スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対焼鳥高陣戦!投打が噛み合い完勝!

11月24日15時~東油山球場、HOTリーグ第11戦、対焼鳥高陣

<戦評>

ダブルヘッター1試合目、11時~の漢塾戦に勝利したことで、今レギュラーシーズンの2位以上が確定!さらには2試合目の焼鳥高陣戦に山笠クラブが勝利し、同刻に別球場にて行われているワンビックファミリー対スーパープラトニクス戦で、ワンビックファミリーが敗れると、大逆転でのパート1位通過が決まるという舞台が整った。

条件付きながらも1位通過を視界に捉えた状況の中迎えたのは、Aパート2位の焼鳥高陣。今年の西日本審判協会主催各リーグ選抜トーナメントを制したチャンピオンチームであり、既に決勝大会進出を決めている誰もが認めるホットリーグの強豪

そんな高陣戦の先発マウンドに上がったのはこちらも“ヤングヤマカサ”現役福大の2年生野手浅尾。立ち上がり先頭打者に四球を与えると、犠打で2塁に進塁を許した場面で、3番にライトへのタイムリー2塁打を浴びあっさり1点を許すものの、2回以降は変化球でもカウントを稼げるようになり、味方のエラーで招いたピンチもキャッチャー高波の2回の盗塁阻止などにより、その後7回までを一人で投げ抜き強打高陣打線を被安打僅か3本に抑え込みました!

初回に1点を先制された打線はその裏、2番高橋が一振りで試合を振出に戻すレフトへのソロホームランを放ち直ぐ様同点とすると、3回には1死から2番高橋がレフト前ヒットで出塁、その後2死となるも4番佐々木がこの日2試合合計4本目となる安打を放ちチャンスを広げ、5番井浦が四球を選び2死満塁となった場面で、6番高波が追い込まれながらも値千金のライト前2点タイムリーを放ち見事に逆転に成功!

6回には5番井浦が打った瞬間それと分かる超特大のソロホームランライトへ叩き込み勝負あり。
絶対に負けられない2連戦を2連勝で飾りリーグ最終戦を終えました!

<総括>

三浦と佐々木が作ったダブルヘッダー1試合目の流れそのままに、浅尾が投手顔負けのピッチングを披露そして浅尾の好投に打線が応えた!完璧!まさに理想的な試合であった。

しかし、浅尾の立ち上がりは決して順調ではなかった。と、いうのも試合開始30分以上前には選手全員が球場に到着していたのだが、東油山球場の駐車場台数に限りがあることから、車の入れ替えに時間を奪われ、グランドに入ったのはなんと試合開始時刻3分前。審判に事情を説明したものの、与えられた猶予は5分間。冷えきった身体を温め、肩を作るにはあまりにも短く、ましてや彼は野手である

明らかな準備不足は先頭打者への四球を招く結果となり、いとも簡単に3番へタイムリーを打たれてしまった。しかし、このタイムリーをきっかけに野球センスを見せつけることとなった。尚も続くピンチで4番、5番を退けると、肩が出来上がった2回以降に許したヒットは僅か2本本当に野手?と疑いたくなるほどの堂々のピッチングを見せてくれた。

もう1つ好投を引き出した要因を上げるとすれば打線の活発さであろう。取られた後すぐ高橋の一発で追いついたことと、2回のこちらも福大1年生スラッガー6番若林の3塁打以降、序盤チャンスを作り続けたことは投球にもリズムを与えたハズ。ちなみに若林は1試合目にも長打を打っており、その恵まれた身体をいかした豪快なスイングが魅力だ

新戦力の発掘は山笠クラブの明るい未来であり、有能な人材の確保は強豪で有り続けるための条件である。その有能な人材がここで野球がしたいと思ってくれる雰囲気作りと環境整備。そしてなにより現有戦力との融合・調和これが監督としての最たる努めではないか

スコア:4対1
バッテリー:浅尾-高波
勝ち:浅尾
本塁打:高橋、井浦
3塁打:若林
安打:高橋、馬場、佐々木×2、高波、三浦
打点:高橋、高波×2、井浦
盗塁:高橋
四球:井浦
※三振:馬場×2、高波
MVP:高波
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。