…!

10月11日13時~社領南球場、HOTリーグ第11戦、対ハタックス

<戦評>

8勝2敗で迎えたリーグ第11戦、対ハタックスとの試合は左腕小田の先発予定でしたが、腰の違和感から急遽右腕三浦へ変更。この日、広島から帰福後即登板となった立ち上がり、3四死球で1死満塁といきなりのピンチを招くと、5番にレフトへの犠牲フライを打たれ先制点を献上

1点を追う打線は2回表、1死から5番牟田口がライトへの2塁打で出塁すると、2死となるも7番石井康が四球で出塁し2死1.2塁となった場面で8番小田がセンターへのタイムリーヒットを放ち同点!

更には9松原が四球を選び2死満塁となった場面で1番浅尾が逆方向となる左中間フェンスへ飛び込む満塁ホームランを放ち一気に逆転に成功。

尚も続く2番藤岡が振り逃げで出塁すると、すかさず盗塁を成功させ2塁へ進んだ場面で3番三浦がレフトのグラブをかすめるタイムリーヒットを放ちこの回一挙6得点

これで流れを引き戻したかに見えましたが、2回裏に8番打者にセンターへのソロホームランを浴び1点を返され6対2。

ここからは両投手が踏ん張り迎えた5回表、再び試合を動かしたのはこの試合4番に入った馬場のバットでした甘く入ってきたストレートを強振すると、高々と上がった打球はレフトの高く張られた防護ネットのはるか上を超える特大ソロホームランで7点目。

更には四球で出塁の牟田口が盗塁を成功させ1死2塁の場面で7番石井康がレフトへのタイムリー2塁打を放ち8点目。

点差が開いたことで6回からは継投策を選択。まずは今期初登板の石井康がマウンドへ上がり、打者3人を完全に封じるナイスピッチングを見せると、最終回は浅尾投入。2安打を浴び1点を失うも8対3で見事勝利しました!

<総括>

この試合の前日、三浦、藤岡、浅尾、玉城の福大4人が藤岡の地元広島で1泊2日の「西条酒祭り」で浴びるほど日本酒を飲もう(੭ु ›ω‹ )੭ु♡ツアーを決行!(仲良しか!)

翌日曜日に広島からレンタカーでそのまま社領南球場へ直接来ると聞いていたので(タフか!)、疲れを考慮し、先発は小田の予定であったが、小田がナゾの腰痛により登板回避を申し出たため急遽三浦が先発することに。

小田ちゃんも福大ですがハブられているわけではなく、土曜日焼き鳥山笠にてバイトのため欠席。m(*- -*)mゴメンネ

なので、今回の三浦の立ち上がり2失点は全くの想定内。むしろ、さぞ疲れているだろうに良くあれだけ投げられるなと感心した。

打線は馬場と浅尾にぞれぞれ一発が飛び出すなど、2桁10安打と好調をキープ!

この試合に勝利したことで勝ち点を27とした(残り3試合)。ペナントレースの行方は、マジック対象の現在2位の焼鳥高陣が残り2試合で現在勝ち点21のため、仮に2連勝してレギュラーシーズンを終えたとしても勝ち点27となるが、得失点差で大きく山笠クラブが上回るため、早々と事実上のパート1位通過が決定!

※現在山笠クラブ得失点+66点!!高陣は+23かな!?

今年は獲るよ!ヤフオクドーム出場権(ビクトリー杯)+HOTリーグ優勝を (゚ー゚*)。・:*:・メザセ2冠!


スコア:8対3
バッテリー:三浦→石井康→浅尾―玉城
勝ち:三浦
本塁打:浅尾、馬場
2塁打:牟田口、石井康
安打:三浦、馬場、玉城×2、小田、松原
打点:浅尾×4、三浦、馬場、小田、石井康
盗塁:藤岡×2、牟田口
四球:藤岡、牟田口、石井康、松原×2
MVP :浅尾(逆転満塁弾!)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。