プライドジャパン甲子園大会!

ここ数年、リーグ戦と並行しマルハンドリームカップビクトリー杯2つの全国大会オープントーナメントに出場する体制をとってきた。過去には、西日本軟式野球決勝大会や、西日本審判協会主催各リーグ選抜トーナメント大会等にもエントリーしてきたが、大きな違いは勝ち上がった際、全国大会まで行けるのか、福岡県優勝止まりなのかという点。やはり、“全国大会へ向けて”というのが大きなモチベーションだ。

更には、九州大会の決勝戦や、全国大会で使用する球場なども大きな魅力。マルハンは九州大会決勝がヤフオクドーム、全国大会は東京ドーム。ビクトリー杯は九州大会決勝がヤフオクドームで、全国大会は大阪ドーム。このドーム球場での試合は野球人なら誰しも経験したい場所(聖地)。

ということで、毎年マルハンにエントリーしてきたのだが、なんと今年は開催しないらしい。代わりにスポンサーが変更され、第1回ゼビオドリームカップなるものが開催される模様。はて、どうしよう。既にビクトリー杯へのエントリーは完了しているため、後1つをどうしようかと思案していたところ。

header[1]

他に魅力的な大会がないか調べてみると、「全国草野球サイトプライドジャパン」なる組織を発見!このサイトが運営する大会はいくつもあり、その1つにプライドジャパン甲子園大会というトーナメントがあり、東日本大震災復興事業の一環として東北地方での開催からスタートし、年々規模を拡大しながら開催。昨年の2014年大会には全国各地から315チームが参加し甲子園を目指すという大会。素晴らしい

44_20150319125244_14254taikaiimage2[1]

早速プライドジャパンサイトへエントリー完了!すると新規エントリーチームとして山笠クラブがトップ画面に登場してる!後は出場したい大会へ申し込むだけだが、第1回ゼビオドリームカップにするか、プライドジャパン甲子園大会にするかメンバーに相談してみよ。

現在の山笠クラブメンバーの中で高校野球で甲子園出場経験があるのは、高波(熊本工業高校)、敷根(熊本工業高校)、大坪(佐賀東高校)、井浦(西日本短期大学附属高校)の4人のみ。羨ましい。甲子園で野球がしたい!土を持って帰るくだりして~。

フラッシュ用甲子園募集[1]
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR