スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対ワンビックファミリー!痛恨のエラーでサヨナラ。

6月28日9時~山王球場、HOTリーグ第7戦、対ワンビックファミリー

私用のため欠席しましたが、監督代行馬場がまとめてくれた試合結果をお知らせします!

<戦評>

今期現在全勝、昨年のHOTリーグ覇者ワンビックファミリーとの一戦は先攻を選択し、初回2死1.2塁、2回表2死満塁のチャンスを作るも、後1本が出ず4回まで無得点。

一方、山笠先発の三浦も粘りの投球を見せ、4回までを被安打2本無失点の好投を見せた。

試合が動いたのは5回表、1死後、2番藤岡がショート内野安打で出塁すると、3番井浦の打球は高々と右中間へ上がりフェンス直撃!クッションボールの間に藤岡が激走し、1塁から一気に生還し待望の1点を先制!

時間の関係で5回裏が最終回と宣告され、三浦を継投させるも劇的な展開が…。

先頭をサードフライに打ち取るも、ここから2者連続の四死球を与えたところでタイムを取り声掛け。「あと二人だから頑張れ」と激励し、続く打者をセンターフライに抑えツーアウトまでこぎ着けるも、次打者に四球を与え2死満塁。対するは前2打席を共に三振と完璧に抑えていた4番打者!

ここでストレートを投じ、フラフラと打った打球はライトのを守る石井の前へ。石井が重たい足を懸命に動かし前進するも20cm以上届かず無情にも打球はライト後方へ。その間に2者が生還し、1対2でサヨナラ負けを喫しました。

<総括>

三浦のスタミナの問題も懸念材料ではあるが、試合前、サードを守る予定であった牟田口が、バイト中に事故により、右手親指を負傷していたことが発覚。本人は出場を志願しプレーするも、送球に支障をきたしていたため、途中交代となり控えが不在になったことも敗因の一つ。

牟田口の怪我による交代で、配置転換に悩んだ場面があった。これから夏場に入り、気温も上がり各選手の体力面も含め、来週以降の戦術に頭を悩ませそうだ

スコア:1対2
バッテリー:三浦-高波
負け:三浦
3塁打:井浦
安打:浅尾、藤岡×2、井浦、瀬川
打点:井浦
盗塁:佐々木
四球:高波
※三振:高波×2、牟田口、三浦
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。