スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

松坂世代としてのラストチャンスを掴む!

【趣味】を辞書で調べてみると、「仕事・職業としてでなく、個人が楽しみとしてしている事柄」とある。なるほど。野球は間違いなく趣味だな、と思う。

しかし、その趣味の捉え方は人それぞれだ。“野球をプレイすること”イコール“楽しい”はもちろんだが、試合をしている以上勝たなければ楽しさは半減する。更にはただ勝つだけではない、1回の負けも許されないトーナメントで勝ち続けること(全国大会出場)に毎年主眼を置いている。

とはいえ、ここ数年後1歩のところで足踏みが続き、気付けば創部当初の初期メンバーは34歳。これから徐々に若手選手へシフトしていけばチームとしてはいつまでもチャンスはあるだろうが、私と同世代の初期メンバーが実力を発揮し現役として全国で輝ける猶予はそう残されていないだろう。大半の同期メンバーが家庭を持ち、仕事でも重要なポストに就き野球に割く時間が限られているのは勿論理解出来る。

ただ、このままダラーっと真剣な勝負の世界から離れていくのはあまりに寂しい。先にも述べたように自分の力でチームを牽引出来る期間はそう残されていない。プレイすることイコール“楽しい野球”はこの先いつまでも続けられる。だからこそ、今年はやろう!

ここ数年不確立だった先発の柱には三浦がエース格へと成長し、今期は全試合投げる意気込みを見せている。三浦の先発でかなり失点は減らせるはず

私が再三にわたり三浦を推すのは理由がある

たとえば、初球の入り方、用心深さ、変化球でカウントを奪える技術、3球で打者を追い込む球威とコントロール、3ボールになってからの粘り、勝負球の威力。さらに、先発して長いイニングを投げる場合、まず立ち上がりのボールがどれだけ指にかかっているか、セットポジションでも球威が変わらないか、球種を変えたときに変化が甘くならないか、そして根気強さ……。数え上げればキリがないが、監督として“投手を見る”というのは、そういうことだ

この多くのポイントにおいて三浦は期待を超えてくる素材ということ。いいピッチャーというのは、マウンドを大きく使う。自分の部屋にいるように。打者を威圧するようにマウンドを降りて捕手からの返球を捕りにいったり、マウンド後方に下がって、ひと息入れてみたり。マウンドで思うように動いて、思うように使う。三浦はその代表格みたいなもの。彼はマウンドにいるだけで周囲を圧倒できる。そういう雰囲気を持っている。キャリアの浅い投手は、プレートの上で固まってしまうが、そんな姿は皆無だ。 「モノが違う」

野手には藤岡、井浦が加わり内野の底上げは一目瞭然。この若手野手がもたらす影響は他にもある。昨年、この3人の他にも浅尾や若林といった現役大学生野手が山笠のユニフォームを着て数試合プレイしたのだが、彼らに共通して感心するのはヒット時よりも凡打時

凡打では走らない野球に慣れてしまっていたが、そんな野球はお遊びだと気付かされた。彼らは現役として一生懸命練習してきて、それで培ったスイングで打った打球だから、たとえ凡打であっても自然と全力疾走していた。打球に執着心があり、『ヒットにしたい!』という気持ちの表れではないか。

結果にしか興味を持たなくなると走らなくなる

年齢のせいではない!野球は個人種目じゃなく団体競技、野球が大好きなら走ろう!凡打でも!チームのために!

この若手を加えて迎える新シーズン!もう1度輝こう!10年振りに全国へ!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。