スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対テクニカル福岡戦!桝崎驚異の2ホーマー6打点!

5月10日15時~箱崎球場、HOTリーグ第4戦、対テクニカル福岡

<戦評>

2勝1敗で迎えたリーグ第4戦、対テクニカル福岡との試合はいきなり初回から動きました。1回の表を3者凡退に抑え、後攻の山笠の攻撃は先頭の1番牟田口が三振を喫するも、好調2番藤岡が高々と上がるライトへのエンタイトルツーベースで出塁すると、続く3番畠中が四球で繋ぎ1死1.2塁とした場面で、この日欠場の佐々木に代わり4番に入った桝崎が流れを一気に引き寄せるライトへのスリーランホームランで初回3点を先制!

投げては先発の三浦が4回までを被安打1本に抑える好投見せるも、疲れが見え始めた5回表に先頭の8番にツーベースを打たれると、1死2塁から1番打者にセンターへのタイムリーを許し3対1

三浦を援護したい打線はその裏、2死から2番藤岡が四球を選び出塁すると、すかさず盗塁を成功させ2死2塁。この場面で3番畠中が四球を選び2死1.2塁となり、初回と同じようなチャンスの場面で4番桝崎がゆっくりとバッターボックスへ。

そして期待を一身に背負い捉えた打球は美しい放物線を描きながらグーーンとライトポール方向へ。ライトポールを切れるか、巻くか。主審がグルグルと腕を回した瞬間、ベンチ総立ちなんとこの日2本目のスリーランホームランで1対6。

最終回の6回表に3イニング連続となる先頭打者に2塁打を許し、9番にタイムリーを浴び2対6となるも、最後は2死満塁からのショートゴロを馬場が倒れこみながら好補しセカンドホースアウトとしゲームセット。三浦の粘りの投球と、4番桝崎の3打数3安打、全打点となる2ホーマー6打点の活躍で見事勝利しました!

<総括>

これぞ4番の働き!ホームランおかわりで6打点!元来スラッガーではあるが、未だ全く衰え知らず。一発が欲しいときに一発が打てる、いや、2発打てる!これがまさしく主砲。この主砲がうちには畠中、佐々木、桝崎。左!右!左!と3人いるのが打の最大の魅力

このクリーンアップの前後がまた大事になってくるが、前を打つ2番藤岡が、今シーズン4割超えのハイアベレージで好調をキープ。後は1番に誰が収まるかがポイント。過去の実績を考え高村か、足と一発のある馬場か、牟田口か。トーナメント初戦まで残り1ヵ月。1番の座を掴む争いから目が話せない

スコア:6対2
バッテリー:三浦―藤岡
勝ち:三浦
本塁打:桝崎×2
2塁打:藤岡:
安打:藤岡、桝崎、石井雅
打点:桝崎×6
盗塁:藤岡×2
四球:藤岡、畠中×2、三浦
※三振:牟田口、馬場、大坪、安森
MVP :桝崎
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。