スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

投高打低の軟式野球

「カッキーン!」という音を聞けば、“芯を喰ったな”とある程度分かっていた金属バット主流の時代は終わり、「ボコッ」というなんとも鈍い音にも関わらず、弾丸ライナーがスタンドへ飛び込む時代が到来したオォォー!! w(゚ロ゚)w

その正体は今までの常識を覆したバットである。ミズノ社のビヨンドマックスが登場して以降、ローリングス社のH-Zone等、近年のバットの特長は芯の柔らかさにある。手で触っても変形するほどの柔らかい素材(高反発素材:エーテル系発泡ポリウレタン)、要するに芯に“ゴム”を使用しており指で押し込むと数ミリへこむ。

ビヨンド←全体像   ビヨンド2←芯
 
金属や木製バットでは有り得ない構造だ。軟式ボールは素材がゴムで中空構造のため非常に柔らかく、バッティング時に大きな変形を起こし(ボールが潰れる)、遠くへ飛ばすことが難しい。ビヨンドマックスやH-Zoneは、この変形を極力抑えるために開発されており、柔らかいもの同士がぶつかれば変形も少なくなるという理論で、ミズノの実験データでは従来の金属バットより8%も反発係数がアップした。(フェンス間際の打球が本塁打となる)

何故このようなバットが開発されたのか、また爆発的に普及したのかを考察すると、軟式野球が極度の「投高打低」という現実にあるからだろう。我々が出場する大会でも上に行けば行く程1点をとる事が難しくなる。そこで、従来より飛距離や打球の速さが増すバットの導入により、「投高打低」からの脱却を図ったのである。プロ野球は昨年「飛ばないボール」を導入しホームラン数が激減したが、まさに逆の発想。

しかし、いくらバットの性能が上がってもやはり好投手から点を奪うのは難しい。そこで次回は、軟式で1点を獲るための常とう手段、ランナー3塁時におけるエンドランについてカキコ..._〆(゚▽゚*)します。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

ビヨンドマックスを使っていますが、金属バットを使っていた頃とさほど変わりません。何故でしょうか
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。