対スーパープラトニクス戦!完敗。

3月16日15時~上月隈第1球場、HOTリーグ第3戦、対スーパープラトニクス

<戦評>

開幕から2試合を1勝1分で迎えた、昨年のホットリーグ準優勝チーム、対スーパープラトニクスとのリーグ第3戦。先発は好調三浦の予定でしたが、首を寝違えたため大事をとって登板を回避し、急遽先発のマウンドに上がったのは初登板の伊禮(いれい)。

注目の立ち上がり、初回、2回と伸びのあるストレートで抑え込み、完璧な立ち上がりを見せるも、3回の先頭打者に死球を与えると、続く9番に追い込みながらもこの試合初めてのヒットを許しピンチを招くと、1番境さんの進塁打で1死2.3塁となった場面で教科書通りのヒットエンドランを決められ先制点を与えると、続く4回には1死から連続安打とパスボール、フィルダーズチョイス等、この回3つの失策が絡み3失点

完全に流れはスパプラに傾き、尚も続く5回には高めに浮き出したストレートを狙われ更に3点を追加され7対0。

一方の打線はここまでチャンスは作るものの、後1本が出ずにスコアボードには0が並び、コールド負けの崖っぷちに追い込まれた土壇場の5回裏、この回先頭の9番石井康が、継投でこの回からマウンドに上がった相手左腕から、カウント3ボール2ストライクのフルカウントから右中間へ飛び込むソロホームランを放ち1点を返すと、1死から2番三浦がこの試合2本目の安打で出塁し、ライトが打球処理にもたつく間に2塁をおとしいれると、続く3番畠中がこちらもこの試合2本目のファースト強襲の内野安打で1死1.3塁とした場面で、4番佐々木の内野ゴロの間に三浦が生還し更に1点を返し7対2

点差を縮めて迎えた6回表から、万を持して今期初登板となる石井康をリリーフに送りましたが、簡単に2者を打ち取るも、2死から3番打者にレフトへ完璧なソロホームランを浴び8対2。

最終回、2死から1番高橋が綺麗な弧を描きながらセンターオーバーの大飛球を放つものの、フェンス上段を直撃し“シングルヒット”、続く三浦のアウトコースのボールを捉えた打球はファーストライナーとなりジエンド。

強豪相手にいいところなく敗れ、今期初黒星を喫する結果となりました。

<総括>

完敗。分かってはいたことだが、改めて言おう。強い!試合巧者!軟式野球のお手本のようなチームだ。ウチが最も苦手な部類のチームじゃないかな?ようするにスモールベースボールというか、足を絡めて走者3塁からのヒットエンドランで確実に得点を上げる技術を持っている

しかし、通常(トーナメントの場合)このようなスタイルのチームに大量点を取られることは少ない。何故なら、エンドランは1点を取る代償として、打者はワンアウトを献上するからである。少ない得点を投手を中心とした固い守備で守り抜き、ロースコアの試合に自信があるからこそ取れる作戦なのだ。

※大量点が欲しいのならば、打者を犠牲にすることはない。ヒットエンドランについて詳細を知りたい方は、本ブログ「オレ流野球論」2012年3月31日の記事『ランナー3塁時のエンドランについて!』をご覧下さい。

今回、大量失点に繋がったのは、単純にミスが重なったのと、伊禮の変化球が思うように入らなかったため、ストレートを狙われてボッコシ打たれたため

つまり、スパプラは普通に打ち合っても強いのに、スモールベースボールの要素も持ち併せているから強いのだ。

しかし、今回の敗戦を引きずることは全くない。この時期の試合において試合結果や誰が活躍したなどは“あまり”大きな意味を持ちません

何故なら、まだまだ開幕3戦目であり、半分の選手はこの試合が今期初出場だったわけで、これから徐々に調子を上げて行けば良いから。

この時期重要なのは2つ!1つは新加入の選手の特徴を把握することと、もう1つは既存の選手の試合勘を取り戻すこと。試合勘を取り戻すためには当然リーグ戦に出場するしかなく、今この時期最大の収穫は試合勘を養うことです。

もう1つ大事なことをいうと、レベルの劣りすぎるチームと試合して快勝したとしても殆ど意味はなく、スパプラのような強豪と試合するからこそ試合勘を取り戻す事が出来、試合を行う価値があるのだ

そしてスパプラ以外にもタイプが違う強豪が揃うリーグだからこそホットリーグは面白く、価値がある

スコア:2対8
バッテリー:伊禮→石井康―馬場→高橋
負け:伊禮
本塁打:石井康
2塁打:桝崎
安打:高橋、三浦×2、畠中×2、馬場
打点:石井康、佐々木
四球:桝崎、馬場
※三振:佐々木
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR