スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

HOTリーグ第8戦!パート首位対決を落とす。

7月10日11時~田尻球場、HOTリーグ第8戦、対Super Platonics

<戦評>

先攻の山笠は初回、2死から3番若林がライト前ヒット出塁し、2つのパスボールと4番佐々木の四球で2死2.3塁とチャンスを作るも、5番藤江がショートゴロに倒れ無得点。

一方先発の三浦は、先頭バッターを自らのエラーで出塁を許すと、続く2番にセンターオーバーのタイムリースリーベースを許し先制を許すと、この後3四死球などが絡み更に1点を失い初回2失点。調子の上がらない三浦は2回にも先頭バッターから3者連続四球を与え、3番に2点タイムリーを浴び2失点。

追いつきたい打線は3回表、1死から2番谷山が左中間フェンス直撃の2塁打で出塁すると、2死となるも5番藤江のレフトへのタイムリー2塁打で1点を返し反撃の狼煙を上げると、4回表には、この回先頭の7番三浦がライトへの2塁打で出塁し、続く8番永易のレフト前ヒットで無死1.3塁とチャンスを作ると、1番藤岡、2番谷山の連続タイムリーなどで2点を返すも反撃はここまで。

3回途中からマウンドに上がった2番手藤江も4回にソロホームランを浴びるなど、3対6で敗れました。

<総括>

先発三浦の不調が全て。2回と3分の1を投げて7四死球では試合を作ることはできない。確かに田尻球場のマウンドは高低差も少なく投げにくいのは理解できる。だが条件は相手投手も同じだし、初めての球場ではないのでいい訳にはできない。

三浦の調子のバロメーターはコントロール。普通に投げていればそうそう連打は打たれないが、悪い時は四球、四球で自分の首を絞めてしまう。昨年までの三浦→小田の先行逃げ切りの方程式が今期はないだけに、長いイニングを投げることを考えすぎてバランスを崩しているのであれば問題だ。起用する側にも責任がある。

三浦の次を任せられる投手が必要なのは言うまでもないが、ここにきてこの日2番手で投げた藤江は大きな魅力を感じる投球を披露した。野手ながら、手元で伸びるストレートを気持ちの良いほどテンポ良く投げ込む。追い込んだ後の決め球さえ定まれば、短いイニングなら完全に計算できる投手

打線はこの日、藤岡、谷山、若林、藤江、大倉、三浦、永易と福大全員がヒットを打つなど若手が絶好調!リーグ戦後半へ向け、三浦の安定とヤング山笠の活躍が不可欠!2年連続のパート首位通過へ向け、もう1度エンジンをかけ直そう!

スコア:3対6
バッテリー:三浦→藤江―大倉
負け:三浦
二塁打:谷山、藤江、三浦
安打:藤岡、谷山、若林、大倉、永易
打点:藤江、谷山、大倉
四球:佐々木、藤江、三浦
※三振:藤岡、佐々木、永易
スポンサーサイト
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。