スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

対博工会!マルハンドリームカップ終戦。

7月28日17時~春日球場 第7回マルハンドリームカップ準々決勝、対博工会

<戦評>

3年連続ベスト8の壁を越えるべく、初の福岡県4強を懸け行われました勤労者野球連盟A級の博工会を迎えてのマルハンドリームカップ準々決勝は0対4で敗れ、またしてもベスト8で涙を飲む結果となりました。

山笠クラブの歴史に新たな1ページを刻むべく先発のマウンドへ上がったのは、中1週間で登板の上岡。先週のリーグ戦では9失点と打ち込まれ、不安視されたなかでの登板でしたが、課題の立ち上がりを三者凡退で片付け最高の滑り出し。

しかし、2回の先頭4番打者をツーナッシングと追い込みながらも3球目のフォークを上手く拾われレフト前ヒットを許すと、盗塁と進塁打で1死3塁の場面で、カウントノーストライク1ボールからの2球目に警戒していたエンドランを決められ先制点を献上

4回には先頭打者をボテボテのサードゴロに打ち取るも、送球を焦ったサード桝崎の悪送球により出塁を許すと、このランナーを3球連続の牽制で巧みに誘い出すことに成功したものの、ファーストへの牽制球が逸れランナーは一気に3塁へ。ここで続く打者にこの試合初めての四球を与え無死1.3塁のピンチを迎えましたが、続く打者のピッチャーゴロの間にスタートした3塁走者を三本間に挟み1アウト。続く打者を気合いの三振に打ち取り2アウト2.3塁までこぎ着けるも、続く打者のショートゴロをショート馬場がファーストへ痛恨の悪送球で2者が返り差は3点に。

その後、味方の反撃を信じ2回に許した被安打1以降1本のヒットも許さず粘り強く投げるも最終回にこの日2つ目の四球で許したランナーをタイムリーヒットで返され4失点。(自責点2)

一方の打線はテンポ良くストレートとスライダーを投げ込んでくる相手左投手を打ちあぐね、桝崎が2安打と一人気を吐きましたが、ヒット数は相手チームより多いものの、チャンスで後1本が出ず散発の4安打に抑えこまれ完封負けとなりました。

<総括>

またしてもベスト8。負けるべくして負けた。ぐうの音もでない。この試合を分けたのは紛れもなくエラーであろう。しかし、エラーを犯した選手を責めることは出来ないし、そんな事は意味を持たない。なぜなら、エラーをしたくてする選手はいないし、誰に言われるまでもなく1番反省しているのは本人である。

『味方の失策を責めるな、なぐさめてやれ。自分の失策を気にするな、かえって失敗する』というのが山笠クラブの信条だ。“気にするな”、と言っても気にするだろうが、それを引きずって大胆さを失い同じミスを犯すほうがチームにとってマイナスである。

今回の敗戦で注目すべきは、エラーではなく点を取れない事自体が由々しき問題である。際だつのは、博工会は1本のヒットをきっかけにいとも簡単にあっさりと先制点を奪ってみせた。この攻撃は敵ながら素晴らしいの一言であった。攻撃に無駄がないというか、チャンスを確実にものにする術を持っているという印象。勤労者野球連盟春期リーグ優勝の実力は伊達じゃない。是非とも優勝目指して頑張って頂きたいと思っております。

最後に、1回戦「筑紫野コッペリアフェニックス様」、2回戦「ファイターズ様」、3回戦「アスナローズ様」、力及ばず優勝まで届きませんでした。申し訳ございません。そしてここまで応援して下さった沢山の方々ご声援誠に有り難うございました!マルハンドリームカップはこれで幕を閉じましたが3年連続福岡県代表を目指しビクトリー杯に照準を切り替え頑張りますので、引き続きご声援宜しくお願いします

スコア:0対4
バッテリー:上岡-高波
負け:上岡
安打:畠中、桝崎×2、高波
四球:佐々木
※三振:佐々木、牟田口
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。