スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プライドジャパン甲子園大会!福岡県大会優勝!

6月11日17時~雁ノ巣球場、プライドジャパン甲子園大会福岡県大会決勝、対Red Star

<戦評>

準決勝を勝利し、続けてダブルヘッタ-にて行われた決勝戦。準決勝は仕事で間に合わなかったものの、決勝に駆けつけた故障明けの主軸佐々木を即4番に抜擢し、これまで4番を務めた馬場を3番に配置代えし迎えた初回、1死から2番羽山がサードエラーで出塁すると、采配ズバリ!

3番馬場がレフトオーバーのタイムリースリーベースで鮮やかに先制!なおも相手バッテリーエラーで馬場が生還し初回2点を先制。

一方先発は準決勝に引き続き轟木を連投でマウンドへ送ると、1回の裏を3者凡退で退け難なく立ち上がるも、2回裏に四球で許したランナーを5番に左中間へのタイムリー2塁打を浴び1点差。

3回表はこの回先頭の2番羽山がセンター前ヒットで出塁し、進塁打等で1死3塁とチャンスを迎えるも無得点。

1点差のまま追加点が欲しい4回表に相手投手が2番手に交代。この回先頭の6番高波が四球を選び出塁すると、1死から8番永易が死球で出塁しチャンスを広げるも、続く9番轟木がサードゴロ→セカンドホースアウトとなり2死1.3塁。しかし、続く1番三浦の打席で再びバッテリーエラーにより3走高波が生還しラッキーな形で追加点

更に打席の三浦は四球を選び2死1.2塁となった場面で、2番羽山が2打席連続安打となるライトフェンス直撃の2点タイムリーツーベースを放ち5対1。

これで試合は決まったかに思われましたが、4回裏にこの回先頭の4番にセンター前ヒットを打たれ出塁を許すと、続く5番に四球を与え無死1.2塁。続く6番をショートゴロ→セカンドホースアウトで1死1.3塁となった場面で、7番のサードゴロの間に3走が返り5対2。

点を取り合い迎えた最終回、この回先頭の4番佐々木が痛烈な打球を放つもショート正面を突き1アウト。しかし、続く5番高橋がサードへの内野安打にファーストの送球エラーが重なり3塁へ進塁すると、6番高波が四球で繋ぎ1死1.3塁とした場面で、7番若林が試合を決定付けるライト前タイムリーヒットを放ち6対2。なおも続くチャンスで8番永易が2者連続となるライト前タイムリーヒットを放ちだめ押しとなる7得点目。

最後は、準決勝から合計10イニングを轟木が一人で投げ抜き完投勝利!

激戦区福岡県予選を見事優勝し、全国で1番最初に県代表の座を掴み取りました

<総括>

一発勝負のトーナメントを勝ち抜き、福岡県代表へと上り詰めた。長打を打てる打者は少ないものの、新加入の選手が上手く噛み合い、上位から下位まで切れ目のない打線を効果的に組めた。特に新加入の羽山は「走攻守」三拍子が揃った選手で、全ての試合で結果を残し、羽山が出塁し、すかさず盗塁。そしてクリーンアップがタイムリーという図式を確立できたことが大きかった。

決勝を振り返ろう。準決勝を勝利し決勝戦の先発は、前の試合で5回を完投した轟木を続投させるか三浦に託すか悩んだが、三浦を先発させ、再び轟木をマウンドに上げるとなるとイニングの間隔が空いてしまい肩をもう1度作るのは困難なので、轟木-高波のバッテリーに確認のうえ、続けて轟木の先発を決断。肩の痛みが心配ではあったが、初回に馬場のタイムリーなどで2点を先制したことで、気負うことなく決勝へと臨んでいけた。

後は行けるところまでいって、三浦への継投を考えていたが、前日うなぎを食べた甲斐あってか抜群のスタミナで2試合連続完投!(ローソンのうなぎオススメ!)

今大会を通じて楽な試合は1つもなかったが、激戦区福岡を勝ち上がったことで「山笠クラブ」の実力を示すことができた

メンバーは代わってもチームのブランドは代わらない。歴代受け継がれる“山笠クラブらしさ”とは、「伸び伸び、好きなように。とにかく楽しむ。」監督がやることなんて、期待して送り出した選手を信じるだけ

さあ、福岡県代表の名に恥じぬよう九州大会に挑もう!

スコア:7対2
バッテリー:轟木-高波
勝ち:轟木
3塁打:馬場
2塁打:羽山、
安打:羽山、高橋、若林、永易、轟木
打点:馬場、羽山×2、若林、永易
四死球:三浦、高橋、高波×2、永易
※三振:佐々木、永易
MVP :馬場
スポンサーサイト

プライドジャパン甲子園大会準決勝!遂にメトコス撃破!

