スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

リーグ第3戦、4戦ダブルヘッター!対九州古賀×2連戦!

3月6日田尻球場
13時~HOTリーグ第3戦、対九州古賀
15時~HOTリーグ第4戦、対九州古賀

<第3戦戦評>

13時~行われた第3戦対九州古賀との試合、先発マウンドに上がった三浦は、初回先頭打者を三振にきってとると、以降5回を投げ与四球2を許したものの、被安打0と開幕戦に続き無失点の快投を披露しました。

一方打線は1回裏、1番井浦、2番豊福が連続四球を選び出塁すると、好調3番藤岡がセンターへのタイムリー2塁打で鮮やかに先制。続く4番佐々木もショートへのタイムリー内野安打を放ち追加点を奪うと、1死後6番小田が逆方向へのレフト前タイムリーを放ち初回一挙3得点

2~4回は無安打に抑えられたものの、3巡目となった5回に打線が爆発!1死から2番豊福がセカンドエラーで出塁すると、3番藤岡がこの試合2本目となるレフトへのタイムリー2塁打、4番佐々木も複数安打となるレフトへのタイムリー。更には5番馬場がライトフェンス直撃の2塁打で2.3塁となった場面で、最後は7番三浦がレフトへの2点タイムリー3塁打を放ちコールドゲーム。5回参考記録ながら三浦がノーヒットノーランを達成しました!

スコア:7対0
バッテリー:三浦―藤岡
勝ち:三浦
3塁打:三浦
2塁打:藤岡×2、馬場
安打:佐々木×2、小田
打点:藤岡×2、佐々木×2、小田、三浦×2
四球:井浦、豊福、藤岡、馬場
※三振:三浦
MVP: 三浦(ノーヒットノーラン)

<第4戦戦評>

続けて15時~行われましたリーグ第4戦も相手は同じく九州古賀。

2試合目の先発は左腕小田。初回2者連続三振で立ち上がると、3回を投げ打者9人をパーフェクトに抑え、毎回となる6奪三振で4回から井浦へと継投。後を受けた井浦は4回、5回と2イニングを投げ無失点!なんと1試合目:三浦→2試合目:小田→井浦と登板した投手が1本の安打も許さず、2試合連続参考記録ながらノーヒットノーラン試合を達成しました!

打っては1試合目の勢いそのままに2回表、この回先頭の6番馬場がレフトへの2塁打で出塁すると、1死後、7番三浦が四球を選び1.2塁となった場面で、8番小田がセンターオーバーの3ランランニングホームランで3点を先制!

3回にはエラーと死球で出たランナーを5番馬場がレフトへの2点タイムリーで追加点。5回には三浦の犠牲フライで馬場が生還し6点目を奪うと、最後はセンター前ヒットで出塁した浅尾が盗塁を成功させた場面で、3番井浦がライトへのタイムリーで7点目。投打がガッチリと噛み合い2試合連続コールド勝ちとなりました

スコア:7対0
バッテリー:小田→井浦―藤岡
勝ち:井浦
本塁打:小田
2塁打:馬場
安打:浅尾、井浦、馬場
打点:小田×3、馬場×2、三浦、井浦
盗塁:浅尾、井浦
四死球:浅尾、藤岡、佐々木、三浦、松原
※三振:浅尾、小田
MVP :小田(ランニング3ラン)

<総括>

同パートのチームとは年間2回対戦するルールだが、1日のうちにダブルヘッターで2試合終わってしまうのは珍しい。もともとは15時~のワンマッチの予定だったが、13時~試合を予定していたチームが試合出来なくなってしまったことに伴い、山笠にダブルヘッターのオファーがあったものだ。

しかし、近年希に見るスピードでの仕上がり具合!投打ともに昨年の好調時を維持している感じだ。特に投手陣。ここまで4試合を消化し失点0!チーム防御率なんと驚愕の0.00!ここまで登板している三浦、小田、井浦が全員好投。小田はこの試合でチームを去るが、井浦が台頭してきたことで、長いシーズンを戦う上で三浦に掛かる負担も大幅に軽減されることだろう

打線は昨年からの中心メンバーが早くもヒット量産体制に入っている。相手チーム投手が開幕から間もないことでまだ本調子でないことを差し引いたとしてても、間違いなく調子が良い!

今年はプライドジャパン甲子園大会福岡県予選が4月に開幕することに伴い、リーグ開幕後試合勘を取り戻すため次々と試合をこなしているが、調整不足の懸念はほとんどないといっていいだろう。早くも仕上がりつつある山笠クラブ。後はベテランと新加入選手のフィット待ち!
スポンサーサイト

リーグ第2戦、対One Big Family!リベンジ成功!

