スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対福岡オリオンズ戦!ホームラン6発で快勝!

5月24日13時~舞鶴球場、HOTリーグ第5戦、対福岡オリオンズ

<戦評>

3勝1敗で迎えたリーグ第5戦、対福岡オリオンズとの試合は本塁打に関して記録づくめの試合となりました!

試合序盤は、この日ダブルヘッダー1試合目を8対1で勝利し勢いに乗る福岡オリオンズ打線を、先発の三浦が初回を3者凡退に抑えるも、2回の表にタイムリーとファースト高橋のフィルダーズチョイスにより2点を先制される展開

追いつきたい打線は直後の2回裏、ここまで初回の1番牟田口から5番高波まで完璧に抑えられていましたが、2死から6番浅尾が相手先発スリークオーター投手の真っ直ぐを捉え、反撃の狼煙を上げるセンターへのソロホームランで1点を返すと、続く3回に山笠クラブの歴史を塗り替える本塁打記録が生まれました。

1死から9番三浦が野手顔負けの左中間へのソロホームランで同点とすると、2死となるも、好調2番藤岡がライトへの2塁打で出塁した場面で、3番高橋が打った瞬間それと分かるレフトへの特大2ランホームランで逆転に成功。尚も続く4番佐々木が右中間への2者連続ホームランで5対2と突き放すと、興奮冷め上がらない中、続く5番高波がなんとなんと3者連続、このイニング実に4本目となるレフトへのホームランで6対2。

完全に勢いづいた打線は続く4回、1死から1番牟田口がセンターへの2塁打で出塁すると、続く2番藤岡が四球を選び、それぞれ単独で3盗、2盗を成功させ、1死2.3塁とチャンスを演出した場目で、前の打席特大本塁打の3番高橋がこの試合4打点目となるセンターへの2点タイムリーヒットを放ち8対2。

コールドまで残り1点となり、最後は6回1死から、5番高波がこの試合2本目となるレフトへのホームランおかわり弾を突き刺し9対2となりゲームセット。

投げては先発の三浦が、2回に2点(自責1点)を失ったものの、その後は6回までを無四球、被安打僅か1本と抜群の安定感を見せ4勝目投打がガッチリと噛み合い勝ち点3を積み上げBパート首位をキープしました!

<総括>

三浦からの、クリーンアップ3番高橋、4番佐々木、5番高波弾!3者連続を含む驚愕の1イニング4発のホームラン固め打ち!2回には浅尾がソロ、最終回となった6回裏は高波が2本目のホームランで、この試合打ちも打ったり実に6発の乱れ打ち!

来月からトーナメントが始まるここに来て、野手が見事な調整をみせ調子を上げてきた。流石!この試合、ホームランに目がいきがちだが、先発メンバーのうち8人が安打を放っている点も重要。相乗効果で、皆の調子が上向いてる証拠だ。

開幕からここまで5試合を消化し、得点28に対し失点10なので、1試合平均5.6得点、平均失点は2点。この失点2は総失点からの平均であり、自責点で換算すると防御率は実質1点代に下がる。もちろんこの素晴らしい防御率はエース三浦!

さぁ、2015年山笠クラブ整いました!投高打高隙はない来週のハタックス戦で最終調整からのトーナメント突入!行くぜ!山笠クラブ!

スコア:9対2
バッテリー:三浦―高波
勝ち:三浦
本塁打:浅尾、三浦、高橋、高波×2、佐々木
2塁打:牟田口、藤岡、浅尾
安打:藤岡、高橋、大坪、三浦
打点:高橋×4、佐々木、高波×2、浅尾、三浦
盗塁:牟田口、藤岡
四球:藤岡、高波、大坪
※三振:牟田口、佐々木、石井雅×2
MVP :高橋(逆転2ラン含む4打点)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。