対九州古賀戦!投打が噛み合い今期初勝利!

3月15日15時~雁の巣9番球場、HOTリーグ第2戦、対九州古賀

<戦評>

スージーズとの開幕戦に敗れ迎えたリーグ第2戦はこの日ダブルヘッダーの九州古賀との戦い。
13時~の新加入oldスラッガーとの第1試合をコールド勝ちして勢いにのる九州古賀打線を抑えるべく先発のマウンドに上がったのはエース三浦。初回、1番2番を連続三振に打ち取ると、2回まで1人のランナーも許さない完璧な立ち上がりを披露

三浦を援護したい打線は2回、6番安森、7番大坪が連続四球を選び出塁すると、8番三浦の場面で1塁大坪が飛び出し挟殺プレーになるも、これが送球エラーとなる間にそれぞれランナーが進塁し無死2.3塁とチャンス拡大。しかし8番三浦、9番石井康、1番高橋が倒れ無得点

ビックチャンスを逃した直後の3回表には三浦が制球を乱し先頭から2者連続四球を与えこちらも無死2.3塁のピンチを迎えるも、後続を打ち取り互いに得点を許さない緊迫した展開

試合が動いたのは3回裏、この回先頭の3番井浦が1塁線を痛烈に破る2塁打で出塁すると、続く4番佐々木が打った瞬間それと分かるレフトへのツーランホームランで2点を先制すると、続く3回にはこの回先頭の8番三浦がレフトオーバーの2塁打で出塁すると、2死となるも、2番藤岡がセンターオーバーのタイムリー2塁打を放ち貴重な追加点を奪取。

勢いにのる打線は更に5回、この回先頭の4番佐々木がこの回から代わったピッチャーからレフトへの2塁打で出塁すると、続く5番馬場もレフトへのタイムリー2塁打、続く6番安森が四球を選びチャンスを広げると、7番大坪が1.2塁間を破るライトへのタイムリーで6点目。この後2死となるも、最後は1番高橋のショートゴロをファーストがエラーする間に大坪が7点目のホームを踏み5回コールド勝ち

三浦は参考記録ながら、5回を投げ4与四球もノーヒットノーランを達成しました!

<総括>

煮え切らない展開を打破したのは4番佐々木の一撃!相手ピッチャーが投じた緩いカーブをギリギリまで引きつけフルスイングした打球は、レフトの頭上をはるかに越え隣の球場のセカンド付近に着弾する超特大ホームラン!この一発で火が点いた打線はチーム7安打中6本が長打と重量打線の本領を発揮。開幕戦とは打って変わり、タイムリー4本と要所で打線が機能しました。

一方、先発の三浦は参考記録ながら早くもノーヒットノーランを達成。時折コントロールを乱す場面があるものの、球威、キレは開幕2戦目としては上々。本人はまだまだと語るも、このまま順調に調子を上げていけば、夏には手が付けられなくなっているであろう。

三浦のノーヒットノーラン等の快投はもはや珍しいことではないのだが、今回注目すべきは捕手が藤岡という点。これまでの記録を作ってきた試合でバッテリー組んでいたのは全て高波であったが、今回は藤岡。これはチームにとっても大きな収穫。捕手が変わることでパフォーマンスが変わるのは当然だが、パフォーマンスを落とすことなく力を発揮出来るのは、投手としての総合力の高さだ

この背景には当然藤岡のセンスが光る。高校時代捕手経験があるものの、本来は内野手でありそのブランクは否めないが、リード、キャッチング技術が試合毎に向上しているのが分かるし、ワンバウンドの変化球を後ろに逸らす回数が圧倒的に減少している

これにより三浦は思いきり決め球にスライダーを投げ込めるわけだ。そして藤岡の最たる魅力は肩。取ってから早いというより、自肩が強くコントロールが素晴らしい。毎回、試合の序盤で盗塁を刺すので、その後相手チームが足を使ってこなくなるケースが多く、これは三浦が走者をあまり気にせず投げられる大きな要因だ。高波or藤岡と2つの捕手オプションを持つことの意味は大きい

さぁ、投打ががっちり噛み合い完勝!2戦目にしては上出来。今大事なのは内容、内容さえよければ結果もついてくる

スコア:7対0
バッテリー:三浦-藤岡
勝ち:三浦
本塁打:佐々木
2塁打:井浦、藤岡、三浦、佐々木、馬場
安打:大坪
打点:佐々木×2、藤岡、馬場、大坪
盗塁:馬場
死四球:井浦、佐々木、高橋、安森×2、大坪、馬場
※三振:馬場、石井康、高橋、安森
MVP :佐々木(先制2ラン)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR