対テクニカル福岡戦!粘って引き分け!

5月18日13時~西部運動公園野球場、HOTリーグ第5戦、対テクニカル福岡

<戦評>

3月23日以来約2ヶ月振りとなったリーグ第5戦。これまで2勝1敗1分と勝ち星先行の中迎えた対テクニカル福岡との試合の先発のマウンドへ上がったのは石井康。その立ち上がり、先頭打者がレフト前ヒットを放った打球を、レフト牟田口がまさかの後逸でランナーが一気に生還

いきなりのビハインドとなると、2回にはこの回先頭の5番にセンター前ヒットを許し、盗塁を決められ無死2塁とした場面で続く6番にタイムリー2塁打を浴び2失点目。更に7番のセカンドライナーを石井雅が捕球出来ず無死1.3塁とピンチを招くも、続く8番が放ったセンターフライを前進しながら佐々木が好捕!更にタッチアップした3塁ランナーを矢のような送球で捕殺しダブルプレー完成となりピンチ脱出。

2点を追いかける打線は3回表、1死から1番高橋がこの試合初ヒットで出塁すると、2死となるも3番高波が四球を選びチャンスを広げると、突如制球を乱したピッチャーが連続ワイルドピッチで高橋が生還し1点を返すと、尚も2死1.3塁から5番桝崎がセンター前タイムリーを放ち2対2の同点!

しかし、直後の3回裏にタイムリーとエラーにより2点を奪われまたしても追いかける展開。

敗戦ムード漂う中、チームの危機を救ったのは高波と桝崎のバットでした。ゲーム終盤5回、この回先頭の2番牟田口が四球で出塁すると、続く3番高波が右中間を破るタイムリースリーベースを放ち1点を返すと、1死3塁から5番桝崎がカウント3ボールからの4球目を捉え大きなライトへの犠牲フライを放ち悠々高波が生還し4対4の同点!

試合はこの後、4回以降1本のヒットも許さなかった石井康が粘りのピッチングを披露し4対4の引き分けに持ち込みました。

<総括>

収穫と課題の両方が見つかった試合。課題は、先発石井康の立ち上がり。先頭打者の失点は味方のエラーによるもので仕方ないとして、その後のタイムリーは四球絡みであり、4回以降は2塁すら踏ませなかっただけに、3回までの序盤をいかに乗り切るかは今後の大きな課題だ。

収穫は2ヶ月のブランク明けにもかかわらず、主力のバッドが振れていたことと、2度の2点差ビハインドを追いついた粘りは見事。

こういった試合を落とさないのも大事だが、勝てるようにならなければな

スコア:4対4
バッテリー:石井康ー高波
3塁打:高波
2塁打:馬場
安打:高橋、桝崎
打点:高波、桝崎×2
四球:牟田口、高波×2、佐々木、瀬川、馬場
※三振:桝崎、石井雅×2
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR