スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

プライドジャパン甲子園大会2回戦!打ち合い制す!

6月4日11時~名島球場、プライドジャパン甲子園大会福岡県大会2回戦、対HEAT

<戦評>

1回戦に続き、この試合も先発マウンドに上がったのは轟木。強豪HEATが相手ということで、ロースコアの展開が予想されるなか、先に点は与えたくありませんでしたが1回裏、先頭バッターに四球を与えると盗塁を決められ無死二塁。2番、3番を打ち取り2死三塁までこぎ着けるも、4番のサードゴロが気迫のヘッドスライディングで微妙な判定もタイムリー内野安打となり初回1点を献上。

追いつきたい打線は2回表、この回先頭の5番高波がレフト前ヒットで出塁すると、続く新加入6番野崎がレフトオーバーのタイムリー2塁打を放ち高波が一気に生還し同点。続く7番若林がレフト前へ“ポテン”ヒットで繋ぐもセカンドベース上の野崎は進塁できずに無死1.2塁。

繋がる打線は続く8番永易がセンター前ヒットを放ち無死満塁とチャンスを広げましたが、9番轟木が最悪の6→2→3のダブルプレーで2死2.3塁となりチャンスが潰えたかと思われましたが、打撃を買って1番起用の三浦がレフトオーバー2点タイムリーツーベースを放ち3対1と逆転!

しかし2回裏、この回先頭の7番にあわやホームランかと思われたフェンス直撃の2塁打で出塁を許すと、2死となるも1番にレフト前タイムリーを許し3対2。

ロースコアの予想が一転、激しく試合が動く中、3回表の山笠の攻撃は、2死から5番高波が四球で出塁すると、6番野崎が2打席連続となるセンターオーバーのタイムリーヒットを放ち4対2とリードを広げるも、3回裏に1死1.2塁からダブルプレー崩れの間に1点を失い4対3となりまたも1点差。

4回、5回は両チームともに点が入らず迎えた最終回、高波、若林が四球で出塁し、8番永易のこの試合マルチヒットとなるライトへのヒットでチャンスを広げると、相手バッテリーミス(ワイルドピッチ)で待望の1点を追加し5対3で試合終了。2試合連続の逆転勝利で3回戦へと駒を進めました

<総括>

今大会に限らず、各主要な大会において必ず上位に名を連ねるHEAT。戦前の優勝予想オッズがあるとするならば間違いなく本命1番人気だろう。しかし勝ったのは山笠。

勝敗を分けたのは1点を先制された後すぐに逆転に成功した2回表の攻撃。先頭の5番高波がヒットで出塁し、6番野崎がレフトオーバーのタイムリー。これで勢いに乗り、7番若林、8番永易の連打で無死満塁と大量得点のチャンスを迎えるも、9番轟木がダブルプレーに倒れ流れを失ったかに思われましたが、1番三浦が値千金のレフトへの2点タイムリーでこの回3得点!

あの場面で追加点を奪えなければ、試合展開は違ったものになっていたかもしれない。

この試合、2本の2塁打がいずれもタイムリーとなった6番野崎は羽山、轟木と同じく新加入の選手だが、サードの守備、バッティングともに期待通りの活躍を早くもみせている。まだ数打席しか見てないが、打球の上がり方がいい。本来、打球を“上げるな”がセオリーだが、大きな飛球を打てる選手にはこのセオリーが当てはまらない。野崎は決してホームランバッターではないと思うが、外野の頭上、間をライナーで超えていく魅力ある打球を打てる“上げる”バッターだ。今後の活躍に更に注目!

先発の轟木は、ボール自体は悪くないものの、6回中5回先頭打者を塁に出す不安定な内容であったが、尻上がりに調子を上げ、3回以降は被安打1本に抑える修正能力の高さを示した

ランナーを許すとギアを上げ打者を抑えるのは重々分かるが、毎回先頭を許してしまうと自分で自分の首を絞めてしまうことになるので、あえて苦言を呈すとすれば、回の先頭打者に対する準備・意識を少し変える必要があるのかもしれない。とはいえ、強打のHEAT相手に被安打5、3失点完投は上々だ。

注目の対決を制し準決勝進出!次なるカードはこれまた難敵(株)メトコス戦!ドラマは最終回に待っていた!Coming Soon!
コネ━━━━(゚д゚;)━━━━!!

スコア:5対3
バッテリー:轟木-高波
勝ち:轟木
2塁打:三浦、野崎×2
安打:羽山、高波、若林、永易×2
打点:野崎×2、三浦×2
四球:高波×2、若林
盗塁:羽山
※三振:三浦、羽山、馬場、野崎、永易、轟木
MVP :野崎
スポンサーサイト

プライドジャパン甲子園大会1回戦!新加入選手躍動!

