スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マルハン1回戦を振り返って!

いや~しかし正直なとこ良く勝ったよ(´ー`A;) アセアセ
結果だけみれば7対2だったけど、試合前は不安でしょうがなかったね。だってよ、ピッチャーいないんだぜ。おまけに俺がスタメンで出ないと人が足りないほどギリギリのメンバー

副キャプテン、ショート高村が韓国出張から福岡に帰ってくるのが当日の10時の予定だったから、それからバタバタ球場に来てもらって到着次第俺と交代の予定だったけど、結局間に合わずにフル出場だったし。
※1安打打ちました ヤタ━━━━━━ヽ(゚`∀´゚)ノウヒョ ━━━━━━!!!

俺が守ってること自体も不安だけど、それ以上に問題なのは、投手交代とかの判断が守備位置からじゃ出来ないこと。やはり、ベンチから戦況を見つめ戦略を整えることが仕事のわけで、結果的に馬場が踏ん張ったから良かったものの、崩れてたら交代のタイミングを失い勝敗は分からなかっただろうな。ぁゎゎ・゚・(;´゚д゚)ゞ・゚・ぁゎゎ・・

しかし、そんな俺の不安をよそに選手は実に頼もしい。言葉には出さないものの、馬場を援護してやろうという気持ちがあったし、なによりトーナメントでスイッチが入るっていうか、モチベーションも集中力も全然違う。シーズンが始まって約2ヶ月が経ち、きっちりこの時期に仕上げてくるのは手前味噌だが流石としかいいようがない。

2回表の黒田、畠中、佐々木のタイムリー!タイムリー!タイムリー!の3連打なんてちょっと震えたぜ。この人たちスゲ~って。

ただ、打線は水ものだからね。上にいくにはやはり投手力がものをいう。『山笠クラブって打撃のチームですよね』と言われることが多く、ベストメンバーが揃えば1番~9番までズラリとスタンドに放り込める力を持った選手が並ぶ。が、しかし、毎回同じメンバーで試合に挑むことは皆無で、実際はどちらかというと投手力で勝ってきたチームだ。

というか、どこもそうではないか。投手力がないと一発勝負のトーナメントで勝ち上がるのは難しい。なぜなら、殆どの場合が初めて対戦する投手なわけで、好投手から連打は望めず、少ないチャンスをものにした方が勝利する。
以上の理由からも、何度もいうが、良く1回戦勝ったよ。馬場頑張った(人´∀`).☆.。.:*・゚

2回戦からは自信を持って望めるな!3本柱の誰かが参戦してくれるだろうから!対戦相手のファイターズとは2年前の第6回マルハンドーリムカップで対戦がある。その時は塚本の一人舞台!快投&ホームランで4対0だったかな。社領南球場のレフトに貼られている高~い防護ネットの上を越えていくホームラン打ちこんだのには驚いたぜ。どこまでもカッコイイ奴だ。

その時のファイターズは若い投手が先発で真っ直ぐが早い印象。守備が固いいいチームだったな。油断せず、慢心せず、山笠カラー全面に押し出して戦おう
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。