スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プライドジャパン甲子園大会2回戦!対ボーイズ戦!終盤に落とし穴。

6月21日9時~筑豊緑地球場、プライドジャパン甲子園大会2回戦、対ボーイズ戦

<戦評>

プライドジャパン甲子園大会福岡県予選2回戦で対するは、1回戦でバンディッツを敗り2回戦へと駒を進めた全軟B級所属、平均年齢20代前半と若さ溢れるボーイズとの試合。

リリーフエースの小田が欠場のため、あえて後攻を選択し、先発のマウンドに上がったのは三浦。初回、1、2、3番を3者凡退に抑え流れを引き寄せると、1回裏、ここ2試合1安打ずつに押さえ込まれた打線が奮起

まずは先頭の1番浅尾が四球を選び出塁すると、2番藤岡がライトオーバーのタイムリー2塁打を放ち、1塁から一気に浅尾が生還し鮮やかな速攻で1点を先制すると、その後2死となるも、5番桝崎、6番高橋が連続四球を選び2死満塁。このチャンスで打席に入った7番馬場が、流れを完全に引き寄せるレフトスタンドへの豪快な満塁ホームランを叩き込み4点を追加!

更に2回にはこの回先頭の9番三浦が1.2塁間をやぶるライト前ヒットで出塁すると、続く1番浅尾が四球を選び無死1.2塁。2番藤岡はショートフライに倒れるも、3番畠中の大きなライトフライの間に2走の三浦が3塁へタッチアップし2死1.3塁、打席に4番佐々木が入った場面で1走浅尾が盗塁を試みると、これを刺しにきたキャッチャーからの送球をショートが弾く間に3走三浦がホームを駆け抜け6点目

3回表に四球で歩かせた先頭のランナーを犠牲フライにより1点を返されるも、6対1とセーフティーリードで迎えた終盤に思いもよらない展開が待っていました。

5点差で迎えた5回表、この回先頭の7番をサード内野安打で出塁を許すと、ここまで被安打内野安打僅か2本とつけ入る隙を与えなかった三浦が突如乱れ、8番、9番に連続四球を与え無死満塁。たまらずタイムをかけ間をとるも、更に続く1番にも四球を与え押し出しとなり6対2。

ここで三浦を諦め、ショートを守る浅尾へと継投を選択。三浦はファーストに入り、桝崎がファーストからサード、牟田口がサードからセカンド、馬場がセカンドからショートに守備位置を変更し無死満塁で迎えるは2番打者。このピンチの場面でマウンドに上がった浅尾はキレのあるストレートを投げ込み強心臓ぶりを発揮するも、2番の打ったピッチャー返しの打球は浅尾のグラブをかすめセカンドへ。

この高く弾んだ打球をセカンド牟田口が捕球するもファーストへの送球を焦り暴投となり、ボールがファールゾーンを転がる間に2者が生還し6対4。続く3番の打球はセカンドライナーとなるも、このライナーを牟田口が落球、すぐに拾いなおしファーストへ送球するもまたしても暴投となり無死1.3塁。

ここで流れを変えるべく動揺を隠せない牟田口を定位置のサードに戻し、サードの桝崎をキャッチャー、キャッチャーの藤岡をセカンドへコンバート。この最大のピンチで続く4番をショートフライに打ち取り1死を奪うも、5番にセンターへの犠牲フライを打たれ6対5となり遂に1点差

更に6番には四球を与え2死満塁と1打逆転の場面を迎えるも、最後は7番打者に渾身のストレートを投げ込みセカンドフライに打ち取り3者残塁、6対5でゲームセット!最終回、四球で許したランナーをタイムリーエラーで返し4点を失ったものの、辛くも1点差で逃げ切り、福岡県ベスト4へと駒を進めました!

<総括>

野球にセーフティーリードはないと改めて気付かされた。打たれて追い上げられたのではなく完全に自滅。四球を連発しタイムリーエラーの悪循環。油断はなかったつもりだが、最終回5点という点差がどこか緊張感を失っていたのかもしれない

この試合、初回に2番藤岡のライトオーバーのタイムリーで幸先良く先制すると、立ち上り制球の定まらない相手投手をなおも責め立て7番馬場の満塁弾!あの場面、2死2塁から2者連続の四球となり、初球もボール。押し出しを絶対に与えたくないバッテリー心理を読み取り、球種をストレート一本に絞り、ど真ん中のストレートを一振りで仕留めた馬場の一打!打球は美しい放物線を描きレフトスタンドへ吸い込まれた。

この後2回にも1点を追加し6対0。後1点でコールドゲームの展開からまさかの辛勝。野球はなにがあるか分からない。しかし、逆を言えばあの悪い流れのなか良く勝ちきったともいえる。押し出しを与え6対2となり尚も無死満塁。ここでのタイミングで決断した浅尾への継投が勝因だろう。浅尾には「塁上のランナー3人は全て返してもいいから、打者に集中し4点目を与えなければOK!」と声をかけた。

すると、緊急登板のも係わらず、ストライク先行のピッチングでベンチの期待に見事応えた。エラーさえなければ2番のセカンドゴロの間の失点1でなんなく抑えていた投球内容であった。

さぁ、これで福岡県ベスト4進出。準決勝の対戦相手は、ビクトリー杯1回戦で接戦を制したHEATとの再戦か、HOTリーグでともにしのぎを削るSuoer Plaronicsとの対戦か。どちらが勝ち上がっても強敵だが、相手は関係無い。いつも通り山笠クラブの野球をやるだけ。そうすれば結果は自ずとついてくる。

後2勝!勝ち上がってみせる!

スコア:6対5
バッテリー:三浦→浅尾―藤岡→桝崎
勝ち:三浦
セーブ:浅尾
本塁打:馬場
2塁打:藤岡×2
安打:馬場、三浦
打点:藤岡、馬場×4
四死球:浅尾×2、畠中、桝崎、高橋、牟田口、三浦
※三振:佐々木、牟田口
MVP :馬場(満塁弾!マルチ安打)

↑全面人工芝の筑豊緑地球場!素晴らしい球場!
1435135315723.jpg
↑試合開始前にアップするエース三浦
1435135290605.jpg
↑試合開始前アップの様子。右に映るのは先制タイムリーを放った藤岡
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

応援してます!!
もしも、もしも、決勝が山笠クラブ対レッドチェイサーだったら、レッドチェイサー応援しますけど(笑)

No title

コメント有難うございます!
決勝で対戦出来たら最高ですね!まずはお互い準決勝頑張りましょうv-91
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。