対九州古賀戦!9点差を逆転!

6月9日11時~雁ノ巣5番球場、HOTリーグ第5戦、対九州古賀

<戦評>

朝から降り続く雨により開催が危ぶまれたものの、小雨の中試合決行となり行われました初対戦となる今期新加入九州古賀戦の先発マウンドに上がったのは今期初登板の牟田口でしたが、早朝野球からの連投となった影響からか、コントロールが定まらず3回途中9四死球7失点と大炎上で降板。

急遽3回無死満塁から大坪へスイッチすると代わりばなの打者にレフトへのタイムリーエンタイトルツーベースを浴びるものの、この後5回までをこの2失点(自責点1)に抑える好投を披露。

9点を追いかける打線は3回裏、この回先頭の9番木村が四球で出塁すると、1番2番が打ち取られ2死となるも、
3番畠中ライト前ヒットを皮切りに
4番佐々木センターオーバータイムリー2塁打
5番瀬川ライトへの2ランホームラン
6番高橋ショートへの内野安打
7番牟田口セカンドエラー
8番松原レフトへのタイムリーエンタイトルツーベース
打者一巡となり9番木村のショートタイムリーエラーなど打線が繋がり一挙6得点

点差を3点とし迎えた4回には
先頭の2番大坪が右中間への2塁打で出塁すると
続く3番畠中が死球を受けチャンス拡大。1死後、
前の打席本塁打の5番瀬川がライトへのクリーンヒットで1死満塁とし
6番高橋がこの日猛打賞となるサード強襲タイムリーを放ち2点差
続く7番牟田口が押し出し死球を受け1点差とすると
続く8番松原が放った打球は鋭い当たりでしたがセンターライナーとなりツーアウト。
しかし、9番木村が打ったショートゴロがファースト悪送球を誘い2点タイムリーエラーとなり遂に10対9と逆転に成功

最終回5回の表、相手先頭打者にライトへの2塁打を許すものの、このピンチを大坪が無失点でしのぎ、9点差からのミラクル逆転勝利を収めました!

<総括>

『負けに不思議な負けなし、勝ちに不思議な勝ちあり』とは元楽天野村監督の名言であるが、対九州古賀との一戦は正に不思議というかミラクルな逆転勝利であった。

3回が終わった時点で差は9点。本来であればコールド負けを覚悟する絶望的な点差である。しかし、打線に火が付くとは良く言ったもので、3回裏の2死1塁、畠中からの打線の繋がりと、4回裏先頭の大坪2塁打からの繋がりは神がかり的であった。

調子がいい選手が打つのはある意味当然だが、そういった選手が作り出す勢い(流れ)に他の選手が“乗れる”というのも強いチームに必須の条件である

そして、好リリーフを魅せた左腕大坪。大坪はいつもこのような難しい場面をそつなくこなす、チームにとって重宝される存在である。この試合も彼の粘りの投球が無ければ追加点を奪われ逆転は叶わなかったであろう。文句なしのMVPだ!

この試合の出場選手は私を含めるほど、これまでのトーナメントとはスタメンを大幅に入れ替えて臨んだ試合であった。しかし、このメンバーで10得点出来たこと、そして絶望的な点差を跳ね返し勝利したこと。この勢い、経験は必ずこれからの厳しいトーナメント終盤の戦いに反映されるであろう

今週末16日は17時~箱崎球場にてマルハンドリームカップ3回戦この勢いに乗ってベスト8入り決めるぞ

スコア:10対9
バッテリー:牟田口、大坪-高橋
勝ち:大坪
本塁打:瀬川
2塁打:高橋、佐々木、松原、大坪
安打:畠中、高橋×2、瀬川
打点:佐々木×2、瀬川×2、松原、高橋、牟田口
四死球:馬場、木村、畠中、牟田口
※三振:馬場
MVP:大坪
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR