スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルハンドリームカップ2回戦、劇的サヨナラ勝利!

5月26日17時~桧原球場 第7回マルハンドリームカップ2回戦、対ファイターズ

<戦評>

ベスト16を懸け行われましたマルハンドリームカップ2回戦、対ファイターズとの試合は最終回に劇的な幕切れが待っていました

試合序盤は山笠先発の左腕上岡と、かつてのロッテ村田兆治を彷彿とさせる変則投法のファイターズ右腕投手の投げ合いにより息詰まる投手戦の展開。試合が動いたのは4回裏、1死から4番佐々木がセンターオーバーの3塁打で出塁すると、この場面で相手バッテリーエラーワイルドピッチで待望の1点を先制!

しかし、直後の5回表に形勢逆転。ここまで四球1、無安打と完璧に相手打線を封じていた上岡でしたが、1死から6番打者にレフトの前にポトリと落ちるアンラッキーなヒットを許すと、続く7番打者にストレートを叩かれ三遊間を抜けるレフト前ヒットを許し1死1.2塁、ここで相手ベンチが動き代打を選択。この勝負どころで代打を追い込みながらも四球で歩かせてしまい1死満塁とピンチ拡大。

この緊迫した場面で迎えるのは9番の相手投手。内野はバックホーム体制を整え前進守備を敷く。そしてカウント1ストライク1ボールからの3球目に塁上全ての走者が一斉にスタートすると、上岡が投じた渾身のストレートに食らいつき打球はサード桝崎の前へと転がった、1点は諦め桝崎は素早くファーストへ送球し1死を奪うも、なんと2走のランナーがこの送球間にホームを狙うツーランエンドランを仕掛けてきた。

これを阻止するべく桝崎からの送球を受けたファースト高橋が素早くホーム上の高波へ送球しタイミングはアウトでしたが、ここで捕球を焦った高波が痛恨の落球で1対2とまさかの逆転。流れは一気に相手に傾き続く1番にレフトフェンス直撃のタイムリーを浴び更に1点を失い1対3。

時計の針は18時25分を指し、2点ビハインドのまま追い詰められ迎えた最終回にドラマは待っていました。

この回先頭の2番高橋がこの試合2本目となるライト線ギリギリに入る2塁打で出塁し反撃の狼煙を上げると、続く3番畠中が死球を受け無死1.2塁とチャンス拡大、ここで前の打席3塁打を放っている4番佐々木が見事レフト前ヒットで繋ぎ無死満塁のビッグチャンス到来

遂に相手先発投手をマウンドから引きずり降ろすと、ここで打席に入ったのは主砲桝崎。ベンチの期待を一身に背負い振り抜いた痛烈な打球はピッチャーを強襲しサードの前へ、その打球をサードがファーストへ送球する間に3走高橋がホームインし1点差。この間にランナーはそれぞれ進塁し1死2.3塁の場面で打席に入るのは、今期リーグ戦全試合で4番を努めてきた馬場

一打逆転となる押せ押せムードのなか、打席に向かう直前に桝崎からの助言を受け“狙っていた”という初球のスライダーを捉えた打球はセンター方向へ一直線!3走畠中に続き、2走佐々木も一気に生還し、土壇場、起死回生の2点サヨナラタイムリーヒットとなり劇的な勝利を掴みとりました

総括は明日改めて記載します。最後になりましたがファイターズさん、最高の試合を有り難うございました!5回表の場面でのツーランエンドランのサインプレー勉強になりました!ウチはカラーが違うので同じ事は出来ませんが、そういったサインプレーを仕掛けてくる相手がいるという意味で大変貴重な経験でした。またいつか対戦出来ることを願っています

スコア:4対3
バッテリー:上岡-高波
勝ち:上岡
3塁打:佐々木
2塁打:高橋×2、馬場
安打:桝崎、佐々木
打点:桝崎、馬場×2
四死球:桝崎、畠中
MVP:馬場
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。