スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビクトリー杯準決勝、対パワーズ戦!采配ズバリ!

7月26日13時40分~あんずの里球場、ビクトリー杯準決勝、対パワーズ戦

<戦評>

2年連続の福岡県大会決勝進出をかけ行われましたビクトリー杯準決勝、対パワーズとの試合。台風の影響から開催が危ぶまれましたが、当日はうだるような暑さをもたらすほどの快晴。

先攻の山笠は初回、1番浅尾が1.2塁間に転がった平凡な打球を、快足をとばし内野安打で出塁するも、直後の2番藤岡の初球にリレードスチールを試みましたが盗塁失敗で初回無得点。

山笠の先発は1週間前のプライドジャパン準決勝2回途中降板の汚名返上に燃える三浦でしたが、1回裏先頭打者を打ち取るも2番にセンター前ヒットを許し、3番のショートゴロの間に2塁への進塁を許すと、続く4番のセンターへ抜けそうな打球をセカンド浅尾が好補するも、難しい体勢からのファースト送球が悪送球となり、ボールがファールゾーンに転がる間に2走ランナーが生還し1失点

追い付きたい打線は直後の2回表、1死から5番桝崎が死球で出塁すると、6番井浦はショートフライに倒れるも、7番馬場、8番牟田口が連続四球を選び2死満塁の場面で、9番大坪が粘って四球を選び押し出しとなり1対1の同点。尚も2死満塁と一打逆転の場面でしたが、1番浅尾は代わった2番手投手から三振を喫し3者残塁と勝ち越しはならず。

序盤に1点ずつを取り合いましたが、ここから両投手が踏ん張り試合は膠着状態に。試合開始から1時間20分が経過しエキストライニング突入がチラつくなか、再び試合が動いたのは最終回6回表

1死から5番桝崎がセカンドエラーで出塁した場面で代走松原を起用すると、続く6番井浦が捉えた打球は鋭い左中間へのツーベースヒット!このあたりで代走松原が1塁から一気にホームへ生還し土壇場で遂に均衡を破る勝ち越しに成功!

最後は、初回以降ランナーを許しながらも粘り強く投げてきた三浦が、2死から四球を与えたところで満を持して抑えの小田を投入すると、代打の9番バッターを1球でピッチャーゴロに仕留め、小田はトスすることなくそのまま全速力でファーストベースを駆け抜け試合終了!

見事2対1の逆転勝利で2年連続の決勝進出を果たしました!
fukuoka_0727-600x424[1]
<総括>

苦しみながらも決勝進出!

3番畠中(社会人野球JR九州)、4番佐々木(社会人野球伯和ビクトリーズ)、5番桝崎(九州東海大学4番)、6番井浦(福岡大学現役4番)と超豪華クリーンアップを形成し挑んだ試合であったが、相手投手を打ちあぐね辛勝。三浦を楽に投げさせてあげたかったが、決着は最終回までもつれこんだ。

決勝点の場面、6回表1死から指名打者5番桝崎がセカンドエラーで出塁した場面で、イニングから逆算し、もう1度桝崎に打席が廻ることはないと判断し代走オレ(松原)を起用。この采配がズバリと決まり、続く6番井浦が値千金の左中間への2塁打を放つ間に松原が激走し喉から手が出るほど欲しかった勝ち越し点を奪取!

我ながら良く走ったが、何よりも素晴らしいのは井浦の一撃!あの場面で打てる集中力は流石!

そして見事なリベンジ登板を果たした三浦にも賛辞を送りたい。決して調子は良くなかったものの、1週間前の不甲斐ない自分と決別するべく、猛烈な暑さのなか気合いで腕を振り続け、6回3分の2を投げ被安打3、与四球3の失点1(自責点0)と、先発としての責任を全う!エースはやはり三浦であることの証明を実力で示してみせた!

さぁ、宣言通り、昨年と同じ舞台までたどり着いた。忘れ物を“取り”に行こう1枚しかない福岡県代表の切符を“獲り”に

スコア:2対1
バッテリー:三浦→小田ー藤岡
勝ち:三浦
セーブ:小田
2塁打:井浦
安打:浅尾
打点:大坪、井浦
四死球:藤岡、桝崎、馬場、牟田口、大坪×2
MVP: 井浦(決勝タイムリー2塁打)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。