6月11日15時~雁ノ巣球場、プライドジャパン甲子園大会福岡県大会準決勝、対メトコス

<戦評>

福岡県大会ベスト4まで勝ち上がり迎えたこの日のスケジュールは、準決勝に勝てば続けて決勝が行われるダブルヘッタ-方式

逆パートはRed Starが福岡オールスターズを4対3で退け決勝へ進出し、残る1枠を懸けて行われたメトコス戦の先発は、今大会全ての試合で先発登板となる轟木。1回の表、先頭バッターが放った痛烈なショートゴロを三浦がエラー(股間直撃( ノД`))し出塁を許すと、続く2番のピッチャーゴロもエラーとなり初回ノーヒットで1点を献上。

追いかける打線は1回裏、1死から2番羽山が四球で出塁すると、すかさず盗塁を成功させチャンス拡大。3番髙橋はサードゴロに倒れるも、4番馬場が左中間を破るタイムリー2塁打を放ちすぐさま同点!

2回からは轟木が圧巻の投球を披露し、4回までをノーヒットに抑え得点を与えないものの、援護したい打線も毎回ヒットを放ちチャンスを作るも、後1本が出ず無得点。

このまま同点であれば、1死満塁からのスタートとなる延長サドンデスに突入することが主審から告げられた5回表、この回先頭の1番のサードゴロを馬場が送球できずに出塁を許すと、続く2番にこの試合初被安打となるレフト前ヒットを許し無死1.2塁。更に続くバッターにレフト前へ運ばれ2走のランナーは3塁を廻って一気にホームへ。

試合を分けるレフト前ヒットを捕球した若林は素早くショート三浦へ中継すると、三浦はショート後方からホームへ矢のような送球を送りボールはキャッチャー高波のミットへ。クロスプレーの際どいタイミングも、若林→三浦→高波捕殺の寸分の狂いもない中継プレーが完成しタッチアウト!なおも1死1.2塁とピンチは続きましたが、轟木が1段ギアを上げ後続を打ち取りこの日最大のピンチ脱出

流れを引き寄せた打線は最終回、この回先頭の9番松原がインターフェアー(打撃妨害)で出塁すると、続く1番三浦のライト前へポトリと落ちるヒットで1走松原が果敢に3塁を狙うもタッチアウト。

しかし、送球間に三浦が2塁へと進塁し、1打サヨナラの場面で2番羽山が打席に入りサードゴロとなるも快足が上回りセーフかと思われましたが、微妙な判定はアウトで2死3塁。なおも続くサヨナラのチャンスで3番高橋に打席が廻りこの試合最高の緊張感に球場全体が包まれる中、高橋が打った打球は若干詰まり気味のサードゴロ。

しかし、ボテボテ具合が功を奏し、またも微妙なタイミングとなることを焦ったサードからの送球がショートバウンドとなり、これをファーストが捕球できずに3走三浦がホームを駆け抜けサヨナラ勝ち!最終回の見事な攻防を制し、決勝戦へと駒を進めました。

<総括>

シビれた!最終回のレフト若林→ショート三浦→キャッチャー高波の中継プレーは、過去3本の指に入る中継だったな。どこかで少しでも乱れていれば完成していない捕殺。あそこで1点を失っていればサヨナラは無かったろうな

野球は“流れ”がある、と良く言うが。まさに最終回最後の攻撃は流れがきた。滅多にお目にかかれないインターフェアは私の打席だったのだが、どうしても塁に出たい気持ちが生んだ打撃妨害でした。

普通に打てばまあ打てないわけで(やかましいわ!)どうにか出塁したかったのですが、ずっと気になっていたのが、相手キャッチャーが捕球する瞬間ミットを前に出すクセがあってかなり前目で捕球していたので、いつもは打席の真ん中やや後ろで構えるのですが、この時は打席の最後方にスタンスをとり、バットがミットに当たればラッキーと思っていたら見事に3.2.1“ピシャ!”

くい気味に「インターフェア」と主審に確認し、認められ1塁へ。やったね(^^)/せこい?いやルールだから!打席の中だから!この後、三浦のライト前ヒットで3塁へヘッドスライディングするもタッチアウト。好走と暴走は紙一重も、プレー間に三浦が2塁へ進塁してくれて助かった。

そして2死3塁となり高橋!イメージでは三遊間をきれいに破るレフト前タイムリーでベンチから飛び出し祝福するつもりしたが、予想に反しボテボテ全速力!しかし、その全速力が相手の送球ミスを呼び込みサヨナラ!全てはこちらに傾いた“流れ”。

そして、この流れを掴んだもう一つのプレーが初回にあったこと忘れてはいけない。4番馬場のタイムリー。ここまで不振にあえいでいたが、一振りで不振を脱却。この4番の一打が傾きかけた流れをあっさりと引き戻した。そしてこの後行われた決勝でも目覚めた4番馬場のバットが火を噴くことになる!

スコア:2対1
バッテリー:轟木-高波
勝ち:轟木
2塁打:馬場
安打:轟木、羽山、高波、永易、三浦
打点:馬場
四球:羽山
盗塁:羽山
※三振:高波、若林、永易、三浦
MVP :轟木
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。