スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルハン2回戦総括!

5月26日17時~桧原球場 第7回マルハンドリームカップ2回戦、対ファイターズ

<総括>

試合前に衝撃が走った。アップとキャッチボールを終えた先発の上岡が複雑な表情を浮かべながら私の元に歩み寄ってくると、なんと背中に張りがあり、万全とはほど遠い状態であるとのこと。普段弱音を吐かない男が、次のピッチャーを早目に準備しておいてほしいと告げてきたのである。私は分かったと答え、行けるところまでは行ってくれと上岡に伝えたが、ナインにはこの事をあえて伝えなかった。動揺が広がるのは明らかなマイナス要素だからだ。

しかし、不安をよそに流石は元プロ注目の投手。最悪のコンディションの中、背中をかばいつつも悪い時なりの投球で相手打線を完璧に封じ込めてゆく。このまま行けばノーヒットノーランを達成するのではないかと期待させるほどの快投を魅せていたが、5回に背中が悲鳴を上げだし、遂に相手打線に捕まってしまうも、続投を志願し6回表を0に抑えたことが最終回のミラクルに繋がった。

最終回、追いかける点差は2点。圧倒的不利な状況でも誰一人諦めていないのが山笠クラブの真骨頂。この回先頭の高橋がなんとしても出塁するという姿勢を見せ、追い込まれながらも気持ちでライト線フェァへゾーンへと打球を運んだ。これで一発が出ればたちまち同点。

ここで打席に入った畠中は、その前の打席にライトポール際に特大のファームラン(ファール)を放っている。その残像が影響したのか、コントロールの良かった相手投手が死球を与えてしまう結果となった。あの大ファールを打った事により、この打席優位に立っていたのは明らかに畠中であった。

そして、4番佐々木。この日もっとも期待出来る絶好調男。と、言うのも、この試合の前に行ったダブルヘッター1試合目で、3打数3安打2本塁打を放ち、前の打席も火の出るような3塁打を打っている。雰囲気アリアリのまま打席に入ると、この日6打数5安打目となる痛烈なヒットをレフトへ運んで見せた。手が付けられないとはこういう状態を言うのであろう

ここで遂に投手が交代するも、最終回無死満塁での緊急登板。この時点で点差は2点のままだが、ベンチ内は異様な盛り上がりとなっていた。

しかし、ノーアウト満塁でも次の打者が打ち取られた場合、無得点に終わるといことは往々にしてある。まだまだどちらに勝敗が転ぶか分からない状況で、打者桝崎。この場面ですごかったは、投手代わりばなの初球を迷わず打ちに行ったこと。押し出しを避けるため、ストライクを取りにくる初球を打つというセオリーではあるが、なかなかあの場面で打ちに行けるものではない

その初球のボールはレフト線上へと上がり、2走畠中が猛然と3塁を廻り同点打かと思われたが、落下地点は無情にもファールゾーンへ転がりベンチには深いため息が漏れた。それでも打ち直しとなった打球は捉えた瞬間センターへ抜けたと思う鋭い当たりでしたが、そのままピッチャーを強襲。この打球がなんとサードの前へ転がり好フィールディングに阻まれ1点を返すものの桝崎はアウト。ツイていない。流れを一気に取り戻せないどころか、今の好プレーで相手が立ち直る可能性もあった

そんな重苦しいムードを一振りで変え、ヒーローとなったのが馬場である。布石はあった。戦評にも書いたが、打席に入る前に直前の好フィールディングでアウトになった桝崎から声を掛けられる。「グローブの中で右手をクルクル廻したらスライダーが来る」

この助言を聞き打席に入ると初球に右手がクルクル。狙いをスライダー一本に絞り、見事にこれを打ち返した!打球が右中間へ弾むと3走畠中に続き2走佐々木がホームイン!選手全員がベンチを飛び出し殊勲打を打った馬場に駆け寄ると、手洗い祝福とポカリスエットを浴びせ、阪神タイガースがホームランを打った後に行うスタンドへ向けての指さしパフォーマンスが打ち合わせもなく自然と生まれた時は正にチームが一つになった瞬間であった最高!感動!これだから野球はやめられない!

2013-0405-5[1]

僅かな時間で相手投手の癖を見抜いた桝崎と、狙い球を完璧に打ち返した馬場の共同作業がもたらした劇的な幕切れであったが、3点取られた後踏ん張った上岡と、最終回先頭の高橋から畠中、佐々木、桝崎、馬場がそれぞれ出来る仕事をし、最後まで誰一人諦めなかった選手全員で奪った価値ある勝利

ほぼベストメンバーで挑んだ試合、慢心があり相手をリスペクトせずに戦えば、足下をすくわれる。プレイボールから試合終了までの間、相手を尊重しつつ、自分たちの力の全てを発揮することが勝利に必要なことは言うまでもない。この経験を活かし、3回戦以降に挑もう!

Let's go for it!!Yamakasa Club
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。