スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対福岡オリオンズ戦!3人の投手で完封リレー!

10月26日13時~上月隈第2球場、HOTリーグ第10戦、対福岡オリオンズ

<戦評>

残すところレギュラーシーズン残り3試合となりました第10戦、対福岡オリオンズとの試合、先攻の山笠は2回、2死満塁と絶好の先制のチャンスを迎えるも、9番石井康が空振り三振に倒れ3者残塁

しかし、続く3回この回先頭1番浅尾が内野安打で出塁した場面で、2番高橋のセカンドゴロにより浅尾がセカンドフォースアウトとなりランナーが入れ替わると、ワイルドピッチで1死2塁。このチャンスで、3番馬場は空振り三振に倒れるも、続く4番佐々木が捉えた痛烈な打球は快音を残しセンターへこの当たりで高橋が2塁から一気に生還し1点を先制

一方先発マウンドへ上がったのは、春先以来の登板となった石井康。ブランクから不安視された立ち上がりも、キャッチャー藤岡の好リードにより初回、2回と三者凡退に抑えるピッチングを披露。

しかし、無失点1対0で迎えた4回裏、疲れからか先頭の2番、続く3番に連続四球を与えたところで、サードを守る浅尾へ早目の継投を選択この無死1.2塁のピンチで、4番をセカンドフライ。さらに続く5番、6番を連続三振に打ち取り見事ピンチを脱出

イニングをまたぎ5回を抑えたところで、最終回は万を持してエース三浦を投入。2死からヒットを許し、尚も続く打者の場面でエラーと悪送球が重なり2死2.3塁と一打サヨナラのピンチに陥るも、最後はギアを上げ直し、6番打者を外角低めのボールで空振り三振に打ち取り初セーブ。緊迫の展開を制し1対0で勝利しました。

<総括>

今シーズンのトーナメントが全て終了している現状、モチベーションは初のホットリーグ制覇に向けられている。この日の勝利で勝ち点を20に乗せ勝ち点19のスーパープラトニクスをかわしCパート暫定首位

残り試合がスパプラの方が1試合多いため、マジック点灯はならないものの、残り2試合(ルーラーズ戦、ハタックス戦)を2連勝すれば、少なくともワイルドカードでの決勝大会進出は決定する好位置に付けている。

それもこれもこの日の福岡オリオンズ戦に勝利したことで得た結果だ。この試合、エース三浦を温存し、石井康を久しぶりの先発マウンドへ送り込んだが、この采配がズバリ的中。心配された立ち上がりも、2回までを連続3者凡退に抑えこみ流れを引き寄せると、3回表の4番佐々木のタイムリーを呼び込んだ。

ターニングポイントは4回。久々の登板で疲れもあってか、突如制球を乱し2連続四球を与えたところで、スパッと浅尾への継投を決断継投のタイミングの大事さはこの前経験したばかり

勝ち投手の権利目前だったが、嫌な流れを断ち切る意味でもあそこの交代は正しい判断であった。結果は浅尾が見事起用に応え二飛→三振→三振と無失点でこのピンチを切り抜け、最終回の三浦にバトンを渡す盤石のリレーでシャットアウト勝利!

この勝ちは大きい!自力での決勝大会進出へ後2勝!視界良好

スコア:1対0
バッテリー:石井康→浅尾→三浦ー藤岡
勝ち:浅尾
セーブ:三浦
安打:浅尾、佐々木、三浦×2
打点:佐々木
盗塁:三浦
四球:佐々木、安森、石井康
MVP :佐々木(勝利打点)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。