スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

俺たちの街にはアビスパがある!

YAMAKSA Club&Avispa FUKUOKA is my lifeの私は、土曜日のアビスパ福岡の敗戦で週末はテンションガタ落ちでしたどの位アビスパが好きかと言うと、昨年のホームゲームに4分の3はレベルファイブスタジアム(通称:レベスタ)へ足を運びましたし、アウェーはテレビの前に釘付け、出先の時は試合状況が気になり携帯で速報ばかり見ています。

何故そんなに!?
元々、東福岡高校の同級生“井上孝浩”が、当時は珍しく大学生Jリーガーになったことでアビスパ福岡の応援を始めたのがきっかけ。

当時のヒガシは史上初の高校三冠(インターハイ、全日本ユース選手権、高校選手権)を達成するとともに、選手権(冬の国立)2連覇ユニフォームの色から「赤い彗星」と証され、誰もが認める日本一サッカーが強い高校となり、同期から宮原裕司(名古屋グランパス)、富永康博(名古屋グランパス)、金古聖司(鹿島アントラーズ)、千代反田充(アビスパ福岡)等々多数のJリーガーが誕生しました

彼(井上くん)はサッカー部ではなく、アビスパユースからトップチームに昇格したアビ生え抜き選手のため、この輝かしいヒガシ伝説には登場していないのですが、実家が東区なので雁ノ巣のクラブハウスまで自転車で通うという“ラフ”さが話題となり、「チャリンコJリーガー!」とか言われ期待されていました。しかし、怪我(疲労骨折だったかな)に泣かされ現役を3年で引退。その後、アビスパ福岡U-12監督などを経て現在はU-18コーチ!未来の日本代表を育てています

さて、土曜日の湘南戦。2連勝で迎えたチーム同士、立ち上がりから拮抗したゲームとなったが、ホームの湘南が徐々に得意の速攻をフィニッシュまで結び付けペースをつかむ。前半の終了間際にアビDF堤がハンドで累積退場にてPKを献上すると、これを遠藤が落ち着いて沈めて先制を許す。さらに、後半18分には岩上のミドルで加点しリードを広げられた。
しかし、そこから10人のビハインドながら元日本代表坂田大輔が1点を返すも、アディショナルタイムに3点目を奪われ、1対3でジ・エンド。連勝を逃した。次節は明日20日。ホームでジェフ千葉戦!勝て勝てアビスパ!ホームやぞ!

ちなみに明日は会社のみんなと長崎まで釣りに行くのでレベスタ行けない13時からは竿よりケータイだな。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。