スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビクトリー杯準決勝で閉幕。

8月18日11時~西南杜の湖畔球場 ビクトリー杯準決勝、対自宅警備フライアウェイ

<戦評>

3年連続の福岡県代表に向け行われましたビクトリー杯準決勝、対自宅警備フライアウェイ戦はクラブ史上初の投手三本柱揃踏みの必勝態勢。久々の参戦となった一昨年の勝ち頭、塚本をショート、先発要員である左腕上岡をリリーフに待機させ、大事な一戦の先発のマウンドに上がったのはこちらも久々の参戦となった右腕敷根。

主軸の3番畠中、5番桝崎と左の大砲2人を欠くものの、先発投手陣3人を要し挑んだ試合でしたが、予想に反し序盤で大差を付けられる展開となりました。

初回、先頭打者をファーストゴロに打ちとるも、これを名手瀬川がファンブルしエラーで出塁を許すと、続く2番、3番に連続安打を許し無死満塁。いきなりのピンチで4番を5-2-3の併殺に打ち取るも、5番6番に連続四球を与え押し出しであっけなく先制点を献上

追いつきたい打線は1回裏、1死から2番高橋がレフトへのエンタイトルツーベースで出塁するも、期待の3番高波、4番佐々木が倒れ無得点に終わると、続く2回にはこの回先頭の8番にレフト前ヒットで出塁を許すと、1死後、ファーストゴロからセカンドへの送球が逸れ、フィルダーズチョイスとなり1死1.2塁と再びピンチを招き、続く2番にライト前ヒット。しかし、ライト大坪が見事な返球で捕殺を成功させ2死となりピンチを脱したかと思われましたが、続く3番に痛恨の3ランを浴び4対0。

1度相手に傾いた流れは止められず、3回にも簡単に2死を奪うもそこから4連打を浴び更に3失点。不運な当たりや味方のエラーが重なったものの、エースらしからぬ試合運びで3回7失点で無念の降板

4回からは万を持して左腕上岡を投入し、4回5回を投げ被安打1本の無失点に抑える好投を見せましたが、投手陣を援護したい打線はスリークォーターからコントロールとテンポよく投げこんでくる相手好投手を捉えきれず、散発4安打に抑えこまれまさかの5回7点差のコールド負けを喫しました

<総括>

マルハンドリームカップ準々決勝敗退に続き、ビクトリー杯も準決勝で敗退となり早すぎるトーナメント終戦。両大会とも最後は完封負け。好投手と対峙した時こそ、チームの真価が問われるのは言うまでもない

今回の試合に関して言えば、序盤で体勢が決まり反撃ムードを高めていくのは確かに難しかったかもしれない。敷根の思わぬ乱調と写りがちだが、各回失点の要因はエラーが絡んでいる。初回に1つ。2回にも1つ。3回には2つと内野手エラーが記録され、その全てが失点に繋がる結果となってしまった。

敷根はバシバシと三振を奪い力でねじ伏せるタイプではなく、本来は重い速球と緩急をコーナーに投げ分け打たせて取るタイプで、上岡や塚本に比べ圧倒的に内野ゴロを打たせる確率が高い投手である。だからこそ、尚更堅守が求められる訳だが、今回はミスが重なってしまった。

もちろんエラーした野手も、一生懸命のプレーの上で犯したミスな訳で、責めることは出来ないが、トーナメントは1つのミスが命取りになることを肝に銘じておかなければならない。思い返してみれば、マルハンドリームカップ準々決勝もエラーで負けている。

課題を挙げるとすれば、当然ミスを無くす(少なく)ことだろう。ではどうすれば少なくなるのか?先ず思いつくのは試合前のアップの取り組み方ではないだろうか。漫然とキャッチボールをして、残りの時間全てをロングティーに費やすだけでよいのか?守備が固いチームは往々にしてバッティングではなく、ノックからの力強い返球を繰り返し行っているように見える。

それぞれのチームで方針も違うし、それぞれのやり方もあるだろう。山笠クラブには合わないかもしれない。でも、何かを変えないと現状から下がるだけで進歩はないよね。話してみようかな。このままで終わりたくないから。選手を信じてるから。

最後になりましたが、自宅警備フライアウェイさん有り難うございました!左利きの野手がセカンド守っている時点で『ん?このチームただ者ではないと思いました(T▽T)尸~~SOS!!』しかもその彼は打って良し、守って良しの好選手だし!是非、是非九州大会を制して下さい
また来年この大会でやりましょう

スコア:0対7
バッテリー:敷根→上岡-高波
負け:敷根
2塁打:高橋、牟田口
安打:塚本、佐々木
四球:高橋
※三振:山崎、高村、高波、馬場
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。