5月21日15時~山王球場、プライドジャパン甲子園大会福岡県大会1回戦、対ベーブルース

<戦評>

山笠クラブの先発は、鵬翔高校2年の夏、現ホークス武田率いる宮崎日大高校と宮崎県大会ベスト16で対戦し、1対0の完封勝利で武田の夏を終わらせた福岡大学所属の轟木。

大学野球を昨秋引退し、数年振りの軟式球にも関わらず伸びのあるストレートと縦に変化するスライダーを織り交ぜ危なげない立ち上がりを見せるも、3回裏に1死2塁から4番にレフトオーバーのタイムリーを許し1点を献上。

追いかける打線は4回、ここまで安定した投球を見せていた相手投手が突如乱れ、この回先頭の3番野崎、4番馬場、5番高橋が四球を選び無死満塁。続く6番高波が三振、7轟木がサードゴロで二死となるも、8番永易が粘って押し出しとなる四球を選び1対1と試合は振り出しに。

続く一打逆転の場面で9番松原が代わった2番手投手からレフト後方への大きな飛球を放つもフェンス手前でキャッチされ3者残塁。

同点で迎えた最終回表、1死から2番羽山がこの試合マルチヒットとなる左中間への2塁打で出塁すると、2死となるも4番馬場が四球を選び、続く5番高橋がショートへの内野安打で繋ぎ2死満塁。この一打勝ち越しの場面で打席に入った6番高波が価千金のライト前2点タイムリーヒットを放ち土壇場で逆転に成功!

最終回は三浦がマウンドに上がり見事セーブ!3対1の逆転勝ちで1回戦を突破しました!

<総括>

今年からリーグを脱退した為、2017年の初戦となったこの試合、3人の新加入をスタメンに抜擢し新生山笠クラブの初陣となった。

新たな戦力の中で輝きを放ったのは2番に抜擢した“快足”羽山

先ずは初回1死から四球で出塁すると、その快足をとばし悠々盗塁に成功。2打席目は見事なセイフティーバントを成功させ内野安打で出塁。3打席目は逆転への呼び水となる左中間への2塁打を放ち、大技・小技で全ての打席で出塁。その足を活かし守備範囲も広く、センターへの飛球はことごとく彼のグラブへ吸い込まれていった。

そして、先発の轟木。福岡大学公式野球部でもベンチ入り(一軍)していた実力は本物。引退からボールすら握っておらず、ましてや軟式球となるとブランクがありすぎて思い出せない程と言っていたが、試合前のキャッチボール、投球練習を見てこれは“イケる”な確信した。

本来であればエース三浦を先発させたいところだが、肩に不安(痛み)があるとのことで先発登板を回避し、轟木が崩れた時にはやむなく投げてもらうつもりだったが、そんな心配をよそに、4回を投げ1失点と見事起用に応えた

試合のMVPは、最終回に2死満塁から勝ち越しとなる2点タイムリーを放った高波だが、4回無死満塁から2死となるも、粘って押し出しとなる同点四球を選んだ8番永易にも賛辞を送りたい。あの同点で相手投手が交代し最終回の逆転へとつながったのは言うまでもない。

この“薄氷勝利”の1回戦突破チームが、この後一気に福岡県を制覇するなど、この時誰が想像できたであろうか
( ゚Д゚)キャァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!( ゚Д゚)ぅそぉァァァァァァァァァァァァァァァァ!!!!!

スコア:3対1
バッテリー:轟木→三浦-高波
勝ち:轟木
セーブ:三浦
2塁打:羽山
安打:羽山、高橋、高波
打点:永易、高波×2
盗塁:羽山
MVP :高波

感謝!HOTリーグ!新生山笠クラブの現在地

大変ご無沙汰しております。

好評を頂いておりました本ブログですが、昨年の夏以降多忙を極め、久々の更新となりました。この間、山笠クラブも大きな節目を迎えたことをご報告致します。

平成20年に福岡フレッシュリーグを退会し、翌平成21年よりHOTリーグに加盟し8年間活動を続けてまいりましたが、主要メンバーの脱退等により近年は思うようなチーム構成での運営ができなくなりつつありました。

それでも学生メンバーの力を借りながら戦力を維持しリーグ戦に臨んで参りましたが、このブログでも度々登場してきた主力の学生達もそれぞれ就職に伴いやむなく脱退せざるを得ず、初期メンバーでの協議の結果、次年度以降のリーグ戦参加は困難であるとの結論に至りましたので、残念ながら平成28年度をもちましてHOTリーグを退会させて頂きました。

なお、最終年となった平成28年度は悲願であったリーグ戦優勝(Super Platonicsとの同時優勝)の名誉を掴み取りました。まさしく「有終の美」。

この快挙を牽引したのはリーグ最多勝利投手(7勝)の三浦はもちろんのこと、なんと、首位打者(.514)と打点王(13打点)の二冠に輝いた藤岡の活躍なくしては語れない。

特に規定打席に到達したなかでの打率5割超は山笠クラブ歴代をみても最高の成績。その藤岡は地元広島で就職したためチームを離れたが、いつまでも記憶と記録に残るプレーヤーだな。またいつの日か一緒に!

一方、2年連続の投手部門タイトルホルダーとなったエース三浦も晴れてこの4月から社会人となったのだが、なんとなんと就職先は私とキャプテン馬場と同じく福岡市医師会!競争を突破しようこそ我が社へ!会社にも野球部があるため三浦とは“公私”ともに仲間となった!

これがターニングポイントとなり、リーグ戦はやめたものの、残ったメンバーと三浦の福岡大学野球部へのつながりがあればまだ高いレベルでやれると判断し、ぶつけ本番で「プライドジャパン甲子園大会」へエントリー。

結果はご覧のとおりなんと激戦区福岡県予選を勝ち抜き見事優勝!全国トップで県代表の切符を掴み取りました!

次は九州大会へ福岡県代表として出場し、九州代表となれば静岡県で行われる西日本大会へ。そこでベスト4になれば聖地「甲子園」。

練習なし、リーグ戦なし、全てぶつけ本番。経験とポテンシャルだけで新生山笠クラブが新たな歴史を創る。
t_fukuoka[1]
s_fukuoka[1]

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。