2月21日13時~西南杜の湖畔球場、HOTリーグ第2戦、対One Big Family

<戦評>

開幕戦をコールドゲームで勝利し、ダブルヘッター2試合目は、昨年のリーグ決勝大会準決勝、ソロホームラン1発で敗れ初優勝への夢を絶たれた好敵手、ワンビックファミリーとの1戦。

この試合先発はワンビック戦のリベンジを果たすべくマウンドへ上がった左腕小田。気合い十分の小田初回三者連続三振に斬ってとる最高の立ち上がりを見せると、1回裏、1番井浦がセンターへの2塁打で出塁すると、2番藤岡の進塁打でサードへ進み、2死となるもワイルドピッチで井浦が生還しまたしても初回に先制!

再び試合が動いたのは4回裏、この回先頭の3番畠中がライト前ヒットで出塁すると、続く4番佐々木が四球で繋ぎ、ワイルドピッチで無死2.3塁。5番高波は倒れるも、6番桝崎がライトへの犠牲フライを放ち大きな追加点を奪取!

投げては小田が7回を投げ二桁10奪三振で完封。2ヵ月前に敗れた同じ球場で、同じ相手、同じ先発投手同士の対戦を制し見事リベンジを果たし開幕2連勝を飾りました!

<総括>

開幕2連勝!スタートダッシュに成功!しかも昨年苦杯を舐めたOne Big Familyに完封勝利!

この勝利の立役者は大学卒業に伴い今月いっぱいで山笠クラブを卒業する左腕小田。既に山口合同ガス野球部での練習に参加していることもあり、かなり調整が上手くいっているようで、ストレート、変化球ともにキレキレであった。

打線は安打2本に抑え込まれるものの、少ないチャンスを確実にものにしリードを奪った。特に新1番井浦は2試合合計で長打2本を含む3安打と、1番としての役割を十分に発揮し、浅尾の抜けた穴を補って余りある活躍!

次に期待するは新戦力豊福だな。まずはチームに馴染み、早く1本出てほしい!期待しているぞ!

スコア:2対0
バッテリー:小田ー高波
勝ち:小田
2塁打:井浦
安打:畠中
打点:桝崎
四球:佐々木、三浦×2
※三振:藤岡、高波、桝崎
MVP :小田(リベンジ完封)

2016年ホットリーグ開幕!対オールドスラッガー戦!

2月21日11時~西南杜の湖畔球場、HOTリーグ第1戦、対オールドスラッガー

<戦評>

2016年の開幕は急遽ダブルヘッターに変更。先ずは11時~の第1試合、栄えある開幕投手はエースの三浦

立ち上がり、いきなり先頭打者にレフト前ヒットを許し、続く2番に四球を与えるなど初回1死満塁のピンチを招くも、後続5番6番を打ち取り無失点で切り抜けると、1回裏の攻撃、2死から3番畠中が四球を選び出塁すると、続く4番佐々木が外角の難しいボールを上手く捉え、開幕戦、初打席、チーム初ヒットがレフトフェンスを越える2ランホームランとなり鮮やかに先制!

2回以降は両先発投手が踏ん張り膠着状態が続く中、試合を再び動かしたのは山笠の攻撃。5回裏、1死から9番小田がセカンドエラーで出塁すると、1番井浦のライトへのヒットでチャンスを広げると、続く2番藤岡、3番畠中の連続2塁打などで2点を追加。

流れを完全に引き寄せ6回裏には5番高波がレフト前ヒット、6番桝崎が四球を選びチャンスを広げた場面で、今シーズンより新キャプテンに就任した7番馬場が右中間を深々と破る2点タイムリー3塁打を放ち点差を広げると、最後は1番井浦が7点目となるライトフェンス直撃のタイムリーを放ち6回コールドゲーム。

投げては先発三浦が四死球を与えるものの、2回以降1本のヒットも許さず投打がガッチリと噛み合い開幕戦を完封勝利で制しました!

<総括>

昨シーズンまで固定していた1番ショート浅尾の退部に伴い、新1番の座を掴んだのは、福岡六大学野球首位打者1回、ベストナイン3回の井浦。ショートのポジションには今季より新加入の福大準硬主将の豊福康太。井浦は長打を含む2安打1打点と結果を残し、豊福は安打こそ出なかったものの、守備機会では軽快な動きを披露した。

試合を決めたのは山笠の主砲4番佐々木!今シーズン初打席で本塁打を放つ離れ業をやってのけたが、確かに昨年も春先から絶好調であった。開幕にピタリと照準を合わせてくるのは流石。主軸としての責任感が人一倍大きい。

投げてはエース三浦が初回こそピンチを招いたものの要所を締め完封。四死球の多さは気になるところだが、初投げにしてはまずまずといったところ。三浦の実力からすれば及第点だが、4月のプライドジャパン福岡県予選には間に合わせてくるだろう。

投打がガッチリと噛み合い、見事開幕戦を勝利で飾りました。

スコア:7対0
バッテリー:三浦-高波
勝ち:三浦
本塁打:佐々木
3塁打:馬場
2塁打:井浦、藤岡×2、畠中
安打:井浦、高波
打点:佐々木×2、藤岡、馬場×2、井浦
盗塁:高波
四球:畠中、桝崎×2
※三振:佐々木、高波、馬場×2、豊福×2
MVP: 佐々木(先制2ラン)
最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
ブログカウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。