スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

結婚式レポート!馬場秀太郎編!

チームからまた一人、独身を卒業しめでたく結婚を迎えた選手が誕生した会社の後輩であり、山笠クラブへの入団を期に公私ともに行動を共にしてきた馬場秀太郎である。

秀太郎とは誕生日が同じという共通点の他、同僚であり、山笠クラブ、ウッドペッカーズ、福岡市医師会野球部と3つの野球部全てにお互い所属し、更には会社の釣り部にも入部しており、夜は二人でネオン街に繰り出すほど5歳も年齢差があるにも関わらず仲が良い。

そんな秀太郎と奥さん有香ちゃんとの出逢いは1年前の4月30日。何を隠そう、私が主催した飲み会で知り合ったのだから、presented by 俺のおかげカップルだ。

unnamed[2]

有香ちゃんはいわゆる白衣の天使という言葉がぴったりの美人看護師で、出逢ってすぐに二人は意気投合。ほどなく交際が始まり、夏にはお互い結婚を意識していたそうで、昨年のクリスマスイブに入籍というスピード感タップリの恋愛結婚。秀太郎は山笠でも1.2を誇るスピードスターだが、速いのは足だけじゃないようだな

これまで何度か3人で会う機会があったが、惜しげもなくそのLove×2っぷりが伝わってくる。有香ちゃんの話では、秀太郎はいつも優しいそうで、何でも買ってくれるから、逆にねだらないようにしているらしい。

ちょっと意味合いが違うかもしれないが、確かにアイツは金払いがいい。車も社会人になって既に4代(台)目だし、部費や会費等の支払いもすぐに済ませる。飲みに行っても臆することなく「次行きましょう!」っと言い出す始末だから、その潤沢な財政はどこからくるのか不思議であった。

決して高給ではない仕事にも関わらず、私生活を謳歌できる彼のスタイルは、一貫した無駄を省くスタイルと、好きなこと以外には金を使わないところにある。平日はほぼ毎日深夜まで残業しているせいで出費することもなく、野球に関しては年会費以外の支払いはない。ギャンブルやブランド品などに無駄な金を一切使わないからこそ、『好きな事に』金を投資出来るのだろう。そして、その『好き』の対象が有香ちゃんとなり、この素晴らしい結婚へと繋がっているわけだ

さて、去る4月20日(日)に博多区美野島にあるリッツファイブにてめでたく二人は結婚式を終え、100名を優に超える招待者を迎え盛大な披露宴が行われた。秀太郎が招いたのは福岡市医師会社員をはじめ、山笠クラブ選手、ウッドペッーカズ選手等、9割以上の参加者が知っている顔だった。

披露宴序盤には、新郎側友人代表スピーチという大役を仰せつかり、「なんとかして注目を集めてほしい」という秀太郎の要望に応えるべく、会社の後輩を従え、スピーチ後に歌(新婦に捧げる下ネタ)を披露両家ご親族には顔向け出来なかったが、新郎新婦並びに男の参加者のハートはガッチリキャッチ!プレッシャーから解き放たれ、二次会の中洲ミツバチでの飲み会まで、楽しい一時を過ごしました!

秀太郎、有香ちゃん、心からおめでとう!末永くお幸せに!
KIMG0056-1.jpg
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。