スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プライドジャパン甲子園大会1回戦!対Nissho野球部!

6月14日9時~春日公園野球場、プライドジャパン甲子園大会1回戦、対Nissho野球部

<戦評>

プライドジャパン甲子園大会1回戦、対Nissho野球部との試合は戦前の予想通り、1点を争う緊迫した投手戦となりました。

先攻の山笠は初回、1死から2番藤岡が四球で出塁すると、3番井浦のファーストゴロの間に2塁へ進み2死2塁。続く4番佐々木が死球で2死1.2塁とするも、5番畠中がピッチャーフライに倒れ無得点。

2回以降は球威のあるストレートをコーナーに投げ分ける相手投手を打ちあぐね、チャンスすら作れない展開のなか迎えた5回表、1死から8番高波が四球を選び出塁すると、9番三浦が初球セーフティバントを試みるもファール。ワンストライクからバスターに切り替えるも空振りで追い込まれるも、ここでもバスターを試み3塁線を破るチーム初ヒットとなるレフト前ヒットで1死1.2塁とチャンス拡大

続く期待の1番浅尾はいい当たりを放つもレフトの好守に阻まれ2死となり、2番藤岡はファーストゴロで2者残塁と得点が奪えない苦しい展開

一方、山笠先発の三浦も一歩も譲らない熱投を披露し、強打Nissho野球部打線を相手に与四球5つを与えるも、6回3分の0を投げ、被安打僅か2本、失点0に抑えエースとしての責任を全う

最終回となった6回裏、三浦が先頭の4番に四球を与えた場面で、万を持して左腕小田を投入すると、5、6、7番を見事に打ち取り6回終了、互いに一歩も譲らず0対0で延長戦へ突入!

タイブレークの延長戦は特別ルール、打者、走者を自由に選べる1死満塁からのスタート。3塁に上岡、2塁に藤岡、1塁に三浦とスピードのある走者を配置し、打席には3番井浦を指名!その初球、打球は大きな弧を描きレフトへ上がると、上岡が悠々タッチアップし1点を奪取!続く打者には1番浅尾を指名すると、2死1.2塁から見事期待に応えるセンターへのタイムリーヒットで二走の藤岡が一気に生還し2対0

2点のリードを奪い迎えた延長最終回、マウンドには引き続き小田が上がり1死満塁から対するは初回にレフト前ヒットを打たれている3番打者。この緊迫した場面で、1ボール2ストライクと追い込むも、決め球のストレートをライト前へ運ばれ1点を返され、尚も1死満塁。続く4番打者は当たりの強いファーストゴロに打ち取るも、この打球を井浦が弾きバッターランナーはアウトにするも三走が生還し2対2の同点

続く打者に四球を与え2死満塁と、一打サヨナラのピンチを招きましたが、最後は渾身のストレートを投げ込みピッチャーフライに打ち取り試合終了。延長の末2対2同点、規定により勝敗は最終回終了時守備に着いていた9名によるジャンケン(5勝先勝制)によって決められました。

【ジャンケン勝敗】
1.小田○
2.高波○
3.井浦×
4.藤岡×
5.牟田口○
6.浅尾○
7.佐々木×
8.畠中○
9.三浦―

見事5勝3敗で勝利し、2回戦進出を決めました!

<総括>

宣言通り、福岡2強撃破!2週連続タフな試合であったが、接戦を共にものにし連勝!昨年のテニス全米オープンベスト4進出時に錦織圭選手が記者会見で語った言葉をここで引用したい。 「勝てない相手はもういないと思う」

決してビッグマウスではなく「経験と結果が導き出す言葉」であり、何の裏付けもなく言える言葉ではないが、あえて言いたい。それだけのことをこの2週でやってのけたのだから!

この試合も1安打に抑えこまれ強打はなりを潜めたが、相手打線も2安打。与四球が多かった分、ピンチを迎える場面もあったが、野手全員で守り抜き得点は与えない。ランナーを出しながらも粘り強く投げるのは三浦の真骨頂であり、プレッシャーのかかる最終回と延長タイブレークで好投を見せた小田にも最大の賛辞を送りたい

特に2対2の同点となった後四球を与え2死満塁。続く打者にも四球を与えると押し出しサヨナラとなるピンチの場面でカウントノーストライクツーボール。このハイプレッシャーの局面から3球目低め一杯のストライクを投げ込む度胸!そして渾身のストレートを詰まらせピッチャーフライ!素晴らしい!

打っては延長で打席を託した井浦、浅尾が見事期待に応えた。井浦は1死満塁から初球を叩きレフトへの犠牲フライ。この場面で一番やってはいけないのはダブルプレー。井浦は球種をストレート一本に絞り、逆方向へ逆らわないバッティングで犠牲フライ。そして続く浅尾もストレートを捉えセンターへのタイムリー。

継投、タイブレークでの指名打者と起用した選手が結果を出しズバリ采配的中。試合に参加したみんな、素晴らしい試合を有難う! 「勝てない相手はもういない!」さぁ、福岡を獲りに行こう!

スコア:0対0(延長戦2対2)
バッテリー三浦→小田―:高波
勝ち:小田
安打:三浦、浅尾(延長戦)
打点:井浦(延長戦)、浅尾(延長戦)
四死球:藤岡、佐々木、高波、畠中
※三振:浅尾、藤岡、馬場×2、高波、三浦
MVP :三浦(5回零封、ノーヒットノーランを阻止する唯一の安打)
fukuoka[1]

s_fukuoka[1]
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。