伝説となった対ロアッソ熊本との九州ダービー

6月1日に行われたJ2第17節 アビスパ福岡VSロアッソ熊本の九州ダービーは今後サポーターの中で語り継がれるであろう伝説の試合となった。

130601_1803~02

福岡のエンブレムを胸に付けて戦う誇り。あらゆる人たちの気持ちを背負って戦う責任。そんな彼らと同じ時間、同じ空間をともにする喜び。そして、ともに勝利を目指して戦う熱い想いがレベルファイブスタジアムを包み込んだ

この日、福岡は勝点3のためだけに戦っていたのではない。懸けていたのは福岡のプライド。スタジアムには、かつて「博多の森の熱狂」と呼ばれた空気があった。「何が起こるか分からない」。サッカーではよく使われる言葉だが、この日、後半に起こった様々な出来事は、それらを適切な言葉で表現する方法を私は知らないが、ただひとつ言えることがあるとすれば、両チームの選手たちは、最後まで、真摯に、勝利を求めて戦っていたということだ。ともに難しい状況にあったが、彼らは最後までダービーを戦っていた。

特に、アクシデントも含めて、最後は9人で戦うことを強いられた福岡の気迫は筆舌に尽くし難い。この日の展開を考えれば、いつ集中が切れても不思議ではなかった。

だが、彼らは戦う気持ちを最後まで切らすことはなかった。監督、スタッフ、ピッチに立つ9人、ベンチでともに戦う仲間が一体となり、終わることを知らない熊本の攻撃をはね返し続けた。その姿は、スタンドに足を運んだファン、サポーター、観客の心を引き込み、その心をひとつにした。そして、そこから生まれる力が大きなうねりとなってスタジアムを包み込む。途切れないチャント。スタジアム全体から起こる手拍子。それらは大きな力となって選手たちの背中を押し、その力を借りて前に出る選手の気迫がスタンドに伝わり、さらにスタジアムの熱が上がっていく

試合の展開を大きく動かすことになったのは、1-0のリードで迎えた55分に、この日先制のゴールを決めている西田剛が受けた2枚目のイエローカードだった。執拗に抗議する福岡の選手達。だが、一度下された判定はもちろん覆らずに退場処分。さらに、60分にパク ゴン、65分に金森健志、70に古賀正紘にイエローカードが提示される。この時点で、フィールドプレーヤー9人のうち5人がイエローカード1枚を持つ状態に。アグレッシブにボールにアタックし、球際での激しさを守備の持ち味にする福岡にとっては、10人で戦っているだけではなく、その戦い方にまで制限がかかる。もはや福岡は両翼をもぎ取られた状態だった

そこへ熊本が襲い掛かる。ボールを回しながら、福岡の隙を見つけて楔のボールを入れ、そこへ2列目から選手が飛び込んでゴールを脅かす。失点は時間の問題のようにも見えた。それでも耐え抜いていた福岡を、さらなるアクシデントが襲う。時間は残り時間10分となった80分のことだった。

GKを蹴ろうとした水谷雄一が突然うずくまる。駆け寄った尾亦弘友希からプレー続行不可能の合図が送られる。既に福岡は3人の交代枠を使い切っていたこともあり、水谷は痛みを堪えて立ち上がり、怪我を押してでもプレー続行を直訴するが、アキレス腱を負傷しており担架で運ばれ負傷退場。

b52acc9a-s[1]

そして7分間の中断の後、ゴール前に立ったのは、水谷のウエアを着たアビスパのKING城後寿だった。スタンドから、この日一番の大歓声が上がる。さらに「城後!城後!」の大声援が送られる。

92a7f5e0-s[1]

その声援に支えられて気迫のプレーを見せる福岡は、1点をリードしたまま、提示された9分間のアディショナルタイムを耐え抜いた。残されているのはアディショナルタイム内で止まった時間だけ。福岡は絶望的な状況から、勝利まであと一歩のところまで辿り着いた。だが90+11分、ファビオの右足が福岡ゴールを捉えた。福岡は勝利までワンプレーのところで力尽きた

相手より1少ない人10人の状況になってから25分、さらにはキーパーが負傷退場し、9人での戦いを強いられてから約15分、この間、ゴールを許さなかった気迫あふれる福岡の戦いぶりは、賞賛以外に表現する言葉が見つからない。それはプライドをかけた戦いにふさわしいもの。試合終了のホイッスルの後に起こった拍手と声援が、それを物語っている。

繰り返しになるが、さらに混乱しても不思議ではなかった試合で、福岡も熊本も選手たちは最後まで正々堂々と九州ダービーを戦っていた

そして加えるのならば、様々な出来事が起こった試合にも拘わらず、試合の結果を自らの問題として語った選手たちの姿勢もまた、清々しいものだった。最後に、試合終了後の城後選手インタビューの一部を紹介しよう。

「後半に1人退場した中で、なんとか守っていたんですけれども、アディショナルタイムの長さや、いろいろとあった中、2人少ない状況で、最後は踏ん張りきれませんでした。けれど、あの状況で勝点1を取れたことを前向きにとらえたいと思います。GKは、僕か、古賀さんしかやる人はいなかったし、ディフェンスラインは崩せないということだったので、僕がやるしかないと思ってゴールの前に立ちました。GKは小学校の時に遊びでやったくらいで、公式戦ではやったことがなかったので、余計なことはしないと決めて、後は割り切ってやろうと思っていました。ただ、結果とは別に、GKをやらせてもらって、すごく勉強になりました。ポジションは全然分からないし、ミドルシュートも、どういうタイミングで打ってくるか分からず、ずっと集中していなければならないというのがあって、逆に、シュートを打たれるのは怖いんだということが分かったので、次の試合からは、どんどんシュートを打っていきたいと思います」

c4ba17e2-s[1]

この試合をターニングポイントに、城後は覚醒しワンランク上の選手になるだろう。
この日の九州ダービーと城後に対する感動と興奮を私は一生忘れない。

NCM_0185.jpg←大いに城後推しだが、来ているレプユニは11番の坂田大輔!!
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR