スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ビクトリー杯2回戦突破!打線猛爆発!

7月14日17時~榎田球場 ビクトリー杯2回戦、対ニューリンズ

<戦評>

ペプシ杯名称改め、ビクトリー杯がいよいよ幕を開けました昨年福岡県大会優勝の恩恵を受け1回戦シードを頂き、2回戦からの登場となり迎え撃つのは北九州から参戦のニューリンズ。前人未到の3年連続福岡県代表を達成するべく初戦のマウンドに上がったのは、マルハンドリームカップ1回戦以来の登板となった、内外野プラス、ピッチャー&キャッチャーと全てのポジションをマルチにこなす“野手”馬場。

立ち上がり、打ちとった当たりもライト線上へとポトリと落ちるアンラッキーなヒットで出塁を許すと、初球に盗塁を決められ無死2塁。続く2番打者を平凡なサードゴロに打ち取るも、この打球を久々に出場の元西短特待野手の川上がまさかのエラーで無死1.3塁とピンチ拡大。これで動揺したのか、続く3番打者に死球を与え無死満塁としてしまうと、その後ワイルドピッチとサードゴロの間に2点を奪われ試合は初回から追いかける展開に。

追いつきたい打線は1回裏、先頭の高村がセンター前ヒットで出塁しすかさず盗塁に成功すると、この試合2番に抜擢の山崎が期待に応えるセンターオーバーのタイムリー2塁打を放ち直ぐ様1点を返すと、続く2回裏に重量打線が大爆発!

この回先頭の6番馬場がセンター方向へ一直線のソロ本塁打で同点とすると、続く7番川上がセンターへのヒット、8番鶴田が死球、9番木村がファーストエラーで繋ぎ無死満塁の場面で、1番高村が2打席連続となるセンターへの2点タイムリーヒットを放ち鮮やかに逆転に成功

更に1死2.3塁から3番畠中がすくい上げた打球はライトへの3ランホームランとなり3点を追加!攻撃の手を緩めることなく続く4番佐々木がレフト前ヒットで出塁した場面で5番桝崎がこのイニング3本目となる本塁打をライトスポール際へ運び2点を追加。ここでたまらず相手ベンチが動き投手交代。

しかし、止まらない打線は打者一巡となり2死ランナーなしから、7番川上が初回のエラーを帳消しにする1イニング2安打目となるライトオーバーの2塁打で出塁すると、8番鶴田がレフトへのタイムリー2塁打で川上を迎え入れこの回大量9得点!

完全に主導権を奪い返し、4回には2番山崎の猛打賞となるタイムリー2塁打とこの試合2本目となる畠中の3ランホームランなどで4点を追加し、僅か4回の攻撃で取りも取ったり、13安打14得点!

投げては初回こそ失点を許したものの、2回以降はランナーは許すも要所を締め無失点と粘りの投球を見せた馬場から、最終回川上へと継投し勝利!見事3回戦へと駒を進めました

<総括>

終わってみれば一方的な展開となったが、正直1回の表の攻撃は焦った。先頭打者がライト前ヒットで出塁した場面で、監督を務める2番打者野崎さんがサインを出しながら“左”バッターボックスに入りバントの構えを見せるも、その初球に盗塁を敢行され見事に2塁を奪われた。すると投球2球目の前に“右”バッターボックスへ移動。

そう、左打席に入っていたのは1塁走者が盗塁の際キャッチャーから見えにくくなるよう助けるために行った作戦なのだ。初めて対戦する相手は、打順1巡目はもちろん打者が右打ちなのか、左打ちなのか分からない。その盲点を突いた作戦。かなりの『策士』と見た。

そして普段から恐らくケースを想定し練習していて、尚且つチーム共通理解として作戦が浸透しているのであろう。そして、執拗にエンドランを仕掛けてきていた。エンドランはそのカウントで打ち返すことが出来ないようなボール球が来るリスクを背負って行う策である。大前提としてバットに当てること、基本的に叩きつけることを心がけるため長打は望めなくなるが、それでもランナーを進める意識がチームとして出来上がっているのであろう。

実際、どんどんエンドランを仕掛けられるのは実に嫌なものであった。

今回の収穫としては引き続き打線が好調なことと、久々の出場となった鶴田、川上にそれぞれヒット、しかも長打が出たことを挙げたい。誰が出場してもチームのバランスが崩れず、チーム力が落ちないのは山笠の大きな魅力だ

さぁ、3年連続の福岡県代表へ好発進視界良好上げて行こうぜ

最後に、野崎代表、ニューリンズ選手の皆様、マネージャー様、わざわざ福岡までご足労頂きまして有り難うございました!

そしてこのブログの読者の方は、是非ニューリンズ野崎代表のブログもチェックしてみて下さい!面白いですよ~!ヨロ───ヽ(○`・v・)人(・v・´●)ノ───シク~♪


スコア:14対2
バッテリー:馬場→川上-桝崎
勝ち:馬場
本塁打:馬場、畠中×2、桝崎
2塁打:山崎×2、川上、鶴田
安打:高村×2、山崎、佐々木、川上
打点:高村×2、山崎×2、畠中×6、桝崎×2、馬場、鶴田
盗塁:高村、山崎
四球:高村、佐々木、桝崎、鶴田
※三振:佐々木、馬場
MVP:畠中(2本塁打、6打点)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。