対焼鳥高陣戦!投打が噛み合い完勝!

6月15日13時~雁ノ巣2番球場、HOTリーグ第7戦、対焼鳥高陣

<戦評>

ここまで2勝2敗2分と全くの五分の星で迎えたリーグ第7戦、ホットリーグの“雄”焼鳥高陣戦!この日は先日の福岡フィナンシャルグループ戦で後1本が出なかった打線が躍動!

まずは2回表、この回先頭の5番高波が四球を選び出塁すると、続く7番三浦はピッチャーゴロでランナーが入れ替わり、7番小田が四球を選び1死1.2塁とした場面で、番石井雅が逆らわないバッティングでセンター前タイムリーヒットを放ち鮮やかに先制!尚も続くチャンスで9番石井康が流れを完全に引き寄せるライトフェンスオーバー、今シーズン第2号スリーランホームランをカチこみ4対0。

追加点は続く3回、先日神宮球場にて行われた全日本大学野球選手権1回戦、対冨士大学戦でサヨナラタイムリーを放ち一躍ヒーローとなった、九州六大学野球ベストナイン選出の4番井浦がライト線を破る2塁打で出塁すると、2死となるも6番三浦が野手顔負けのセンターオーバータイムリー3塁打を放ち5対0。

だめ押しは5回、この回先頭の3番大久保が痛烈なサード強襲内野安打で出塁すると、1死となるも盗塁で2塁へ進塁。続く高波が四球で繋ぎ打席には先程の打席でタイムリーを放った三浦。相手バッテリーが警戒する中、今度は鮮やかなライトへのタイムリーを放ち6点目。

投げても先発の三浦は5回を投げ、タイムリーエラーが絡み2点を失ったものの(自責1点)、許した被安打は僅か1本。最終回はセーブが付かない場面でしたが、初登板となる井浦がきっちりと抑え、投打がガッチリと噛み合い6対2で勝利しました!

<総括>

有言実行(ほぼ)!試合前、ノーヒットノーランを狙いますと宣言していた三浦が、マルハンドリームカップ1回戦敗退の雪辱を果たす快投を披露。惜しくもノーヒットノーランは逃したが、許したヒットは軽くバットに当てられてフラッとライト前に運ばれた1本のみ。

徐々に軟式に慣れだしたことで、変化球でもカウントが取れるようになったことが投球の幅を大きく大きく広げている。悔やまれるのは4回、四球で許したランナーが盗塁で2塁へ進んだ場面で、次の打者が打った打球は大きくバウンドしながらショートへ、ここで前へ突っ込み打球を処理しようとした井浦がバウンドを合わせられず後ろへ逸らす間にランナーが一気に生還。このワンプレーでノーヒットにも関わらず大記録への夢は潰えてしまった

直後にライト前ヒットを許したのは、記録が途絶えた気の緩みからきた事は容易に想像できる。ん~もったいなかったが、今後いくらでもチャンスあるだろうな。それだけの実力があるし。

そして今回、被安打1で勝ち投手となり、打っては2安打2打点とMVPを獲得したわけだが、三浦とMVPを争ったのは、石井雅之(兄)、康之(弟)の石井兄弟!

雅は先制タイムリーの後、審判が1度はホームランと誤審したほどの大きな当たりのエンタイトルツーベースの計2安打1打点。康は貴重な追加点となる3ランホームラン3打点と下位打線2人で4打点!三浦の大活躍の陰に隠れた形だが、2人とも素晴らしい活躍であった。

さぁこれで3勝2敗2分と勝ち星先行この調子で貯金を増やして行こう

スコア:6対2
バッテリー:三浦→井浦―高波
勝ち:三浦
本塁打:石井康
3塁打:三浦
2塁打:井浦、石井雅
安打:石井雅、三浦、大久保
打点:石井雅、石井康×3、三浦×2
盗塁:大久保
四死球:高橋、高波×2、小田、石井康
※三振:高橋、高波、石井雅、石井康
MVP: 三浦
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR