マルハンドリームカップ3回戦突破!ベスト8進出!

6月16日17時~箱崎球場 第7回マルハンドリームカップ3回戦、対アスナローズ

<戦評>

4年連続となる福岡県ベスト8進出を懸け行われましたマルハンドリームカップ3回戦、対アスナローズとの試合の先発マウンドに上がったのは三本柱の一角、右腕敷根。

初回から打者一巡までを被安打0に抑える最高の立ち上がりを見せるも、3回に初被安打となるソロホームランを浴びると、4回にも両翼80mと狭い球場が影響しライトポール際ギリギリに飛び込むソロホームランを浴びると、暑さの中疲れの見え始めた5回にも2ランとソロを浴び“らしくない”5失点。被安打4本がいづれも本塁打という結果となりました。

一方、先週のリーグ戦で9点差をひっくり返した好調な打線は初回、1番高村、2番高橋が簡単に倒れるも3番畠中が高々と打ち上げたライトへのフライを夕陽が目に入った相手右翼手が打球方向を見失いラッキーな2塁打で出塁すると、続く4番佐々木が四球を選び2死1.2塁の場面で5番桝崎が流れをグッと引き寄せるライトへのタイムリーヒットで1点を先制

更に続く6番馬場が死球を受け2死満塁の場面で、動揺を隠せない相手投手は7番瀬川にも連続死球を与え1点を追加すると、尚も、2死満塁の場面で8番高波が2者を迎え入れるサード強襲内野安打で初回2死ランナー無しから4点を先制

1点を返され3点差となった3回には、先頭の6番馬場死球、7番瀬川四球、8番高波と3者連続の四死球で無死満塁のチャンスを掴むと、1死後、ここまで2打席凡退の1番高村が、追い込まれながらもバットを少し短く持ち直し捉えた打球は痛烈なセンターへの2点タイムリーとなり中押しに成功

ダメ押しは4回、この回先頭の3番畠中が体勢を崩されながらもライトへのソロホームランを放つと、続く4番佐々木がレフト前ヒットで出塁した場面で、この試合先制タイムリーを打っている5番桝崎が右中間へ飛び込む2ランホームラン!この後更に四球で出塁後盗塁を成功させ2塁に進んだ馬場を高波がレフトへのタイムリーヒットで迎え入れるなど大量10得点

エース敷根を見事に援護し、4年連続福岡県ベスト8へと進出しました

<総括>

初回2死ランナー無しからの一挙4得点で序盤から圧倒的優位に立った。この初回の攻撃のキーポイントは5番桝崎。2死からラッキーな形で畠中が出塁し、佐々木が四球を選び2死1.2塁。この場面で打ち取られていたらその後、楽な展開にはならなかったかもしれない

そんな試合の行方を左右する最初のチャンスでしっかりと仕事を果たした。この桝崎は昨年まで4番を長年務めてきたが、今シーズン出場が出遅れたことと、現在4番を務める佐々木の好調に伴いひとつ打順を下げたがこれが見事にハマッている。

理由としては、3番を打つのは高出塁を誇る左打ちの畠中。そして今シーズン絶好調の4番右の大砲佐々木が繋ぎ、多くの場面で得点圏にランナーがいるか、1塁にランナーがいて1.2塁間が広く開いた状態で5番左打ちの主砲桝崎へと打順が廻る。クリーンアップ左・右・左という並びも理想的だが、4番の後に勝負強い桝崎が5番に控えているのはこれ以上ない強みである

そして、この強力なクリーンアップを更に活かすのに1.2番の出塁率が鍵を握っているのは言うまでもない。1.2番が今以上に機能しだすと、理想の打線といっても過言ではない。

この試合、最終回に2本の本塁打を浴びて快勝とはいかなかったものの、先制、中押し、ダメ押しと常にリードを奪い試合展開としては悪くなかった。これまで投手陣に助けられてきた試合が多かったわけだが、これからの準々決勝以降は今回のように打線が援護出来る展開がもちろん望ましい。後3つここからは気持ちが強い方が勝つ

最後になりましたが、アスナローズさん最終回驚異の粘りに驚きましたナイスゲーム有り難うございました

スコア:10対5
バッテリー:敷根-高波
勝ち:敷根
本塁打:畠中、桝崎
2塁打:畠中
安打:桝崎、高波×2、高村、牟田口、佐々木
打点:桝崎×3、瀬川、高波×3、高村×2、畠中
盗塁:馬場×2
四死球:佐々木×2、馬場×3、瀬川×3、高波、畠中
MVP:桝崎
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR